神戸拓光

登録日 :2011/07/15(金) 16:55:58
更新日 : 2017/08/30 Wed 01:28:59
所要時間 :約 2 分で読めます




神戸拓光

1985年2月23日生

身長:191cm
体重:98kg

茨城県牛久市出身のプロ野球選手


【解説】


土浦日本大学高校→流通経済大学→2006年度ドラフト3位で千葉ロッテマリーンズに入団。

右投左打 ポジションは主に外野だがファーストも出来る。


191cm 98kg という日本人離れした恵まれた体格を持ち、そこから繰り出される長打力が持ち味。

2009年頃からブレイクし始めた期待の若手。2軍では16本塁打51打点という好成績も出している。

2010年から開幕1軍に定着。左の代打の切り札として活躍し、負傷した福浦の代打で出場し、埼玉西武ライオンズエース涌井秀章から3ランホームランも放っている。

…ちなみにこのホームランを打った後、大はしゃぎしたため次の打席で涌井から報復死球をぶつけられ乱闘になった。
そしてこの時のはしゃぎっぷりから「神戸、はしゃぐ」というフレーズと共に一部でネタキャラとして人気が出始める。

さらに あるきっかけ から、彼は某笑顔動画で高い人気を博しだすことになる。

その理由は2010年度から採用された彼の応援歌にあった。


同じく笑顔動画で人気の高い「東方」シリーズの楽曲「U.N.オーエンは彼女なのか?」が、彼の応援歌として同年3月3日のオープン戦で使われたのである。

トランペットによる軽快な演奏と、その合間に入る「神戸っ!!神戸っ!!」の大合唱。


文章にすれば非常に単純だが、そのシンプルで分かりやすいフレーズと「U.N.オーエンは彼女なのか?」のメロディーの元々のキャッチーさも相まって、東方ファンのみならず、東方を知らないファンにもすぐに浸透していった。

チームメイトである井口選手はこの応援歌が気に入っているらしく、彼のブログになんと4度も登場している。

応援とオーエンをかけて「オーエン歌」とも呼ばれたり、「(゚∀゚)o彡゚神戸!神戸!」というAAも作られたりもしている。


プロ入りから5年目の2011年、彼もいよいよ若手から中堅と呼ばれる年に入り、彼の真価が問われるであろう時期になった。
しかし、22試合の出場に終わり昨年から少し出場試合数が減少することになる。

この後も神戸はピリッとしないまま野球人生を進める。

2012年は自主トレで手に大けがを負い、1軍へ出場することなく終わった。
2013年は3年ぶりのホームランを放つなど飛躍を期待されたが、結局二軍落ちとなりそのままシーズンを終えた。
しかも、後述するがフェニックスリーグ参加中にある発言をしたせいで謹慎処分となる始末。

2014年は一軍出場はなく、戦力外通告。
12球団合同トライアウトに望みを託し参加するが、引き取り手は現れず。そのまま引退する。
神戸選手は野球に区切りをつけ、一般企業への就職の道を歩むこととなった。今後の彼の新しい人生での活躍を期待したい。

そして2015年に社会人野球のクラブチーム・新波に野手兼任コーチとして入団したのだった。
しかし、後に保険の営業マンとして転身したことが発覚した。
また、地元茨木の県民球団設立の為の活動もしている模様。


【炎上】


2013年に神戸選手は自身のTwitterで炎上し、悪い意味で知名度を上げてしまった。

彼はTwitterで事件名こそ伏せているものの「あんな画像が流出してたら『可哀想』とは1ミリも思わん」「今回のそれは【なるべくしてなった】‥自業自得だ」と発言。
この発言は、当時東京・三鷹市で起きた女子高生刺殺事件の被害者を侮辱しているということで球団事務所に批判が相次いだ。
もっともこの発言には別の説もあり、元KAT-TUNの田中聖の陰部パール画像流出事件のことではないかという推測もあるが。
まあ、どちらにしてもかなりまずい発言であることは間違いない……。

この炎上騒ぎの時、神戸選手はフェニックスリーグ参加の為に宮崎へ滞在していたが千葉へ強制送還されることに。
ちなみに、神戸選手が離脱したことによってフェニックスリーグの外野手の数が足りなくなりチームの負担が増すという二次被害も起こす。

最終的には球団にて中村球団社長、神戸、そして神戸のTwitter管理人とされる神戸の友人の3人が謝罪会見。
神戸選手は「Twitterについては友人に委託していてこの件については知らなかった」と弁解した。
だが本当か嘘かは置いとくとしても、少し釈明としては苦しい発言であり、炎上騒ぎは収まらず球団側に抗議が殺到。

千葉県の市長もこの件で激怒するなど、最終的にはかなりの炎上事件となった。
神戸選手は謹慎処分となり、Twitter・ブログを削除することとなる。現在は見れないが、ブログの方では真面目な記事も書いていたというのに……

ここまでの騒ぎとなったため、一部のファンからは神戸選手の今後を不安視する声が出た。
そしてその不安は的中してしまい、神戸選手は翌年に戦力外通告となってしまった。

正直なところ、この一連の騒動が戦力外通告の原因の一つとなってしまったことは否定できない。
一部メディアの報道では、神戸の戦力外の直接の理由はこの問題発言だけではないと報じている。
その内容は、神戸選手が風俗嬢に避妊の準備をさせずに性行為を強要した結果、女性が妊娠して様々なトラブルが発生したからとの話が……。


ちなみにその後、NPBから去ってしばらくした2017年にTwitterアカウントを再び作った。
茨木のための活動の一環らしく、プロフィールには#炎上覚悟といったタグまで記されている。



神戸拓光選手の今後を祈って、追記・修正お願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/