ギャラクシーエンジェル(アニメ)

登録日 :2009/07/03(金) 00:18:53
更新日 : 2016/09/20 Tue 01:02:58
所要時間 :約 4 分で読めます




本項では2001年から4期に渡って展開されたギャラクシーエンジェルのアニメ版について触れる。

萌えもシリアスもある本格スペースオペラとして企画されたギャラクシーエンジェル。
メディアミックス展開のためアニメが作られることになったが、獲得できた枠は「バラエティ番組内の1コーナーとして1話15分、放映期間は1クール」というものであった。
もともとは原作を忠実にアニメ化するつもりだったらしいが、この条件でそんなことをするのは不可能ということで、せめてキャラの名前だけでも覚えてもらい、開発が遅れつつあった原作ゲーム版の宣伝になれば…ということで大幅に内容の異なる作品として世に生まれた。
企画の発起人のひとりであった井上敏樹が、制作にあたり「俺が責任を取るからオマエら好きにしろ(意訳)」とスタッフ達を鼓舞したという逸話が残っている。

似たような経緯を持つ作品としては後年のミルキィホームズがあり、そのためミルキィホームズが放送開始された時は「ギャラクシーエンジェルの再来か」と話題になった。

このサイトでもエピソード項目が幾つも作られていることから分かるとおり、その唯一無二のハチャメチャな作風は熱烈なファンを獲得し、続編を望む声は今なお多いものの、企画の中心人物であった木谷社長は後年ブシロードを設立して独立してしまったため、もう続編が作られることはないだろう。

なお1期~4期に亘ってタイトルが変わっていないため(ただしロゴの色は奇数期と偶数期で違う)、2期以降の映像ソフトでは末尾に「Z」「A(AA)」「X」が付く。

あらすじ

「ギャラクシーエンジェル隊」は、トランスバール皇国近衛軍に属する特殊部隊である。
その任務は、古代文明が残した科学技術「ロストテクノロジー」の回収なのだが、実際にやってる事は、猫の捜索や誘拐事件の犯人捜し、VIPや超重要犯罪者の護送、アステロイドに放置されたゴミの処理や惑星に刺さった釘抜きなど「何でも屋」。
本来の業務もしているのだが、回収されたロストテクノロジー自体が「周囲の人間の魂を入れ替えた挙句に強制成仏させる墓石」「人間を幼児化させるういろう」など、果たしてこれらが文明の発展にどう寄与したのか疑問を抱かせるテクノロジーばかり。

さらにライバルの「ギャラクシーツインスター隊」に挑戦されたり、時空の歪みに引きずり込まれて着いた惑星で原始生活を始めたり、皇国にまつわる秘宝を巡って欲を張り合って隊員同士で乱闘をしたり、基地内に昆布の神が降臨したり等々……。



登場人物

ミルフィーユ・桜葉
CV:新谷良子
アニメ版ではアニメ開始後にエンジェル隊に入隊した新人隊員という設定で、蘭花と士官学校の同期ではない。
それもあってか、他の者を「~さん」付けで呼ぶ。年下や後輩が相手でも、だが。
好物はケーキ等の甘い物。
お菓子作りが得意。
持ち前の強運(凶運)で毎回騒動を起こすトラブルメイカー。
頭の花飾りで空も飛べる。
序盤は多少の常識もあったが回を増す毎に頭の中がスカスカに…。
演じた新谷良子は本作が実質的なデビュー作。受けようと思っていた別のオーディションがお流れになったため突然この作品をあてがわれたという、それこそミルフィーユ並の強運で役を掴んだ。
当初は棒読みだなんだと視聴者から散々ネタにされていたが次第に上達。独特の初々しいキャラクターを損なうことなく演技力のみが上達するという理想的な成長を果たした。
シャロの先輩。

蘭花・フランボワーズ
CV:田村ゆかり
良い男と金に目がない。
好物は辛い物。
頭の飾り(錘)は武器や飛行に電話や調味料容れにまで使え非常に多機能。
人情家な面もある為か、エンジェル隊の中では意外に常識人。
シリーズ通してのキャラ変更が一番少ない。
「蘭花」とはブロッコリーの中国読み。

ミント・ブラマンシュ
CV:沢城みゆき
着ぐるみに目がない。
好物はジャンクフード。
ウサ耳は原作とは違いテレパス能力のない只の付け耳だが代わりに飛行能力がある。後々何かしらの手段で飛行するキャラが続出するアニメ版のレギュラー陣で、初めて飛んだのも彼女(1期17話)。
序盤は策士キャラだったはずが回を増す毎に只の腹黒に…。
又、エンジェル隊5人の中で唯一、単独で主役を張るシリアス回が無い。2期3期や4期の主役回では災難にあってばかりである。
演じた沢城みゆきは現在でこそ演技力を高く評価されているが、当時は経験が浅かったため本作の開始時点では演技力はそれほどでもない。
しかし、驚異的な勢いで上達し、あっという間に他の共演者に負けない実力を身につけていったのは流石である。

フォルテ・シュトーレン
CV:山口真弓
エンジェル隊の中で最年長のリーダー的存在で、あらゆる銃火器に目がない。
好物はおでん。一方、ネズミが大嫌いで視界に入るだけでも取り乱すほど。
豊満なバストの持ち主でスタイルは非常に良いのだが、その男勝りな性格が災いしてかエンジェル隊の仲間たちからも視聴者からもほとんど女として見てもらえない(というか、その容姿と声質で男性だと勘違いしていた視聴者も多数)。
序盤は時折女性らしさを見せることもあったが、回を増す毎にどんどん男に…。
銃の達人だが、その腕前を披露するまでもなく腕っ節だけで何とかなってしまうことも少なくなかった。
彼女が真価を発揮するのは時折挟まれるシリアス回。ウォルコットやノーマッド等のアニメオリジナルキャラとの絡みも比較的多い。
ドラマCDではあの浦安の(ry

ヴァニラ・H
CV:かないみか
好物はニラ。
原作同様にナノマシンによる治療が可能。
序盤は典型的な無口キャラだったが回を増す毎に口数も増え不思議キャラに…。

★ノーマッド
CV:かないみか
ヴァニラが抱える毒舌ぬいぐるみ。ヴァニラにLOVE。
元々はミサイルのAIでロストテクノロジー。
1期3話でのみ使い捨てのオリジナルキャラクターの予定だったが、人気があったからか6話で再登場し、以後マスコット兼解説役兼ツッコミ役兼やられ役としてレギュラー化し、作品内で確固たる地位を築いた。
正式名称は…
MA347612890GT4078579132RS2400Z17924398TZRS2000自己判断型P35370077753ノーマッド
又は…
MA3476121890GT4078579132R74マルマルZ1723438TZR二千モジュラー誘導タイプ45293728391MQTOゴールドランチシステムGLS搭載自己判断型タイプダブル・オー・スリーセブン9316513628YGNKTI01200YMCA4126PPPKG453ノーマッド
…と無駄に長い。


☆ウォルコット・O・ヒューイ
CV:藤原啓治
エンジェル隊の隊長で階級は中佐。娘の様にも感じているエンジェル隊の起こすトラブルによる苦労が絶えないが、時にはノリノリでエンジェル隊と一緒に行動する事も。
趣味は少女漫画集め。
モデルはその名の通り、おヒョイさんこと藤村俊二。
ゲームでいうタクトのポジションに彼の様なキャラクターが据えられた理由は、エンジェル隊5人とは絶対恋愛に発展しなさそうだから。
髭は彼のポリシーであり絶対に馬鹿にしてはいけない。

☆メアリー少佐
CV:大原さやか
三期から登場のツインスター隊の隊長。
昔は「金色の吠える流星」の通り名で呼ばれ若くして少佐になったエリート軍人らしいが…現在はウォルコット同様にエンジェル隊や双子に振り回される苦労人2号。

★ココモ・ペイロー
CV:三瓶由布子
★マリブ・ペイロー
CV:サエキトモ
3期から登場の双子のツインスター隊。
作品のショタ要員。
二人とも基本的には優秀だが性格は年相応に子供っぽい。
3期48話で実は未来人という設定で話が進むのだが、その話以外ではそんな設定が出てこない為、詳細は不明。
ショタというか男キャラでありながら新キャラとして3期1話から登場した事で、一部視聴者にはあまり良く思われていない。が、4話以降でずっぱる事は無くなった事で準レギュラーとして収まる所にほどほど収まり、CMのアイキャッチでの「後半出てないよ」「僕達いらない子?」「後半出ずっぱり(出てない)」・・・と自虐に走った笑いで、彼らを愛する視聴者は多い。
4期では放送時間が深夜帯になり需要が少なくなった事と、後述のちとせがツインスター隊に所属した事で出番が更に減った&完全に双子セットで扱われている。
その分ちとせのキャラがキャラなので、結構良識的になっているが、18話ではちとせを縄でぐるぐる巻きにしたりもした。

突然の男(の子)キャラの追加という事で、よくココモとマリブはオリジナルキャラクターと認識されるも多いが、実はゲーム版設定のドラマCD「飛び込んだツインスター」が初出である。
余談になるが、このドラマCDには3期18話(崖回)で流れた挿入歌も収録されているが、最初のフレーズ以外歌詞が異なっている。

烏丸ちとせ
CV:後藤沙緒里
4期から登場で原作とは違いエンジェル隊ではなくツインスター隊の隊員。
ミドルネームは復讐。
自身の心臓を自在に止める事が出来る病気の達人。
エンジェル隊への逆恨みによる復讐に燃える。
アニメ版は原作とは正反対の性格でミルフィーユと同等に頭の中が空っぽの可哀想な娘に…。尚、第4期放送開始の数ヵ月前に発売されたドラマCDでは、ゲーム版に近いキャラでアニメ版のキャラクターと共演している。


用語(アニメ版)

●ロストテクノロジー
現在では既に失われた技術により作られた過去の遺物。
効果は様々だが明らかに用途不明な物が大半。

紋章機
ロストテクノロジーを元に作られたエンジェル隊が搭乗する超高性能の戦闘機。
…ただし戦闘よりも只の移動手段として使用される事の方が多い。

●ギャラクシーツインスター隊
エンジェル隊のライバルだったはずがいつの間にか準レギュラー以下の扱いに…。


余談

最初の1期はCSのみでの放送。現在のようなデジタル作画ではなくセル画による製作であった。
01年当時でもセル画が使われているアニメは既に珍しくなっていたが、これは製作を担当したスタジオが小規模だったため技術革新が遅れていたのが理由であったといわれている。
2期からデジタル作画に切り替わり地上波に進出。これを機に一気に知名度が高まった。
特に2期と3期は放送枠が日曜の朝であったため、大きいお兄さんだけではなく小中学生をもこちらの世界に引きずり込んだ。
ただし作品的に「かなりやらかした」(byミント)からか、4期は都落ち(by蘭花)して深夜放送に逆戻りしている。


追記・修正はばばんがBang!とお願いします。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/