リーフフェアリー

リーフフェアリー
カードタイプ:行動(魔法)
コスト:3

連結1
カードを1枚引く。
手札から「農村」を1枚選んで捨て札にしても良い。
そうした場合、捨て札からコスト4以下で《領地以外》のカードを1枚選んで手札に加える。

illust:medilore

考察

状況を選ばないキャントリップ効果が付いた代わりに別の回収制限が付いてきた伝書鳩
総じて言えば、伝書鳩よりやや使いにくい。
理由としては、効果の発動に農村が必要となるため効果を安定して使おうとするとデッキ内を効果の低い農村である程度埋めないとならないこと
回収できるカードにコスト制限がついたため、終盤に公爵皇帝の冠等を回収しての追い上げ・畳み掛けができなくなったこと
効果の発動に毎回農村が必要になるため、一度行動カードを使えばそのターン中はあとは何もいらない伝書鳩とは違い
結盟ギルドマスターと組み合わせての自カード回収ループによる継承点コンボが行いにくいといったこと、
キャントリップ効果が自動発動になったがゆえに場合によってはカードの回収中に山札が尽きデッキがリシャッフルされてしまう可能性があることなどが挙げられる。
とは言え、デッキ内の農村枚数がこのカードの確保枚数のおおよそ二倍以上あれば伝書鳩と比べてそこまで使用感が変わるわけでもないので
どのみち農村が必要になるなら、買いやすくデッキの回転を早められる代わりに農村が付いてくる春風の妖精あたりと組み合わせて使いたい。
どちらも魔法のサブタイプが付いているため、結盟ギルドマスターの効果向上にも一役買ってくれるだろう。

手札の農村を捨てるのは任意であり、捨てた場合に捨て札の4コス以下のカードを回収するのは強制である。
しかし、捨て札に何もカードがない、あるいは領地しかない状況で「農村を捨てる」効果を使った場合、回収するものが何もないためただ手札の農村を捨てるだけとなる。
一見無駄行動のように見えるし実際無駄行動だが、聖ルモイ大聖堂による農村圧縮の効率を少しでも高めたいという場合に使えるテクニックであるので覚えておくといいいことがあるかもしれない。