中世編(LIVE A LIVE)

登録日 :2012/05/05(土) 06:06:23
更新日 : 2017/04/25 Tue 13:34:52
所要時間 :約 6 分で読めます





東の山に魔王あり‥‥


邪悪な心 邪悪な力を持ち
邪悪な姿となりて‥‥


すべてを憎むものなり。


西の山に勇者あり‥‥


強い心 強い力を持ち
勇ましき姿となり‥‥


魔王をうちくだかん‥‥




中世編


『 魔 王 』




中世編とは、LIVE A LIVEのシナリオの一つ。全シナリオをクリアすることで解禁される。
他のシナリオと違い、担当キャラクターデザイナーは居ない。

モチーフは王道的な和製RPG のアンチテーゼ 多分コイツ
OPを除けばメインテーマである楽曲「LIVE・A・LIVE」が初めて使用されるシナリオでもある。
また、タイトル画面の遠景はこのシナリオと最終編の舞台「ルクレチア王国」である。

因みにディレクターである時田貴司も交えて設定等をアレンジし、演劇化されている。
題名は 「魔王降臨 LiveSIDE&EvilSIDE」
中世編及びLIVE A LIVE双方を意識したタイトルになっている。ルクレチア物語の設定はこちらが下地。


●シナリオ
ルクレチア王国武闘大会決勝戦でストレイボウに勝利したオルステッドは、
ルクレチア王より王女であるアリシアに求婚する権利を与えられ、アリシアもそれを受け入れる。

その夜、テラスでアリシアと2人きりで愛の誓いを交わした直後、魔物が出現する。
オルステッドはこれを打ち倒すが、さらにに現れた魔王にアリシアを攫われてしまう。

嘗て勇者ハッシュ・僧侶ウラヌスに倒された筈の魔王が復活した今、
アリシア救出に向かえるのは新たな勇者と期待されるオルステッドと、武闘大会で凌ぎを削ったストレイボウだった…。


●主人公
武闘大会の優勝者であり、次期ルクレチア王。新たな勇者としてアリシア救出に向かう。
詳しくは該当項目参照。


●仲間
オルステッドの幼馴染で魔法使い。
詳しくは該当項目参照。

  • ウラヌス
勇者ハッシュと共に魔王に立ち向かった僧侶。
俗世を嫌い、ファミリオ村で呆け老人を装っている。

LVアップでの能力成長は無いが、使い勝手に優れた回復技や幾つかの強力な範囲攻撃技を習得する、このゲームでも珍しい僧侶タイプ。
溜め無し+全体攻撃+知依存麻痺のゴッドボイスの使い勝手は優秀。
回復役なので使う機会は難しいが、サンクチュアリは多段ヒットにより絶大な威力を持つ。ジャッジメントはオマケ気味。
また、中世編で石化の回復手段はヨシュアの実を除けば彼の回復魔法「いやしのいのり」のみ。

  • ハッシュ
嘗て魔王を倒した勇者。
勇者の名声で自分ばかり当てにする人々と、堕落していく自身に嫌気が刺し、俗世から離れて勇者の山で孤独に生きている。
ウラヌスに発破をかけられ、「人々を見返すために今一度勇者として戦う」としてパーティに加わる。
…実は病を患っており、残り短い命を魔王打倒の為に使ったことを後に明らかにし、
勇者の剣「ブライオン」をオルステッドに託して散る。

メンバーとしてはLVアップでの能力成長・技習得は一切無し。
その分高い能力・強力な技 *1 を持つ、言わばお助けキャラ。
強力な装備を持っているので、パーティから抜ける前にオルステッドの装備と交換しよう。


●その他の人物
ルクレチアの王女。テンプレ的な救出対象 じゃなかったビッチ
詳しくは該当項目参照。

  • 国王
ルクレチアの王。大会後の宴ではかなりはしゃいでたらしい。
過去に魔王にアリシアを宿した妃が攫われたことがあり、この時活躍したのがハッシュとウラヌス。

  • 汚い大臣
RPGのテンプレ的無能大臣。仮にも僧侶のウラヌスを汚いジジイ呼ばわりしたりする。
安易にハッシュを勇者呼ばわりするので彼からはかなり嫌われている模様。
スクエニ三大糞爺のNo.2

救助隊とか編成する気は無い模様。働けお前ら。
しかし、騒動後はオルステッド討伐のためかフィールド上で敵として出現するようになる。

  • 国民
完全にオルステッドやハッシュ頼り。
子供の台詞に 「大人ってズルイ!自分達は戦わないで勇者勇者って!」 という何気に核心を突いた台詞がある。

  • ファミリオ村の住人
子供がオルステッドの大ファン。

  • ワタナベ
武闘大会準決勝でワット・ナーベと言う人物がストレイボウと対峙する。 多分死んだ。
ちなみに最終編に登場するワタナベとは別人。


●魔王
20年程前に突如現れ、魔王山を創り上げる。
当時アリシアを身ごもっていた王妃を攫うが、勇者ハッシュに倒された。
……筈だったが、再び復活。
アリシアを攫う。






以下ネタバレ

魔王打倒に成功するも、ハッシュは「魔王ではない!」と断言。魔王の力はこんなものではないと。また、アリシアも行方知れずのまま。
そしてハッシュが吐血・死亡した直後、最終トラップとして突如地震が発生。
この時の落盤にストレイボウが巻き込まれてしまう。
何も出来なくなったオルステッドとウラヌスは已む無く下山。国王の下に行くことになる。
落胆する国王はそれでもオルステッド達を労い、休むように言う。

夜中、悪夢で目を覚ましたオルステッドはストレイボウらしき影を追うが、その先に居たのは国王の王座に鎮座する魔王。
即座に倒すオルステッドだったが、これは 幻術によって変えられた国王だった。










そして悲劇が始まる。





事が直後に大臣や兵達に露見。そして、兵の一人が声を上げる。
「勇者ハッシュもストレイボウも‥‥みな オルステッドが!」
飛び火したかの様に大臣や他の兵も 「ま‥‥魔王ッ!オルステッドは魔王だッ!」 と恐れだす。

そして、ルクレチアからオルステッドは追い出されるが、
完全に行く当ての無くなったオルステッドはルクレチアに戻り、投獄。明日処刑が決定する。

隣の牢には拷問で瀕死になったウラヌスがおり、「ハッシュが人間嫌いになるのも解る」と語る。
しかし、続けて 「ここで人を憎んでは負けじゃ。お前はまだ若い。自分達が守ってきたものを守り続けるのじゃ」 と言い、
魔法でオルステッドの牢の鍵を解いて力尽きる。

脱獄したオルステッドはハッシュが命を落とした場所、魔王山に再び向かう…。
魔王亡きの魔王山でオルステッドを迎える魔物達。そしてオルステッドを招く謎の声…。
その先にあるものは……。



  • 国王
前述通り、オルステッドによって殺害されてしまう。

  • ウラヌス
病を知らなかったとは言えハッシュの死を悔やんでおり、寝言で許しを請いている。
騒動で目が覚めるが、魔王の一味として捕らえられる。兵に歯向かおうとするオルステッドを諌め、逃げるように叫ぶ。
その後は拷問を受けることに…。

  • 物凄く汚い大臣
魔王呼ばわりしだしたのはコイツ。見事な命乞いまで晒す。
最終編の「心のダンジョン」でも言う事は大して変わっておらず、馬鹿は死んでも治らないらしい。アリシアもだが。
誰かこの爺をバイオベースかニルバーナ機関に連行しろ。

城下に 「オルステッドは魔王」 と知らせて回った。後、オルステッド討伐隊とエンカウントする。
こういう時だけ行動力あるなお前ら。

  • 国民
オルステッドを魔王呼ばわりし、怯えて出てこない。

  • ファミリオ村の住人
唯一子供だけがオルステッドが魔王だと信じていない。

  • モンスター
ヘキサフランジ~デストレイル習得くらいまで乱獲される。


●小ネタ
城の宝物庫及び魔王山の物品は取らないでおくと最終編で変化する。
源氏シリーズや能力・耐性補正の大きい装備に高性能な回復アイテム等が入手できる為、最終編に備えて取らない方が得。
中世編自体ドロップ品やなおり草・ヨシュアの実で十分クリアできるレベルデザインなので不都合も無い。
ウラヌスやハッシュの家は後に知のダンジョンの出入り口に変化する為、勇者の盾は取っても問題ない。




アニヲタの山に冥殿あり‥‥


エロスな心 絶対な力を持ち
邪悪な*となりて‥‥


すべてを受けるものなり。



アニヲタのwikiに引き篭もりあり‥‥


追記の心 修正の力を持ち
項目立て主となり‥‥

 *を貫かん‥‥


この項目が面白かったなら……\ポチッと/