※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5. 変換と昇格

5.1. 変換の種類

5.1.1. 恒等変換

5.1.2. 拡幅プリミティブ変換

5.1.3. 縮幅プリミティブ変換

5.1.4. 拡幅と縮幅プリミティブ変換

5.1.5. 拡幅参照変換

拡幅参照変換(widening reference conversion)とはSはTのサブタイプである任意の参照型Sから任意の参照型Tへの変換です。

拡幅参照変換は実行時に一切の特別なアクションを要求しません。従って、実行時に例外をスローすることもありません。これは参照は単に他の型も持っており、それらもコンパイル時に正しいと証明できているからです。

5.1.6. 縮幅参照変換

5.1.7. ボックス化変換

5.1.8. ボックス化解除変換

5.1.9. 未検査変換

5.1.10. 捕捉変換

5.1.11. 文字列変換

5.1.12. 禁止変換

5.1.13. 値集合変換

5.2. 代入変換

5.3. メソッド呼び出し変換

5.4. 文字列変換

5.5. キャスト変換

5.6. 数値昇格