※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5. 変換と昇格

5.1. 変換の種類

5.1.1. 恒等変換

恒等変換(identity conversion)とはある型を同一の型に変換することで、全ての型で使用できます。

これは些細なことかもしれませんが、2つの実践的な影響があります。1つ目は、式が開始するにあたり望ましい型を持つことが常に許可されるということです。つまり、ささいな等価変換だけであっても、全ての式は変換を受けるという単純な定型規則が許可されます。2つ目は、明確化のためにプログラムが冗長なキャスト演算子を導入するという意味を含みます。

5.1.2. 拡幅プリミティブ変換

5.1.3. 縮幅プリミティブ変換

5.1.4. 拡幅と縮幅プリミティブ変換

5.1.5. 拡幅参照変換

5.1.6. 縮幅参照変換

5.1.7. ボックス化変換

5.1.8. ボックス化解除変換

5.1.9. 未検査変換

5.1.10. 捕捉変換

5.1.11. 文字列変換

5.1.12. 禁止変換

5.1.13. 値集合変換

5.2. 代入変換

5.3. メソッド呼び出し変換

5.4. 文字列変換

5.5. キャスト変換

5.6. 数値昇格