七英雄(KOTY)

登録日:2012/09/06 (木) 08:36:34
更新日:2018/06/10 Sun 23:35:03
所要時間:約 4 分で読めます




【概要】
クソゲーオブザイヤーにおいて2008年の据え置き機部門にノミネートした7作品の総称。
名前の由来はロマンシング サ・ガ2に登場する宿敵の七英雄から。
また、サガシリーズ繋がりかアンリミテッド・サガに登場する建造物、七大驚異と呼ぶ人もいるといえばいる。

Wiiの爆売れ、前よりも日本人向けになったXbox360、主力ソフトが少しずつ揃うPS3、
まだまだ現役のPS2と、現在もゲーム業界を支える据え置き機の勢いが増してきた中で誰が望んだかは知らないが発売し、
KOTYの知名度を大きく上げた要因になった。


ノミネート作は

メジャーWii 投げろ! ジャイロボール!!(メジャー1、ジャイロ)
奈落の城 一柳和、2度目の受難(奈落)
大奥記(OOK)
ジャンライン(ジャンライン)
神代學園幻光録 クル・ヌ・ギ・ア(ヌギャー)
プロゴルファー猿(猿、ドギャー)
メジャーWii パーフェクトクローザー(メジャー2、クローザー)

のⅦ作。この内パーフェクトクローザーは2008年の大賞を受賞した。

ただのクソゲーならこんなゲームがあるくらいで終わったかもしれないが、
前年の大賞でヨンパチショックという出来事を引き起こした四八(仮)の発売直後である為、
ヨンパチレベルを探そうとしてノミネート作の大きな減少、あるいは無しという事態になると思われた中で、
7本もハイレベルなクソゲーが揃うという豊作かつ、そのうち2本はヨンパチにも負けない作品だったという結果を見せる。

その人気はKOTYのみならずヤフーニュースのトップ記事になったり、
秋葉原のヨドバシカメラで七英雄見参!とアオリを入れてワゴンセールに見参してKOTYの知名度を広めた。


年末の魔物として産まれたメジャー2と、魔改造でそれに変貌したジャンラインの大賞争いはKOTYの中でもベストバウトに挙げる人も多い。
一方で上半期はそこまで盛り上がってるわけでもなく、奈落の城のノミネートを疑問視する声も。
メジャー1も当初はキャラゲーで特に話題になる要素もなかったため購入者が少なく、ちゃんとした評価がされたのはかなり後のほうだった。
本格的に盛り上がったのはファミ通のクロスレビューでデスクリムゾンと並ぶ低得点を叩きだした大奥記が発売されたあたりから。
なお、ジャンラインのパッチリリース以前はメジャー1、大奥記、クル・ヌ・ギ・ア、プロゴルファー猿の四作で四天王と言われていた。


しばらくしてKOTYから消滅したと思いきや、2010年の携帯機部門でまさかの復活を果たした。
「携帯七英雄」とも称され、大賞に輝いた「ハローキティといっしょ!ブロッククラッシュ123!」、「プーペガールDS2」、「大戦略PERFECT~戦場の覇者~」と、それぞれ完全に別ベクトルのクソ要素を持つ三つ巴の最終決戦は、2014年据置機部門の総評では、携帯機史上最も危険な戦いと称された。
しかしKOTYのメインが据え置き機部門なのでこちらは知らない人も多い。

更に2011年の据え置き機にノミネートした7作は全て過去に人気があったシリーズ物の続編であった。
人生ゲームだけは2009年から3年後に遂に大賞になってしまったが。


【余談】
因みにオリジナルの七英雄の内4人のCVを担当している杉田智和は七英雄のどれにも関わってない。
また、元になったロマサガ2とアンサガはただでさえクセの強いサガシリーズの中でもかなりぶっ飛んだ作品であり、
ゲーム史に名を残した名作とも、意味不明なクソゲーとも言われ評価が真っ二つに別れる作品だったりする。





追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

現在この項目は加筆・修正依頼が出ています。
依頼内容は「内容が過激」です。
加筆・修正できる方は協力をお願いします。