フブキ


入手条件

ゲームセンターで一定数戦闘すると届く挑戦メール「津軽冬至からの挑戦状」を確認後、
ゲームセンターに登場する「津軽冬至」に勝利すると自宅でイベント発生の後1体入手。
同時にショップにも並ぶ。
また、「津軽冬至」を放置したままでもF3に優勝するとイベント発生
(バトル会場を出た瞬間イベント開始なので回避不可)。
※自宅でいきなり入手イベントが始まるのでお名前の準備をお忘れなく

性格

命令に対しては常に従順、かつ寡黙で必要以上のことをしゃべろうとしない。
最初は他人行儀な物言いだが、Loveが上がるにつれて感情を表に出すようになっていく
マオチャオ型を前に「可愛いにゃー…」と口走ってしまったり、台詞を途中で噛んでしまったりなどの一面も。

+ 戦闘前セリフ一例

声優

福井裕佳梨(トップをねらえ2!:ノノ、天元突破グレンラガン:ニア・テッペリン、ルーンファクトリー3:シア 他)

デザイナー

nuno(コナミ社内デザイン)

機体解説

名称:忍者型MMSフブキ(MMS Type Ninja FUBUKI)
メーカー 素体:Group K2
     武装:Group K2
型番:GK06N2
フィギュア発売:2008年12月26日
主な武装:忍者鎌"散梅"(文字通りの鎌だが、バトマスの分類上は小剣になっている)
     忍者刀"風花"(読みは「かざはな」)
     飛苦無"蓮華草"(読みは「れんげそう」。飛苦無(とびくない)とは、投げナイフのことと考えれば良い。なぜわざわざ「飛」とつけているのかといえば、苦無は手裏剣ではないため本来は投げないからである))
     大手裏剣"白詰草"(読みは「しろつめくさ」。クローバーのこと。)

神姫バトルの黎明期に、Group K2社により開発された、忍者をモチーフとした神姫。
フブキは忍者らしさを完全再現する方向でデザインや武装が煮詰められていった。
武器は「忍者鎌"散梅"」「忍者刀"風花"」「大手裏剣"白詰草"」「飛苦無"蓮華草"」、
防具も忍び装束をベースにした柔らかなシルエットを描き出すデザインのもので統一され、和のイメージを色濃く描き出す神姫として完成されている。
バトルスタイルも、相手の隙を窺いつつ忍びより、至近距離で会心の一撃を決めていく隠密タイプの戦法を得意としている。

AIは寡黙かつ従順な性格付けで、主君に忠誠を誓う忍者のごとくマスターに付き従う傾向が強い。
そんな性格の良さもあり、スペック的には厳しくなった現在でも根強いファンの多いロングセラー機体となっている。

元々はバトロン専用のサンプルキャラクターだったが、ファンからの要望によりフィギュアが製作・発売されたという変わり種神姫。
バトマスでもゲームでの登場が先でフィギュア発売が後になる神姫はいたが、ゲーム登場時点でフィギュア発売の予定が全くなかったというのは本機くらいである。
その関係からか、登場自体は神姫NETのサービスであるジオラマスタジオと同時(初登場が2006年の神姫NETジャーナルで、マオチャオ達第2弾の発売よりも前)と言えるほど古いにもかかわらず、フィギュアとして発売されたのはその2年以上後(2008年12月)という長い間があった。
それだけにリアル世界でも根強いファンが多く、島田フミカネによるフブキ弐型のデザイン発表時には大論議を呼ぶこととなった(今作未登場の姉妹機・ミズキも同様である)。


素体性能

LP ATK DEF DEX SPD
350 45 40 4 7

プラス補正アビリティ

小剣,投擲+1

マイナス補正アビリティ

ショットガン-1

ライドレシオMAX時の上昇能力

攻撃力,スピード,ガードブレイクダメージ

固有武装装備時ステータス

+ 夢想手裏剣

+ 夢想手裏剣EX

M49ショットガン黒+KT

フブキ固有のアビリティ・ショットガン-1により、射程とダウン付与範囲が狭いこのショットガンは至近距離で当ててもダウンしなくなる。
そのため、フブキ専用のムーブメントを構築できる。
ダウンしなくなる特性を活かして、ビットによる近接最速連携の拘束中に高火力を撃ち込みまくれるのもフブキの特権だ。
他にも、条件を満たしたフリムファクシあたりと組み合わせて浮遊機雷のバックアタック連携などに用いてみると、通常のショットガンや他のヘビーガンを使ったときより高い効果を発揮してくれたりする。

イベント

+ ネタバレ

EXカラー

色は編集者からみた色で、人によって見え方は異なります。

A 水色(デフォルト)
B
C

A.青(デフォルト)
B.赤
C.緑
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。