ミラボレアス攻略


基本情報

  • シュレイド城に現われる伝説の黒龍。「ミラボレアス」は古い言葉で"運命の戦争"を意味する。
    無印から登場し、MHP2G以来音沙汰が無かったが本作にてついに復活。
  • 動きが大幅に変わっており、MH3Gの古龍、グラン・ミラオスの動きが取り入れられている。
    四つん這い時の攻撃バリエーションが大幅に増えている他、あのチャージブレスも継承。
    MHP2G時代までと同じ感覚でナメてかかると苦戦は必至。
  • シュレイド城も大幅にテコ入れされており、起伏が激しくなっている。
    城内設備は今作でも有用なので、積極的に使っていこう。
  • 方向転換時の脚や尻尾には小ダメージの攻撃判定が存在する。とはいっても張り付いている剣士などにとっては決して馬鹿にできるダメージ量ではない。
    また、根性などで生き残った後、回復しようと機を窺っている矢先に方向転換の尻尾を横っ面に食らうこともあるため、
    剣士・ガンナーともに位置取りには十分な注意を払う必要がある。
  • どのクエストでも撃退により次回に体力を引き継ぐことはなく、毎回常に「新品」の状態で登場する。(過去作のイベントと同様)

状態

怒り
吐息に火炎が混じる。
怒り移行時にバインドボイス【大】を伴う咆哮。

疲労
疲労しない。

瀕死

部位破壊
  • 角:左角が折れる。頭部の怯み2回。
  • 眼:角破壊後、更に頭部の怯み1回で左眼が潰れる。
  • 胸:胸部の甲殻が剥がれる。
  • 翼:翼膜に傷が入る。

その他
  • 過去作ではブレス以外のほとんどの攻撃に龍属性が付加されていたが、
本作では噛み付きとブレス以外の攻撃は全て無属性になっている。
龍属性耐性を上げるのはほとんど無意味なので注意。火属性を上げたほうが良い。

  • 飛行時に怯ませると地上に落ちて拘束弾を当てた時と同じモーションでしばらくもがく。

攻撃パターン


二足歩行時


火球ブレス
前方に炎ブレスを発射。直撃すると大ダメージ+火やられ。
単発で放ってくる場合と、首だけ向き直り発射直前までハンターを捕捉して続けざまに二発放つ場合がある。
着弾時の爆発の範囲もなかなか侮れない。
連発する時はやや溜めが長く、一発放った後も口元から火が消えていない。

引っかき
前方の狭い範囲を腕で薙ぎ払う。
被弾するとミラボレアスの正面に飛ばされるため非常に危険。
ブレスや倒れこみ【強】が来るとほぼ回避不能。

尻尾叩きつけ→なぎ払い
尻尾を浮かせ叩きつけた後、後方から左脚までを大きく薙ぎ払う。
左後方を見て尻尾を持ち上げるという予備動作があるため、納刀して緊急回避するか、腹側に抜けるとよい。

バインドボイス
首を振り回して咆哮を放つ。バインドボイス【大】。
乗り状態になると吠えまくるので要対策。
判定時間が長めで、回避性能+2以下ではフレーム回避不能。硬直時間もやや長い。
また、正面近距離で咆哮を受けてしまった場合は上記の引っかきが確定で入るため、
そのまま引っかき+αでキャンプ送りにされることも。

粉塵爆破
口元に炎をたぎらせながら身を引き、その後、ミラボレアスの周囲を粉塵爆破の連鎖爆発で消炭にする大技。
ご丁寧にもミラボレアスの後脚までカバーしているため、本気で逃げなければいとも簡単に蒸発する。
食らうと大ダメージ+火やられ【大】。属性やられの関係で根性を貫通されることも多い。
予備動作自体はわかりやすいので、落ち着いて対処していこう。
起き攻めとしてこの行動を重ねられることも多いため、回避方向と起き上がるタイミングには注意すること。
各爆発の判定時間は非常に短く、一応回避性能なしでフレーム回避可能。
引っかきからの起き攻めの場合はイチかバチか回転回避してみるのも手。

バックジャンプブレス
火球ブレスをミラボレアスの頭の真下辺りに放つと同時に空中に飛び立つ。
滞空状態へ移行する場合がある。
足元で攻撃しているのであればほとんど当たることは無い。

飛翔
羽ばたいて地上から飛び立つ。風圧【大】あり。
滞空状態へ移行。

倒れこみ【大】
やや短時間溜めたあと、地面に向かってボディプレス。
ギリギリまでハンターを狙ってくる上、ダメージが非常に大きく危険な攻撃。
四足歩行状態へ移行。翼付近には風圧【大?】が発生。
風圧をスーパーアーマーで無効化出来れば貴重な翼への攻撃チャンスとなる。

倒れこみ【小】
その場でバタンと倒れて一吠えする。上記の倒れこみ【大】よりはダメージが低い。
至近距離で使ってくることはほとんどないが、ターゲットが遠距離のハンターやオトモに移った際に使用することがある。
四足歩行状態に移行。這いずり【小】へ派生することが多いが、他の四足歩行行動も普通に使ってくるため要注意。
上記の倒れこみ【大】がグラン・ミラオスのモーションを流用しているのに対し、
こちらは旧作のミラボレアスのモーションである。

噛み付き
首を薙ぎ払うように振るい高台のハンターに噛み付く。
滅多に使用してこないが龍属性攻撃で、食らうと龍やられ【大】。
本作のミラボレアス唯一の龍属性攻撃である。

四足歩行時


火球ブレス
四足歩行時では前方への射程がほぼ無限になる。
また、射角調整は二足歩行時と比べて雑になる模様。

這いずり【大】
蛇行しながら2回這いずってくる。直撃すると即死級の特大ダメージ。
強い攻撃判定は前脚部分までで、後ろ足や尻尾は小ダメージ+尻もちのみ。
蛇行してくるため正面の攻撃範囲が非常に広く、
後述の火炎竜巻ブレス・チャージブレスの存在もあり四足歩行時のミラボレアスの正面に立つのは非常に危険。

這いずり【小】
こちらは蛇行せずにまっすぐ這いずってくる。ほぼ全身が攻撃判定で中ダメージ。
ターゲットが遠距離にいないと滅多に使ってこない。倒れこみ【小】から派生する場合が多い。
ほぼ移動モーションと思って差し支えないが、ちゃんとターゲットがいる場所まで突っ込んでくるので注意。

火炎竜巻ブレス
MH4での新規追加行動。
ミラボレアスが一瞬小規模のブレスを放ち、その後に大きく息を吸い込み本気の火炎ブレスを発射。
ミラボレアスが完全に見えなくなるほどの規模でブレスを薙ぎ払い、禍々しい紫色の火炎竜巻でかなりの広範囲を焼き尽くす。
当然ながら即死級。根性などで耐えても火やられの残り火でキャンプ送りにされることも珍しくない。
射程、範囲もぶっ飛んでいるが、実は左右の撃ち分けも器用にこなし、ミラボレアスからみて左→右に薙ぎ払う場合は前進し、
前方の範囲がかなり広くなる。逆に薙ぎ払う際には後退し、自身の周囲も焦土に変える。事実上安全地帯は無いと考えていい。
撃龍槍を狙うなど高台に上がった時にも御丁寧に高さを合わせて薙ぎ払う。
怖いのは特にPTプレイ時で、誰が狙われているか迅速に判断し逃げなければ即座に焼かれて瀕死になる。
一応イビルジョーの龍ブレスのように薙ぎ払い時にフレーム回避することは可能だが、
太さもそこそこあるため安定性を考えると回避性能+2以上はないと現実的ではない。
遠距離では素直に納刀して緊急回避するのが無難。納刀が遅い武器はこの攻撃のためだけにも納刀術を発動させる価値はある。

チャージブレス
おもむろに口元に炎をチャージし、地上に向けて巨大なブレスをぶっ放す。
ドーム状の大爆発が巻き起こり、直撃or爆心地点では即死級ダメージ。
ガンランスの竜撃砲のような炎が口に滾るのでわかりやすいのだが、
発射までが本家の竜撃砲など比較にならないほど速く、怒り状態ではわずか1秒前後なので見てから避けるのはやや難しい。
ガード強化がないとガード不可。スキルをつけてない場合や盾のない武器は四足歩行時は常にこの攻撃を警戒し、安易に正面に立たないこと。
使用後は反動で二足歩行状態に移行。

滞空状態|

低空では羽ばたくたびに風圧が発生。

滞空ブレス
リオレウスのような空中からの爆撃。
しっかりこちらを捉えてくるので、常にミラボレアスから視点を離さないこと。
なお、影の中に逃げ込むのはやや危険。

滑空攻撃
滞空状態から狙いを定め、翼を広げて一気に特攻。当然大ダメージ。
予備動作はわかりやすいので対処はしやすいが、広い範囲に風圧を伴う。

着地
着地際には身体に攻撃判定+風圧が発生する。
リオレウスの要領で安易に待ち構えないように。

シュレイド城の城内設備

シュレイド城には迎撃用の城内設備が用意されている。
上手く使えばかなりダメージを稼げるので、特にソロプレイの時には有効活用したい。
特に撃龍槍、単発式拘束弾は頭部に集中攻撃するチャンスを生み出せる。

撃龍槍
おなじみ撃龍槍。スタート位置より左側の高台の上にスイッチがある。
2本射出され、命中するとダウンしてしばらく動けなくなり、頭部を攻撃する大チャンス。
まっすぐ這いずりで突っ込んでくる時には当たってもダウンしないことが多いので要注意。
蛇行突進してくる方の這いずりはちゃんとダウンする。
なお、うめき声を上げてゆっくり倒れる場合と、悲鳴を上げて即バタンと倒れる場合があるが、ほとんど違いはない模様。

単発式拘束弾
ひとりに付き1発だけ拾うことが可能。採取場所はマップ左下、バリスタの弾が拾える場所のすぐ横の縄付きの弾。
マップ左側の高台の上、採取場所の近くにあるバリスタから発射する。
命中すると倒れこんでしばらくもがくので、頭部を攻撃できる。
撃龍槍同様、まっすぐ突っ込んできたときには当てても効果がないので要注意。
PTでは複数回当てることも可能だが、当てるごとに拘束できる時間は短くなっていく(MHP3のアマツマガツチと同様)。

バリスタの弾
マップ左下の採取場所で10個、ベースキャンプの支給品ボックスに2個×4が用意されている。
わざわざ危険を冒して採取してまで使用するほどのダメージ効率はないが、BCで回収したものを撃つくらいは十分にアリ。
また、剣士武器では翼への数少ない攻撃手段となるので、部位破壊を狙っている時ならば十分使用する価値はある。

大砲の弾
マップ右上部に大砲が2台、すぐ側に大砲の弾が入った箱がある(個数制限あり)。
砲台の方向・角度は固定なのである程度ミラボレアスを誘導する必要がある。
採取→運ぶ→発射というプロセスを踏む必要があるため、わざわざ使うほどのものでもない。
メインで使うなら最低限スキル「高速収集」「砲術マスター」くらいは付けておきたい。
ダメージそのものは非常に高く、砲術スキルなしでも5-6発翼に当てれば部位破壊できるくらいの威力はある。

武器別攻略

共通
乗り状態では暴れる時間も長く、咆哮2連続後にすぐ暴れる場合も多いので高級耳栓があると安定する。
乗りの得意な操虫棍や片手剣などは、高級耳栓スキルを加えておくと良い。

武器での攻撃を主体にする方法と、場内設備の利用を主体にする方法がある。
ソロ、PT共に火力・防御力・スキルのバランスで適切な方法を選択すると良い。
なお、撃龍槍と拘束弾は攻撃のチャンスになるので武器主体の場合も利用したい。
バリスタ、大砲を主体としたいのならスキルや事前の打ち合わせは必須。
1~2人だけ設備を利用とした場合はミラボレアスの移動範囲が広くなり迷惑にしかならない。

武器主体の場合
撃龍槍と拘束弾以外の設備は使わず武器での攻撃を主体とする。
技術のあるパーティーならば、場内設備主体の討伐よりも短時間で終わる。
ダウンさせれば顔を直接攻撃する事も可能なので、積極的に乗りも狙っていきたい。

場内設備主体の場合
バリスタ、大砲を主体とするため砲術マスターが必須となる。
スタートと同時に撃龍槍に誘導して命中させて再充填の時間を稼ごう。撃龍槍が決まると部位破壊報酬のある頭を狙えるチャンス。
バリスタ、拘束弾を拾える場所は2箇所集中しているが拘束目的ならバリスタはストックせずに拘束弾だけ取っておこう。
なお、バリスタの弾も取るとバリスタが優先される為注意が必要。
拘束弾は一定時間、頭を地面に拘束させるチャンスになるので参加人数分、タイミング良く行いたい。
反対側に設置してある大砲で狙うには、やや誘導が必要。広範囲のブレス、尻尾や咆哮で大砲の弾を落とすので上手く立ち回りたい。
大砲まで撃ち尽くす必要性は全くないが目安として砲術マスター装備の4人なら撃龍槍、バリスタ、拘束弾を使い切り、
大砲数発を加えながら武器で攻撃をしていると撃龍槍再充填までもなく終わる場合が多い。

ミラボレアスは動きが見切りやすいが攻撃の威力が非常に大きいので事故率は高め。
PTの場合、武器攻撃での囮役が危険になれば設備使用役が粉塵や広域回復でサポートすると安定する。
キャンプにはバリスタの弾があるので戻った時に持っていくと収集する時間を稼げる。
短期討伐には、ダレン・モーラン戦より遥かにパーティーメンバーとの意思疎通が大事となるので、
討伐のスタート前にはしっかりと打ち合わせをしておく事。
離れすぎているとブレス等を誘発するだけになるので、誘導が上手くいかない場合は、しばらくは直接戦闘に切り替える場合もあり。
どちらにしても、1人だけが先走っても、倒す時間がより延びるだけである。

剣士


大剣
城内の設備を使う以外の点で言えば、ひたすら足元(左足後ろが有用)に張り付いて溜め3を狙う。
四つん這いで無い限り足元への攻撃手段はどれも頻度が低く、溜め3を何度でも無理矢理捻じ込める。
但し動きを良く見ていないと、倒れ込みや尻尾薙ぎ払いを避けられなくなる。
四つん這い時は一定の距離を保ち、薙ぎ払いブレスが来たら即駆け寄って溜め3を入れたい。

太刀

片手剣
乗りのチャンスを伺いつつ、どちらかの脚を外側からひたすら攻撃し、ダウンした際に頭部や胸へ攻撃していく。
右足を攻撃する際は尻尾叩きつけに気を付ける事。落ち着いて右足側から正面に回れば攻撃チャンスにもなる。
回り込むのが遅れてひっかきなどを受けると、そのまま起き際にブレスの追撃が来ることが多いので適宜離れることを意識する。
四つん這い中は手数を減らして這いずりに警戒しつつ攻撃するか、爆弾を仕掛けて怯みを狙っても良い。
罠師スキルがあると爆弾をかなり安定して置くことができる。
薙ぎ払いブレスは攻撃チャンスでもあるが、前方・後方に大きく動くので潜り込むと自分の位置を見失いやすいので注意。
高級耳栓がない場合は、咆哮→倒れこみ等が避けにくい攻撃になるので、素直にガードで凌ぐ。
バリスタやスイッチ付近は乗りを狙いやすいのでPTプレイ中等は誘導も兼ねて設備役兼乗り役に徹するのも良い。
地味に注意する攻撃として、ジャンプブレスは飛び上がる際にかなりの広範囲に風圧が発生する。
足元に張り付く関係上飛び込み切りのスーパーアーマー維持が難しく、風圧無効大がない限り風圧を受けて怯んでしまいやすい。
その後のターゲット捕捉から攻撃までがゆっくりなので大ダメージを受ける可能性は低いが、落ち着いてガードか回避を選択すること。

双剣
開幕は撃龍槍でダウンを狙い、ダウン後ジャンプ鬼人化し頭に乱舞×3。その後可能なら、近くの段差から乗りを狙いたい。
その後は二足、四足共に右足に張り付いての攻撃が安全。乱舞は二足の火球ブレス等の隙に欲張らずにいれていこう。
尻尾は見極めて回避、粉塵爆破は右足と腹の間に爆破範囲があるため、右足真横に位置取っていると当たってしまう。
右足攻撃時は常に尻尾側から攻撃するように意識すると、爆破範囲外のため攻撃が継続できる。
四足の這いずり攻撃も尻尾側から攻撃することで当ることは少ない。ダウンした際は頭部や胸へ攻撃していく。
四足の火炎竜巻ブレス(前進)時は追いかけて足への攻撃を継続。火炎竜巻ブレス(後退)時は下がった頭を攻撃。
難しい場合は、胸へ潜り込んで乱舞を入れる。

攻撃は足を狙うことが多くなってしまうため、武器は封龍剣【超絶一門】+龍属性攻撃強化スキルがお勧め。

ハンマー
足元で張り付いての攻撃が一番安全。機会があれば積極的に縦3を入れていきたい所だが、
案外同じ場所にとどまっていても姿勢を入れ替える攻撃が多いため狙いがそれる事が多い。
狙いすぎると正面に補足され、ブレスを受けてしまう危険が高いので要注意。

溜め3を中心に戦うと、比較的攻撃と離脱の隙が少なく、戦いやすい。
集中があると攻撃の機会が増え、積極的に攻めやすくなる。

狩猟笛
足元に貼りついて攻撃が一番安全。
はじかれ無効があると尻尾に弾かれた時の事故がなくなるので演奏しておこう。

集団プレーの時は属性強化、聴覚保護、風圧無効(+根性破りの炎やられを無効にできる属性やられ無効)、
が吹けるTHEレクイエムを使用するとPT全体の事故率も下がると共に、ソロでも有効な武器である。

ランス
安全策を取るなら後ろ足や足元が比較的安全。
基本通り被弾を少なくし、攻撃を途中で止めて回避行動に移る余裕を持とう。
戦術としては、二足歩行時に攻撃、四足歩行時に研ぎやアイテム使用に充てると比較的安定する。
二足歩行時はノーモーションに近いひっかきの対処が出来れば腹下が攻撃しやすい。
四足歩行時は攻撃の範囲・移動距離共に大きいので無理は禁物。
攻撃したい場合は羽下に陣取ると振り向きに頭が狙いやすい。
広範囲ブレスの対処に備えつつ、少し距離をおいて真横から斜め後方に陣取ると比較的安全。
滞空状態では本体下に潜り込み降りてくるのを待とう。

スキル構成はガード主体にするか回避主体にするかは悩ましいところ。
ガード強化を付けておけばブレス系の攻撃をガードできるようになるため安定性が上がるが、
ガード性能+2でも削りを無効化出来ない攻撃が多いので回復に追われることになりやすい。
回避主体の場合は、粉塵爆破をフレーム回避して頭に突きを入れるチャンスに出来るが、
他のブレス系の攻撃の対処が難しくなるのが難点。

ガンランス
ガード強化があると死亡率が減るが、ガード主体で戦うと削りダメージがかなり痛い。
他の多くの近接武器と同じく基本的には後ろ足に張り付き、可能な限り攻撃を受けない立ち回りを心がけたい。
属性値も高く素のゲージも長いTHEインパルスが有用だろう。

砲術系スキルをつければ大砲やバリスタ使用時にもダメージの上昇が見込めるため相性良く思えるが、
低人数の場合、各種施設利用の為に無防備な状態を晒すなら尻尾に砲撃でも入れたほうが安全かつ効率的。
ソロなら撃龍槍と拘束弾のみ活用しよう。
粉塵爆発系はフレーム回避で避けられるタイミングを覚えれば頭部を狙うチャンスが増える。

スラッシュアックス
ミラボレアスの両サイドの後ろ足付近を定位置に戦う。
切れ味が十分なら剣・斧問わず戦い易いが、特に尻尾に攻撃を吸われやすい斧モードの運用には注意。
とにかく動き回って回避するしかない為、回避距離or性能による避けや納刀術からの緊急回避など、
自分のスタイルに適したスキルを揃えよう。
斧のジャンプ攻撃はリーチが長く先端までちゃんと攻撃判定があるので、慣れれば乗り状態にも移行しやすい。
備えに高級耳栓を発動させておくのもいいだろう。
属性開放突きやぶん回しを全ヒットさせる機会は比較的多いが、出始めはともかくフィニッシュまで出すと
当然大きな隙が生じるため、チャンスを見極めること。

チャージアックス
然るべき回避手段を心得ていれば、手ごわい相手ではない。
というのも、斧モードの開放斬り含めた攻撃を回避される心配があまりない為、ガンガンダメージを蓄積していける。
最適解となる武器は本モンスの黒龍盾斧だが、初見はTHEサプレッションあたりを最低限用意しておきたい。
特に必須スキルというべきものは無いが、回避性能・距離、納刀術、高級耳栓あたりはあると便利。防具の火耐性もあるに越したことはない。
乗りについては発生の早い剣とリーチの長い斧の2種類を活かせばそう難しくない。
乗りダウンを取ったら頭部ないし翼に開放斬り1セットをキッチリ叩き込もう。あまり欲張ると高出力を外すので注意すること。

操虫棍
ミラボレアスの横~斜め後ろから、背中を狙うようにジャンプ攻撃を当てていくと安定して乗りやすい。
攻撃の出が早過ぎると翼に吸われてしまうためボタン連打は禁物。タイミング良く当てよう。
乗ると暴れ→咆哮→暴れであっという間に落とされる場合もあるため、高級耳栓か乗り名人を発動させると良い。
また、高級耳栓がある場合でもスタミナは最大で臨みたい。
乗る前に後ろ脚と尻尾から白、橙のエキスを取り、乗り成功後は顔の前に落ちるので赤を取ってトリプルアップさせ頭を攻撃すると良い。
なお、乗りを狙うと敵の正面に落ちやすいため、敵の行動を良く見て飛びたい。
間違っても絶対に正面から跳ばないこと。引っかきではたき落とされると半ばBC送り確定になる。

赤エキス:顔、前脚 
白エキス:後ろ脚 
橙エキス:胴体、尻尾

ガンナー

大きな図体なので攻撃を当てやすいが、クリティカル距離に陣取ると尻尾の振り向きダメージを受けやすい。
ガンナーはブレス等の大ダメージ攻撃で即死する可能性も高いので、攻撃の軸線をずらしつつダメージを与えていこう。
防御・火耐性共に高くすると生存率が格段に上昇するので、即死が多い場合は火力盛りした防具よりも有用。
火耐性値を+20以上に保てば猫飯含む根性スキルが活きるので、火やられによるBC行きが防げる。

ライトボウガン
例として、蒼火竜砲【烈日】によるソロでの攻略が可能。
砲撃マスターのスキルに徹甲榴弾との組み合わせがとても強力なので、各レベルの調合分も忘れずに持ち込む。
顔以外の肉質に差が少ない為、徹甲榴弾の着弾点はどこでも良く、危険度の高い真正面を立ち位置としなくても良い。
徹甲榴弾を使い切ったら、顔に火炎弾を、体を抜ける様に貫通弾をばらまく。
火炎弾での速射を更に有効化するため、火属性攻撃強化のスキルを加えるとなお良い。

ヘビィボウガン
ソロの場合は、しゃがみ撃ちのタイミングがほとんど無く、貫通弾を撃てる弾種の多いグラン=ダオラなどがストレス無く戦える。
PTの場合は、ラゼンやギガロアなどの選択肢も増えてくるので、ヘビィに付く防御力+スキルも活きてくる。
一撃が重い攻撃ばかりなので、防御力と火耐性を兼ね揃えた、陸奥/天城装備を上手く活用したい。
なお、火炎竜巻ブレスには回避性能(出来れば+2)で前転フレーム回避出来るので、這いずり攻撃用の回避距離と共に、
生存用スキルとして組み込むのも良いだろう。

回避性能や回避距離は優先して付けたい。
頭を積極的に狙いたいが照準に時間かけすぎるとブレスの餌食になるため、小さい隙には胸などを狙うといいだろう。
四足歩行時は左後足周辺の位置をキープすることを最優先に。竜巻ブレスをフレーム回避できるなら積極的に頭を狙っていこう。
回復したい・強走薬を飲みたい場合などは粉塵爆発のなどに十分な間があるので落ち着いて行おう。慣れないうちはモドリ玉を持っていくのもいい。
ソロでも十分撃退は可能。慣れてきたら火力UPスキルを整え、頭への攻撃頻度を増やしていこう。


コメント

  • 足下っつーか太もも付け根裏側にぴったり張り付いてたらブレス当たらなくないか
    ちょっとでも離れると狙い撃たれるけど。 -- (名無しさん) 2013-11-24 17:19:42
  • 事前にミラオスやってると狙い撃ちブレスは足元なら当たらないってのがすごくよく分かるけど、一回り小さいから近くでも回避一回分離れただけで当たるんだよね
    動きはそれより遅いけど、同じく突っ込めば逆に安全なブラキ並みに立ち回りでの安置がつかみにくいかも -- (名無しさん) 2013-11-29 17:17:42
  • 爆破ブレスは対象をほぼ正確に狙ってくるね。起き攻めに使われると速攻で首を引いた方角と逆に転がらないと被弾確定になる。
    また足元を爆破するときはハンターが足元にいるときだけだね。普通は足の少し前を爆破させてくる。
    左右どちらにも振り分けてくるし、怒り時の加速によって急に使われるとまじでかわせない。
    ちなみに一応、剣士のみ疑似安置あり。足の後方がそこである。ただし、尻尾たたき付けは当たるし、自分から正面に踏み込みがちになるため注意。 -- (名無しさん) 2014-01-11 18:59:14
  • 粉塵爆破の狙いは正確だが、狙いをつけてから発射までのディレイが結構あるっぽい。
    ライトボウガン辺りを武器出し状態で走ってると、明後日の方向に粉塵爆破が飛んで行くことも。
    あと、ジグザグ這いずりをする際には、ミラボレアスが必ず対象へ正確な軸合わせを行う(ジグザグでない場合はきちんと軸合わせしないこともある)。
    ミラボレアスが振り向きモーションとは異なる、不自然な軸合わせをしてきたら即座に退避するべき。
    加えて、四足歩行時の単発火炎ブレスは大抵地面と水平に飛ぶので、段差や壁の近くでなければ爆発が起きない=着弾範囲が狭いため被弾しにくい。
    後の隙は少ないので欲張れないが、転がらなくても回避できるケースが多いので、うまく見極めれば素早く反撃に転じられる。 -- (名無しさん) 2014-02-01 15:17:24
  • 這いずり時には拘束バリスタを当てても効果なし
    撃つタイミングには注意 -- (名無しさん) 2014-02-13 10:26:44
  • ボレアスの攻撃で回避性能を必要とするものがせいぜい尻尾の辺り判定ぐらいしかない
    尻尾の削りダメージをわざわざ性能つけて避けるぐらいならそれこそガードすりゃいい
    なぎ払いブレスのような攻撃を回避するならダイブのほうが手っ取り早く確実 -- (名無しさん) 2014-05-13 17:36:11
  • ↑武器の前提が崩れている。納刀からのダイブが間に合わないから、ガードや回避をするんだよ? -- (名無しさん) 2014-05-13 17:43:03
  • それは武器以前に立ち回りの問題じゃないの?
    ブレスに納刀が間に合わない状況って考えられないんだが
    ダラのビームやアカムのソニックをわざわざガード、回避すると言ってるようなもん
    大技は納刀ダイブか当たらない立ち位置に行くのが基本 -- (名無しさん) 2014-05-24 23:58:34
  • ていうか、そんなに批判するなら見なけりゃいい話。 -- (名無しさん) 2014-05-31 15:12:09
  • ↑2は粉塵ブレスをどう対処してるのか、まずはこれ知りたいなー
    結局↑2が言いたいことは「そもそも回避主体とかないわー」なのか
    それとも「性能なしでも俺は余裕で回避できるわー」なのか
    まずはそこをはっきりさせてもらいたいなー
    -- (名無しさん) 2014-05-31 21:28:47
  • ↑3 例にアカムを出しているがソニックはガ強でガード可能。
    ガンス・ランスならわざと受けてしまうのも一考。 -- (名無しさん) 2014-06-01 08:07:10
  • ランスで納刀ダイブ言ってるんだから察してやれよ。
    普通にミラの凪ぎ払いブレスを見てから納刀してダイブとかリスク高いんだから
    ランス使わないヤツが言いそうな事じゃん。
    そもそもガードランスも避けランスもミラに張り付くから納刀でダイブいってる時点でその人とは
    闘い方が違うと思う。距離とって様子をみつつヒットアンドアウェイの人なんじゃない?
    少なくともランスで有効な闘い方ではないと思うが。
    ランスは避けランスで突き続けるのはアリだとおもう。ちな距離もあるとチャージブレスの範囲から離脱しやすい。 -- (名無しさん) 2014-07-05 01:20:38
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
※ここはボスの攻略情報を載せるページです。 基本能力や剥ぎ取り情報に関するコメント はこちらに→基本情報
※攻略を記入する場合、~の装備なら楽勝などのコメントは参考になりませんので具体的な方法がある場合のみ書いて下さい。
※コメント欄は質問や雑談をするところではありません。質問や雑談は掲示板で。不要なコメントは随時削除します。


|