天宮雫

登録日 :2011/04/11(月) 18:29:54
更新日 : 2017/09/16 Sat 20:57:41
所要時間 :約 3 分で読めます




「なんで?普通、兄って妹で童貞を捨てるものじゃないの?」


Alcotシトラスの18禁アダルトゲーム死神の接吻は別離の味』に登場する人物


CV:五行なずな
身長:162p
体重:45s
スリーサイズ:B81/W51/H79


主人公である天宮誠の妹。誠死ね

父方の連れ子、つまりは義妹。
口数少なめで落ち着きある風情の黒髪ロング少女。親の再婚当初は誠を兄として受け入れられず懐いていなかったが、現在はかなり兄に依存している。また、お尻が大きい。

その容姿は多分に男の目を惹くものの、本人はお兄ちゃんにしか興味がなく周りには男嫌いだと公言している。
人前では『兄』、誠の前では『お兄ちゃん』と『兄』で呼び分けている。
人前ではお兄ちゃんには辛辣な言葉を浴びせているものの、二人っきりになるとたまにデレる。所謂ツンデレ。お尻大きいけど。


両親不在なことが多いため、家事は何でもこなせる。
「お兄ちゃんはわたしがいないと何もできない」と言いつつも、当人は自分の生理用品等をお兄ちゃんに買わせている。だからお尻が大きい。

お兄ちゃん不在の部屋に侵入し、ベッドで昼寝をするなど、リアル妹がいるお兄ちゃんには信じられない妹。義妹だけど
お兄ちゃんがいる時でも兄のベッドを占領してえっちぃ女性誌を読んだり、大きいお尻で挑発めいたことをする。


以前はお兄ちゃんを毎朝起こしに来ていたが、朝に弱くなったのか、最近ではお兄ちゃんに起こされるまで部屋から出てこない。
ちなみに自分の部屋には兄妹ものの漫画を大量に隠し持っている。

お兄ちゃんのバイト先のビデオ屋で度々、ホラー映画ばかり借りていくが、お兄ちゃんと一緒にじゃなきゃ観れない。その度にお兄ちゃんの腕にすがりついている。
余談だが、お兄ちゃんと一緒に『妹陵辱~お兄ちゃん信じてたのに~』なるタイトルのお宝ビデオを鑑賞したこともある。誠死ね。



以下ネタバレ










ネタバレでも何でもないが、お兄ちゃんのことが大好きで、お兄ちゃんの彼女になりたがっている。そのため、お兄ちゃんに散々童貞だのと挑発して自分を襲わせようとしていた。
というのも、誠が既に死んでしまっている幼馴染み『日和』にいつまでも囚われているため、それを忘れさせようとしているからである。雫のあれこれ努力する姿はとても健気。

「なにかないの?髪の長い子がいいとか、胸が手にすっぽり収まるぐらいの子がいいとか……」←お兄ちゃんに好きな子がいるかどうか聞いたときの台詞。全部自分のこと。


えっちい女性誌ばかり読んでるからかエロの方面の知識は豊富だが、フェラが下手だったり、お兄ちゃんとえっちする度に失神してしまうなどアレな子。そしてお尻が大きい。
琥珀曰く「四つん這いにさせて、叩きたくなる」ほどお尻が大きく、本人もそれを気にしている。だがそれがいい!


夜に一緒に寝ても襲ってこないお兄ちゃんに不満があるのか、おはようのフェラを敢行したりする。
また彼女にとって、おはようとおはようのキスは同義らしい。


恐らく同作品の中で一番人気。まぁ、比較対象がクーデレ死神とマグロしかいないから仕様がない。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/