パーセプター(G1)

登録日:2012/01/23(月) 13:09:38
更新日:2017/05/07 Sun 23:47:46
所要時間:約 4 分で読めます






今は空を飛んでいるだけで
何も考えていないからさ

パーセプターはトランスフォーマーシリーズに登場するキャラクター。
声優は、G1ではカセットロンのフレンジー、トレイルブレイカーと同じく城山知馨夫氏(現在は城山堅名義)、Vでは佐藤正治氏が担当している。
ファンからはパーセプ、パーさん、絶叫要員(詳しくは後述)などと呼ばれ愛されている。


サイバトロンの科学者であり、顕微鏡にトランスフォームする。
正統派の頭脳担当キャラであり、サイバトロンの逆襲のきっかけになる事も多い。

レンズからビーム発射できる凄い顕微鏡。
自走可能な砲台を兼ねている。

顕微鏡らしく対象を拡大して調査できる。
モニターに映った宇宙をもっとよく見たいというスパイクの要望に応え、モニターごしに拡大して見せた。

●作中の活躍


臆病者呼ばわりされたが、バンブルやゴングと共にミクロ化し、メガトロンの体内に入ってハートオブセイバートロンを破壊するという勇敢な行動に出る。


メガトロンの脳たるメインコンピューターに侵入した際、「やけに静かじゃないか」と不思議がるゴングに対し「何も考えていないから」とキッパリ言い捨てた。


また、彼が発明したサビストップにより、宇宙サビの脅威からトランスフォーマーたちを救ったこともある。

「スカイゴッド」、「チルドレンプレイ」、「恐怖のコズミック・ルスト」のエピソードはパーセプター好きには欠かせないエピソードであろう。




通信塔でブロードキャストと共闘、カセットロンを追い払う。
重症を負ったコンボイを診察してもう助からないと告げて、コンボイの最期をウルトラマグナス、ホットロディマスと共に看取った。
初代メンバーの数少ない生き残りとなった。




デストロンやクインテッサがセイバートロン星に攻めてきた際に仲間を激励、応戦した。
トランスフォームユニットが破壊され顕微鏡のまま固定されるなど、結構踏んだり蹴ったりな目に合っている。
「グリムロックの新しい頭脳」では、電気ショックで天才になったグリムロックに「それは君の頭脳がイマイチだからさ、パーセプター君」と言われてしまった。




老医師のような性格で登場。ゴットジンライとは旧知の仲。
ホイルジャック、ミネルバと共にビクトリー計画に参加する。
スターセイバーに合体回路を組み込んでビクトリーセイバーへの合体を可能にした。
G1ザ・ムービーでホイルジャックが戦死しているのを踏まえてみると、Vに出てきたのは彼のそっくりさんという可能性が高い。まあ、TFシリーズにはよくあること


●絶叫要員
彼の特徴として、よく叫ぶところが挙げられる。
ほわぁぁあああああ!!!で有名なコンボイ司令官と同等、またはそれ以上とも言われる。
例をあげると、彼を含む4人が滝に落ちた際、全員が悲鳴をあげたのにも関わらずパーセプの絶叫に掻き消されるなど、相当の大音声である。

主な絶叫

「ヴェア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!!」


「アッー危ない!」
「わあ゙あ゙あ゙あああ゙ああ゙ああ゙あ!!
ゔぁ゙あッ、あ゙ゔう…!!」


「わかってるさ!!
わあ゙ッ、わ゙あ゙ああ゙あ゙ああぁ゙ぁあ゙あぁあ゙!!!」


「よーしいいぞ!エンジン点火ァ!いぃやったぁぁああああ!!
い゙え゙ぁ゙ぁ゙あ゙あ゙あぁあ゙ぁあ゙!!」

「頼む!!止めてくれ!!それを取られたら私は!!ヴァアアアアアアッ!!!」


「ペンは剣よりも強しって言葉を知っているかサウンドウェーブ!!」


「どぉああぁっ!!え゙ぇっ!? ん? ああ゙あ゙あえ゙あ゙ぁ!!!」


「し、しれいかーーん!!
助けてくださーーーーーい!!!」


「ビーチコンバー!!どこなんだ!!オ゙ぉゔ…!!」

●玩具
玩具はサウンドウェーブやブロードキャストと同じニューミクロマンシリーズの顕微鏡ロボが元ネタ。
実用ミクロチェンジシリーズの製品なのでちゃんと顕微鏡として使える。


近年ではトランスフォーマーユナイテッドでリメイクされた。こちらは顕微鏡から新しく自動車のビークルモードに変形するが、見立て変形で顕微鏡のような姿に変形させることも可能。


追記修正は絶叫しながらお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/