お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!

登録日 :2010/02/02(火) 00:22:25
更新日 : 2016/10/03 Mon 13:14:37
所要時間 :約 6 分で読めます




『お兄ちゃん……』

『お兄ちゃん―――』

『奈緒ねっ……』

『お兄ちゃんが好きっ』

『やさしいお兄ちゃんが大好きっ……』

『たまにカッコイイお兄ちゃんが大好きっ』





『でも―――――』

『一番好きなのは―――――――』




『自分の妹に邪な感情を持ってる――』



『変態なお兄ちゃんっ―――』








「夢かっ……」

(本作品、冒頭より抜粋)





WEBコミックハイにて配信中の漫画。現在、双葉社から11巻まで出版されている。
こんなテンションの高い漫画を80話も続けられる物好きな作者の名は草野紅壱。
略称は『 兄好 (おにすき)』だが、専ら『 おちんこ 』と呼ばれている。 


◆あらすじ
エロスをこよなく愛す至って健全な思考を持つ、高校二年生の主人公・高梨修輔。
その気持ちを一つ年下の妹・奈緒に向けてしまい、
毎日を悶々と過ごしていたが、その気持ちを妹に感づかれ、変態扱いされてしまう。

しかし、むしろ邪な気持ちを持っているのは妹の方で……


◆登場人物
◇高梨奈緒
(CV:喜多村英梨)
「まさか、半年ぶりの検閲でこんなにH本増えてるなんてっ……しかもDVDがすっごい増えてる!


 妹モノ以外は全部処分対象ね」

ブラコンで、腹黒くて、若干ヤンデレで、計算高くて、貧乳で、どうしようもなく変態な、修輔の妹。高校一年生。
表向きには、兄のことを煙たがる年頃の女の子だが、その実、兄と禁断の一線を越える背徳的な恋愛を夢みる乙女。
中学生時代に兄が使っていた笛を吹き、「これっておねショタになるのかしら!?」などと思案するド変態。
最大の敵である彩葉の存在を、フラグイベント程度にしか思っていない。
兄がミスターXのペットになった時には異常に興奮していた。…寝取られ耐性あり?
頭に血がのぼったりすると語尾に「かな」がつく。
(キ、キ、キスまでしたなんて…それも2回。
私が大事にとっておいたのに……私、興奮と嫉妬でどうにかなっちゃいそう……これってやっぱり変なのかなっ?)


◇高梨修輔
(CV:豊永利行、五十嵐裕美(幼少期))
(おいっ! じ、自分の妹に何考えてるんだよっ!?)
主人公……もといヒロイン。 変態。
部屋に膨大な数のエロ本とエロDVDを隠し持っており、パソコンの中にもエロ画像を 20GB 分溜め込んでいる。1枚500キロバイトとしても4万枚…。
思考全てが変態。妹に欲情する変態。しかし彩葉との再会により、聖人となる。が、長くは続かなかった。
最近包茎手術をしようか悩んでいる。
「親にエロ本のことで詰問されたって、妹に露骨に避けられたって良いじゃないかっ。
 ボクには静留ちゃんという可愛い妹がいるんだからっ!!(エロゲ)」


◇土浦彩葉
(CV:井上麻里奈)
「何って……恋人同士で会うのに理由なんてないでしょっ!」(自分が恋人だと思っているだけ)
修輔の幼なじみだった高校一年生の女の子。転校に伴い、修輔と再会する。
修輔の恋人(自称)。
ヤンデレ、腹黒で、奈緒に勝る程の貧乳。
上記の二人を軽く凌駕する変態。
再会直後に強制ディープキス、修輔の生活を 望遠鏡 をつかって監視、プレゼントがコンドーム、等。
ただ、こうなってしまったのは修輔のせいだったり。
「薄い・強い・におわない・熱電導率が高いから肌のぬくもりが瞬時に伝わる驚異の0,02mm!!

 それを見る度に彩葉を思い出してねっ」


◇近藤繭佳
(CV:荒浪和沙)
「わ……わたしっ……私の…~~~~~っ……私のペットになってっ!!」
修輔のクラスメートでクラス委員。
黒髪ポニテ、黒ストパンチラ要因。一見真面目そうな子だが……。
「妹さん、お兄さんが深夜徘徊して、こんな素人投稿ハメ撮り写真誌を買ってる事を知ったら一体、どう思うかしら?」
漫画版34話の暴走は伝説、というかマジキチ


◇ミスターX
「てめえ、自分のエロ本と間違えて人が買った本を持ち帰ってんじゃねえっ! 殺すぞゴラ゛ッ!?」
腐女子。深夜、修輔とぶつかった際に、
修輔のエロ本とBL本がすり替わってしまい、BL本を修輔から取り戻そうとする。
「鷹也の熱くたぎったピー―を準一の冷たくしたたったピー―がピー―するはずだったのにっ!!」

関係ないが、MGS2にでるミスターXを連想したやつ表に出ろ。

正体は近藤繭佳。


◇高梨菜々香
(CV:大原さやか)
「年頃だからHなものに興味があるのは仕方ないとはいえこの歳から獣姦って特殊すぎよっ」

修輔と奈緒の母親。美人。
今作の数少ない常識人。むしろ、常識人はこの人くらい。
ちなみに、夫との初デートはポルノ映画。
「しゅ、修輔っ……あ、あんたは……あんたって子は……いつかこんな事するんじゃないかと思っていたよっ!」


◇高梨修司
(CV:荻原秀樹)
「この本はお前が読むには早過ぎだっ。――という訳で父さんが預かっておくっ!」
修輔と奈緒の父親。

息子のエロ本を 掠め取る あたり、修輔の性格はこの人の遺伝だろう。
「そっ、それじゃまるで僕がこのハレンチ極まりない本を欲しがっているみたいじゃないかっ!」


◇楠原尋乃(ひろりん)
(CV:白石涼子)
「こんな面白いこと見逃すつも「奈緒のこと心配じゃないのっ!?」

奈緒の友達。巨乳
他のキャラが濃すぎて特記することがこれしか無い。
「メロドラマみたいで私―――大っ興っ奮っ!!」


◇加藤春華(春ちゃん)
(CV:中村繪里子)
「ブラコンもここ迄くると近親恋愛の領域だわねっ」
奈緒の友達。隠れ巨乳。
比較的常識人だが、ストレスを溜め込むと語り出す(過去にツンデレについて二度語った)。
「やはり恋愛にはツンデレが必要だと確信したっ!!」 


◇AGE探検隊
All Genre Ero 探検隊。
メンバーは修輔を含めて4人。
AGE探検隊という呼称はアニメオリジナルで、原作での呼称はエロDVD探検隊、もしくはエロ本組合。
自分たちのエロ本やエロDVDを回し読みや回し見したりしており、みんなでお金を出し合って購入することもある模様。
なお、ガンダムとは関係ない。
主人公の中の人は一緒

メンバー

  • 岸川啓一郎
(CV:立花慎之介)
顔も言動も男前な隊長。
そういう趣味はないはずだがBL本などもなぜか持っている。
幼馴染はいないが幼馴染属性の持ち主。
修輔とフラグを立てており、実際にAまで済ませている。

  • 山代拓実
(CV:松本健太)
背が大きく、やや老けた顔をしている。
一人っ子だが義妹属性の持ち主。

  • 黒崎大吾
(CV:市来光弘)
背が比較的小さい。
人妻属性の持ち主。


以下ネタバレ










奈緒は義妹で、兄はそのことを知っていた。しかし、奈緒はそのことを知らず、兄との近親相姦が夢。
後に、奈緒にもそのことが発覚する。その際はかなり凹んでいた。
兄との背徳恋愛→親に見つかる→駆け落ち。のパターンから純愛路線に変更。
(兄とのキスも自然っ! 兄とのHも自然っ! 兄との結婚も自然っ!!)
「世の中素敵な事だらけだっ!!」と、立ち直る。


彩葉が変態ストーカーになったのは、子供の頃に修輔とした、お医者さんごっこと、その時にした約束のため。
「……じゃあ、いいよ…………ほんとにやくそくだよ? ちゃんとコイビトにしてね?」 



アニメの作画でキャラの肩やら膝やらに不自然な黒い線が入っているからって、
肩毛 とか 膝毛 とか言うなよ。
お兄ちゃんとの約束だぞ。





追記・修正なんてぜんぜんしなくていいんだからねっ!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/