セミミンガ

登録日:2011/09/30(金) 01:59:39
更新日:2018/12/02 Sun 06:53:18
所要時間:約 2 分で読めます




愚かなる人間よ…貴様はセミミンガ様の実験台になるのだ!


所属組織:ショッカー
モチーフ:セミ
登場作品:『仮面ライダー
話数題名:第64話「怪人セミミンガみな殺しのうた!」


【能力解説】
ショッカーの新たな蝉型改造人間。
目を発光させ出す能力の殺人音波は直撃を受ければ爆発するほどの威力があり、他にも口先を相手の体に突き刺しエネルギーを吸い取る攻撃方法を持つ。
この能力でライダー打倒を誓い、地獄大使からは期待されている。またセミに変身可能でその姿の時にも殺人音波が使用可能。
鳴き声は「ミィーン!」。
声は槐柳二が担当している。


【仮面ライダー】
怪人セミミンガはセミに化けて密かに森で殺人音波の実験を行っていた。子供からセミを取り上げて売ろうとしていた悪い男を実験台にし結果は大成功だったが、その様子をナオキたち子供たちに見られ口封じのため殺人音波で殺害しようとするが本郷と滝に発見され戦闘となる。
ライダーを羽交い絞めにしてエネルギーを吸収しようとするが、滝に妨害され殺人音波で攻撃しようとするも逃げられてしまう。
その後、ライダーが半身不随になって入院したとの報告を受け、その隙に電波塔を占領してショッカータワーにし東京中に殺人音波を流そうとするがそこにライダーと滝が現れ再び戦闘になる。
殺人音波で攻撃するも通用せず、最期は空中で背負い投げを決める1号のライダー返しが炸裂し、止めのライダーキックを受けて爆散した。

音波を発射し打倒仮面ライダーにやっきになっていたが、ショッカー戦闘員でも直撃を受ければ爆発してしまうほどの音波でも、変身前の生身の本郷の身体にはさしたるダメージは与えられず、当然ライダー時にはほとんど通用しなかった。
さらに、半身不随になって入院したとの報告を受け電波塔を利用して全国に殺人音波を発しようとしたのだが、それも実は軽いダメージだったライダーと滝和也によって妨害されるなど、やることなすこと全て上手くいかなかった。
……いろいろと残念である。


劇場版『仮面ライダー対じごく大使』にも登場。
採石場では再生ギリーラ、再生ゴキブリ男と共に現れ、1号と対決するがすぐに撤退。その後、ショッカー騎馬隊のリーダーとして再度現れて1号と対決するが、これまた倒されず撤退した。


【ゲーム】
PS2『仮面ライダー 正義の系譜
アギト編の敵キャラクターとして登場。
ゲーム内で一番最初に戦う怪人でアギトを見た瞬間「この時代にも仮面ライダーがいるのか!?」と驚いていた。
最期はアギトと戦い倒された。





―――追記・修正を怠る者には死、あるのみ。
この項目が面白かったなら……\ポチッと/