機動刑事ジバン(登場キャラクター)

登録日 :2011/02/25(金) 10:56:16
更新日 : 2017/05/01 Mon 19:17:03
所要時間 :約 6 分で読めます






警視庁秘密捜査官警視正、機動刑事ジバン!






機動刑事ジバンとは、東映制作の特撮TV番組、
機動刑事ジバン』に登場するサイボーグであり、主人公・田村直人の真の姿である。


《概要》

『対バイオロン法』に則って様々な武器やメカを駆使し、
『犯罪組織バイオロン』と戦う警視庁の秘密捜査官であり、階級は警視正。
わからない人には『日本製ロボコップ』といえばわかりやすいかもしれない。

特に変身する場面は描写されず、壁や柱の陰から出てきたら『いつの間にか変身していた』というパターンが殆ど。
プロセスも不明だが、一度だけ爆炎の中で青い光に包まれて変身したことがある。



《誕生の経緯》

セントラルシティ署の刑事・田村直人は五十嵐健三博士とその孫・まゆみを拉致しようとしたウニノイドを命と引き換えに倒した。
博士は自身とまゆみを救ってくれた直人を救いたい一心で、重症を負っていたにもかかわらず、
元々は人道的見地から中止するつもりでいた対バイオロン用兵器製造計画『JIBAN PROJECT』のドナーとして直人にサイボーグ手術を施し、蘇生させた。

しかし博士は完成直後に力尽き、満足な調整を受けられなかった為、
ジバンはいつ機能停止に陥ってもしてもおかしくない状態であった。

だが目覚めた直人は、五十嵐博士をサポートしていた警視庁の高官・柳田誠一から全てを聞かされ、
持ち前の正義感でバイオロンと戦うことを決意するのだった……。



《その能力》


ジバンファイバー(別名:スーパーセラミック)で構成されたボディはバズーカ砲をも軽く弾く。

パンチ一発で厚さ30cm以上のコンクリート壁をぶち抜くパワーを持ち、
超重量に反して20mのジャンプ力とサラブレッドにも匹敵するスピードを誇る。

動力は電気エネルギーであり、長時間の戦闘には不向き。
実際、何度かエネルギー切れに陥ったこともあった。



《基本武装》


◇マクシミリアン TYPE-3

右腿に収納されている、3種類に変形する万能武器。

  • [マクシミリアンスティック]
マクシミリアンの基本形態である十手。
電流のディスクローズショックを放てる。

  • [マクシミリアンガン]
マクシミリアンの光線銃モード。
通常のビームの他、人間に化けたバイオロンの正体を暴くサーチバスターを発射する。

  • [マクシミリアンソード]
マクシミリアンが変形した剣。
エネルギーを集めて光輝く、いわゆる「レーザーブレード」的武器である。


◇電子手帳

腹部に収納してあるジバンの警察手帳。主に名乗りの際に掲げる。
また、10キーを操作して専用マシンやダイダロスを呼び出すことも出来る。


◇マルチワーカー

右腕に装備されたドリル。
暗器として威力を発揮し、
大型針のニードリルと光線のハイパービームを発射出来る。
パーフェクトジバンに強化改造された際に取り外された。


◇グリップガン

左腕に内蔵されたワイヤー付きの手錠。劇中未使用。
パーフェクトジバンに強化改造された際に取り外された。


◇高機動システムウェポン ダイダロス

第12話から登場する新装備。
生前の五十嵐博士が設計して警視庁科学研究所が密かに完成させた。
普段はレゾンのトランクに格納され、電子手帳で呼び出されるとジバンの元に飛んでくる。
背中に装着して自在に空を飛べるようになる飛行ユニットモードと、
必殺の2連装ビーム砲モード・ダイダロスボンバードに変形する。



【パーフェクトジバン】


34話でクイーンコスモと強化されたマッドガルボ、そしてサイノイドによって完全に破壊されて、
機能停止に陥ったジバンが、35話で秘密基地の隠されたコンピューターにより、
修復・改造され、新たな3つの新兵器を得て強化復活された姿。
挿入歌でワンマンアーミーと言われるだけあってかなり強い。


外形的な変化は無いが、この強化によってジバンの能力は装甲なども含めて、
従来の50%ものパワーアップを遂げ、強化マッドガルボの攻撃も通じなくなった。

これまでの装備も大方使用可能で、一度だけダイダロスも装備したフル装備状態になったことがある。


ちなみに、本編に登場しなかったが『ストロングジバン』というパーフェクトジバンの強化案も存在する。

軽く説明すると後番組である『特警ウインスペクター』に登場したファイヤーのマックスキャリバーとギガストリーマー、ウォルターのディスライダーを装備した形態。

レゾン、バイカン、スパイラスもサポートロイドに改造される予定もあり、その設定画は後にファイヤー、バイクル、ウォルターとして起用されている。



《パーフェクトジバンの新装備》


新たに装備された新兵器。
ジバンの元へは自動で転送されてくる。

◇オートデリンガー

ジバン最強の大型火器。
高速で弾丸を撃ち出す「サブマシンガンモード」と必殺の一撃を放つ「ファイナルキャノンモード」の2つの機能がある。
サブマシンガンモードでも敵のアジト一つを完全に破壊したりと、凄まじいパワーを誇る。


◇ニードリッカー

ジバンの右腕に装着される大型ドリル。ドリル部分は射出が可能。
一度はジバンを打ちのめしたサイノイドの角を容易く破壊する程の威力がある。


◇パワーブレーカー

左腕に装着されるシールド。
収納されたパワーハンドを展開して相手を捕縛し、締め上げたり投げ飛ばしたりも出来る。



《必殺技》


◇ラストシューティング

マクシミリアンガンの全エネルギーを発射する。


◇ジバンエンド

発光させたマクシミリアンソードで敵をすれ違いざまに一閃、
振り向いざまに止めの縦斬りを決める技。ジバンがマクシミリアンで最も多用した必殺技である。
バリエーションに、ジャンプして降下しながら剣を振り下ろす「ジバンハーケンクラッシュ」
ダイダロスで飛行しながら斬る「ジバンフライングクラッシュ」がある。


◇ダイダロスファイヤー

ダイダロスボンバードから発射される必殺光線。
その威力は一撃でビルのワンフロアを吹き飛ばす程。


◇オートデリンガー・ファイナルキャノンモード

オートデリンガーにチャージしたエネルギーを最大出力で放つジバン最強の必殺技。
ダイダロスファイヤーの30倍もの破壊力がある。
まさに一撃必殺、切り札であり奥の手である。


《メカニック》

派手な電飾が特徴の、ジバンの使用するマシン。
電子手帳で呼び出すことも出来る。
全てのマシンに第6世代のコンピューターが搭載されていて自律行動はもちろん会話もこなせる。

・レゾン

オールパーパス全方位探知レーダーを備えた専用パトカー。
レーザーレールガン、ミサイル、催涙ガス弾を備えているが、その装備は『防御』を重点に装備されている。
マッドガルボ達にジバンが倒された時には緊急避難装置でジバンを回収して退却した。
パーフェクトジバン登場後は車体にオートデリンガーを設置出来るようになった。
ベース車はGMの三代目ポンティアック・ファイヤーバード・トランザム(中期型)。


・バイカン

時速510kmの専用バイク。
小回りが利くので状況によってレゾンと使い分けられる。
レゾンとは対称に『攻撃』に重点を置いた装備がなされている。
ノーズ部分にバルーガ砲という武器を備えている。


・スパイラス

マッハ0.5、ステルス機能を備えたVTOL戦闘機。武器はレーザーバルカン。
主に空を飛べるバイオノイドに対して使用される。






追記・修正は電子手帳を掲げ、『対バイオロン法』を掲げながらお願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/