※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4. 型と値と変数

4.1. 型と変数の種類

4.2. プリミティブ型と値

4.2.1. 整数型と値

4.2.2. 整数演算

4.2.3. 浮動小数点型と書式と値

4.2.4. 浮動小数点演算

4.2.5. ブール型とブール値

boolean型はリテラルtruefalseで表される2つの論理的な量を表します。

ブール演算子は以下の通りです。:

ブール式は以下のような文で制御フローを決定します。


boolean式は条件演算子? :にてどちらの副式を評価するかを決定します。

boolean式とBoolean式のみが制御フロー文や条件演算子? :の第1オペランドとして使用できます。

整数式や浮動小数点式xbooleanへ変換できます。C言語のように非ゼロ値がtrueであるのを表すには、式x!=0と式を記述します。

オブジェクト参照objbooleanへ変換できます。C言語のようにnull以外の任意の参照がtrueであるのを表すには、obj!=nullと式を記述します。

boolean文字列変換によってStringに変換できます。

boolean値からはbooleanもしくはBooleanへのキャストのみが可能です(5.1.1.5.1.7.)。boolean型からその他の型にキャストすることはできません。

4.3. 参照型と値

4.4. 型変数

4.5. 引数付き型

4.6. 型の抹消

4.7. 具象可能型

4.8. 未加工型

4.9. 交差型

4.10. サブタイプ化

4.11. 型の使用箇所

4.12. 変数