離れ小島

離れ小島
カードタイプ:領地
コスト:5

連結1

あなたは以下の効果から1つを選ぶ。
『コイン1』
『手札からカードを1枚選んで追放する。』


【条件起動能力:あなたがコモンカードの効果によりカードを追放した時】
「離れ小島」を手札から捨てる。そうした場合、【追放したカードのコスト+2以下のコストを持つ】カードをマーケットから1枚選び獲得してもよい。

illust:medilore

考察

普通に使うと圧縮効果を選べる農村
追放の対象に制限はないため、呪い見習い侍女農村のすべてを圧縮していける。
また、条件起動能力でカードの追放に反応して+2コスト以内のカードを獲得できる冒険者に似た効果も持つ。

ここまで書くといろいろできる器用なカードのように思えるが、実際にはとても使いづらい。
コストの高さゆえに序盤に購入できない点、祝福転売屋のような追放時のボーナスがつかない点、
いざコインが必要になった時にわずか1コインしか確保できない点、
領地であるがゆえにキープできず、ベルガモットでの回収やオウカでの追放に対応しない点、
条件起動能力を活かそうとしても離れ小島2枚でやっと冒険者に追いつく点などなど、
総合的に見ればコストの高さに見合っているとは言いがたい。
多くの場合、他に追放手段がない場合に圧縮をしたいプレイヤーが買っていく程度のものであろう。

しかし、同時に採用されるカードによっては、このカードの立場もいくらか良くなる。
例えば、種々の手札起動能力に反応して捨てれば大都市公爵を持ってこられるし、洗礼で吹き飛ばした公爵を補充すれば単純に4点を加点できる。
冒険者大都市公爵にした場合ならば、このカードを捨てるだけで公爵をおかわりすることもできる。
要は、「手段としての追放」に反応できるところが、このカードならではの強みと言えよう。
それらの場合であっても、キープ・回収ができないゆえに小回りが利かず、上手く動かない場合も多いのだが。

Q&A

Q:「離れ小島」の起動条件に「コモンカードの効果により~」と書かれていますが、プリンセスカードの起動能力や擁立時効果などでは使えないのでしょうか?
A:使えません。