上田信彦(ノブ)

登録日 :2010/10/29(金) 23:18:12
更新日 : 2015/10/16 Fri 22:41:40
所要時間 :約 5 分で読めます





  • 上田信彦
CV:吉田小南美(CDドラマ版)・岡村明美(旧アニメ版)・楠ひなた(新アニメ版)

上田信彦(うえだのぶひこ)は浜岡賢次の漫画作品「浦安鉄筋家族シリーズ」の登場人物の一人。
子供パートの主要登場人物の一人であり、フグオ共々、主人公・小鉄の連載開始当初からの最も古い友人でもある。
愛称は「ノブ」
初登場は「浦安」第2話。
小鉄達のまとめ役……? と紹介されていた。


【人物】
上記の様に小鉄とは最初から設定された友人同士であり、仲間内では小鉄と共にリーダーシップを取る立場にあった。
その後、仁やのり子が登場し、あかねが仲間に入るなど、メインキャラクターが変化して行く中で、
役割が現在の様なまとめ役→解説役→ツッコミ役と変化していった。
連載当初はオン・ザ・眉毛のキノコカットに、そばかすと云う特徴があり、性格も小鉄並の悪ガキだったのだが、
ポジションが変わると共に見た目も現在の「ノブ」となり、
以後、現在までキャラクターがやや悪い方向に傾いている以外は変化が無い。

尚、同じく最初期から登場しているフグオがキャラクターの変化を経ながらも存在感を一度も失っていないのに対し、
小鉄が絶対的なリーダーシップを取る様になった頃や、涙がレギュラー化する過程に於て、それぞれ出番を失った時期がある。
……作劇上、出す必要が無かったのだから仕方無いが、そんな不遇の時期を越えて、
現在のノブは空気的な仲間の輪の中の一人として場面に彩りを添えている。


【普通】
そのキャラクターの最大の特徴は「普通」である。
どれだけ普通と云うと、最近、作者が普通をテーマに主演(?)エピソードを作る位(しかもシリーズ化されている)に普通で、
以前はそれなりに特徴のある(……筈)キャラクターだったのが、
現在では普通という言葉に塗り込められてる位に普通なキャラクターとして扱われている。

  • 仲間内でただ一人塾に通っているにも関わらず、テストは常に「78点」

  • 自由に書いて良いと言われて書いた書写の文字が「未来」

……仲間との会話も、如何なる話題でも無難にこなし、悪戯や悪フザケもそこそここなす……と云う普通っぷりを発揮している。

元祖ではノブの塾でのエピソードも登場しているのだが、そこでも普通であり、
優等生4人組に遊びを指導した際には折角気分良くリーダーシップを取っていたのに成績の事を持ち出されて主導権を失い、
小鉄のマネをして遊びを指導した際には、小鉄らと遭遇し、
余りの恥ずかしさに逃げ出す(ただし、いつもの様に自転車のチェーンが外れていて逃げられず……)など、やはり普通が仇となってしまった。


【小不幸】
浦安1の不幸キャラと云えばあかねだが、ノブもそれには及ばない物の、やはり不幸キャラである。
生活レベルが中上流に位置し、小鉄らと違いマンション住まいで、
家には気持ちの良いソファやクーラーがある為かそれを求めた小鉄達による乱入、
混乱の中での破壊被害を繰り返し起こされている……。

……この事から新築のマンションに引っ越した際には、親しい仲間とは云え全力で逃げたり、
それぞれの性格を読み切った上での心理的な妨害工作を用いて、何とか自宅へ来るのを阻止しようとすると云う行動も見られる。

尤も、実際に破壊される描写があったのは浦安無印までなのだが、
それらの記憶は現在でもノブのトラウマとなっている様だ。

他、汲み取り式の便所に用を足した所で落ちたり、上記の様に自転車のチェーンがすぐに外れたり、
ジャンケンに弱いなど何気ないトラブルが多く、小不幸体質がすっかり染み付いている。

しかし、最近での大きな不幸と云えば、
「主演エピソードがそれなりの数があるにも関わらず目立たない」と云う事に尽きると思われる……。
不幸では無く不遇なら間違い無くNo.1である。


【交遊関係】
小鉄軍団の輪の中にだいたい絡むと云うのが正直な所で特に誰かとつるむ……と云う事は殆ど無いかと思われる。
涙と仲が良い描写があり、現在でも仲が良いが、涙は最近仁と二人で居る事が多い為、
より多人数が描写される時じゃ無いと描かれる事すら無い事がある。

女子にモテると云う設定があり、バレンタインには上級生からもチョコを貰う程だが普通が浸透している為か、
仲間やクラスの女子から特別な感情を抱かれた事は一度も無い。

以上の事から、子供パートの主要キャラクターの中ではやっぱり一番影が薄い。


※そんなノブだが、たまにテンションの高い時があり、上記の塾の仲間に遊びを指導する場面や、
仁の家の庭をガーデニングで飾り付けようとしたエピソードではノリノリで張り切っている描写もある。

……解説役として蘊蓄を述べている時もテンションは高いのだが、
真っ当な事を言い過ぎている為に印象に残らない事も……。

最新のノブネタでは周囲からの普通≠期待(?)する声と予想に悩み抜き、
書写に「普通」と書くと云う意外性を見せ、見事に漢を見せつけた。

前述の様にいつも同じ点(多少の前後はある)を取る為に、
あかねから同じ位の点数を取ったジャージ君(シャツ男?)の正体だとあらぬ疑いをかけられた。

あかねママ同様、ノブママも浦安無印はキャラクターが全く安定どころか、
定着すらしていなかったのだが元祖を於て、漸くショートカットの美人……と定められた。

……普通キャラの浸透により連載17年目にして動き出したと作者に漸く評価された。







追記、修正お願いします。



……俺に個性を期待すんなって。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/