卯月セピア

登録日 : 2009/09/02(水) 00:00:02
更新日 : 2016/10/29 Sat 14:44:43
所要時間 :約 2 分で読めます




車輪の国、向日葵の少女車輪の国、悠久の少年少女に登場するキャラクターの一人

CV.盛 啓介


賢一と同じ学園に通う男子生徒
転校してきた賢一とは共に読んでいたSF小説つながりですぐに仲良くなった

妖精と会話をしたり、突拍子の無いことを頻繁に言うなど、俗にいう電波な人のため、彼の性格をつかむのは賢一でも不可能
自称、詩人で童話作家と言っているが、実際は特に何か作品を書いていたりはしない

卯月セピアはペンネームで本名は磯野一郎太
キャラ紹介でも卯月セピアで表記されているが、実際にこの名前で呼ばれたことは一度もない

前髪が長く触ろうするとキレる

ここまで読めばただの残念な人だが、頭の回転が早く気が利くため賢一達がその時に最も必要な物をピンポイントで用意するするなど、この作品では欠かせないキャラである



彼の名言
「分かっている。たら、れば、は意味がな い」
「夏咲ちゃんは許したんだろ?さちさんもきっと許す。だからこそ僕はお前を許さないんだ。わかるよなこの理屈。」

以下ネタバレ












彼の両親は、七年前に内乱を起こした樋口三郎の協力者であったため殺されている
そのため彼は現在一人で暮らしている
彼自身も連座制で捕まり、酷い義務を負うはずだったが、自ら精神異常者のフリをすることで難を逃れた(彼曰く、コツがあるらしい)
前髪を伸ばしているのは捕まっている間に頭を怪我をして傷痕が残っているから




追記・編集はアニヲタの妖精さんたちに任せようか

この項目が面白かったなら……\ポチッと/