カプーショチーム(うえきの法則)

登録日 :2012/06/27(水) 18:05:56
更新日 : 2015/09/05 Sat 17:55:43
所要時間 :約 3 分で読めます




カプーショチームはうえきの法則の二次選考で登場したチームのであり、三次選考でも登場する。
ヒデヨシの神候補であるザックの指示でヒデヨシを仲間に引き入れるために彼の孤児院に出現、植木とヒデヨシに敗北する。


●チームメンバー
カプーショチームのリーダーで「自分の声を冷凍ガスに変える力」の能力者。
同じ意味の言葉を繰り返す喋り方をする。
レベル2は「赤い冷凍ガスを吐き、凍らせた物を自身の攻撃に対して脆くする」という強力なもので、神器攻撃を粉砕した。
ヒデヨシの他人の声でも似顔絵に変換できる能力に目をつけ、仲間に引き入れようと植木を圧倒するも、新たな神器である旅人に閉じ込められて自身が氷漬けになる。
植木とグラノの戦いを観戦したときは、チームリーダー同士のバトルのスケールにビビっていた。
ただし、カプーショ自身決して弱いわけでは無い。

  • ニコ(CV:松風雅也)
「髪をドリルに変える力」の能力者。
ナルシストな性格の優男。
ドリルはダイヤをも砕き、時速300キロという異常なスピード、及び無音で移動可能。
潜れば無敵に近いが、植木に地中に潜る前に倒される。
後述の罰にはショックを受けていた。

  • ウーゴ(CV:宮田幸季)
「ゴムボールを濃硫酸に変える力」の能力者。
「あれあれ?」が口癖。
かなりアブナイ能力を所持しており、ヒデヨシを捕まえようとするも、彼の能力に翻弄されて倒される。

「体を スーパーダイナミックエレガントボール に変える力」の能力者。
わかりやすく言えば巨大ビリヤード玉である。
何かと大袈裟な名前をつけるのが癖。
植木の百鬼夜行に突かれ、園庭を乱反射した後にニコの掘った穴に落下した。


●その後の活躍
三次選考ではマリリンチームに瞬殺され、彼女たちの強さを印象づける役割になる。
続く植木チーム戦ではアノンの妨害によって植木チームは試合に間に合わず、不戦勝を収める。
他にはバロウチームには敗北、グラノチームには勝利と2勝2敗と結果はまずまず。
実際、マリリンチームに負けた彼らを植木も「強かったはず」と評価した。


●余談
三次選考脱落時の罰は「結構早めにハゲる」。
これにはニコがショックを受けていたが、マリオにはあまり影響が無いであろう。
脱落したため、罰確定してしまった。


●協力者
  • ザック(CV:市川治)
ヒデヨシの神候補で元々彼の担当だったネロの後任。
ヤクザやカプーショチームとつるんでたいようの家を潰そうとしていた天界人。
かなり悪質な性格だが、カプーショチーム撃退後にヒデヨシにボコられた。





練りに練ってから追記・修正に追記・修正してやるよ。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/