加治木ゆみ

登録日 :2009/08/06(木) 20:19:58
更新日 : 2017/06/17 Sat 10:15:22
所要時間 :約 2 分で読めます





かじき ゆみ

咲-Saki-の登場人物


鶴賀学園3年生。
団体戦参加の為に各所からメンバーを集めてきた。
鶴賀学園自体は無名弱小校だが、団体戦の健闘や個人戦の成績から考えると相当な実力者であると言える。
部長ではないが部員達の信頼は厚い。

普段は冷静な性格であるが桃子を入部させたいがために下級生の教室に乗り込み「君がほしい!」と言うなど、積極的な一面もある。
ただしこの「ユミちん1年A組乱入事件」を持ち出すと、十中八九、頭をかかえる。素に戻ったらやっぱり恥ずかしいらしい

その貫禄や戦力から、解説の藤田靖子には部長だと思われていた。(部長は蒲原智美)

メンバー探しのために麻雀部のサーバーを用いたネット麻雀では、「かじゅ」というハンドルネームを用いていた。

県予選団体戦では大将。
福路美穂子と同じく相手の手配を読むのが得意だと思われる。

決勝ではの3連続嶺上開花を阻止したり、の力に脅威を感じ咲に差し込んだりしたが三位に終わった。


余談だが、かじゅは七対子が得意なようである。

作中七対子で和了る描写が多く、単行本八巻の七対子は色々と異常なので是非見られたし。



ならばいっそ戯れてみよう。その追記・修正とやらとーー!!

……って待て蒲原。お前は受験勉強してろ。でないと…ザマスぞ!!

「ザマス?!」


この項目が面白かったなら……\ポチッと/