百万超邪 クロスファイア

登録日 :2013/07/09 (火) 17:55:28
更新日 : 2016/10/24 Mon 23:36:11
所要時間 :約 ? 分で読めます





百万超邪(ミリオネア) クロスファイア P  火文明  (7)
クリーチャー:アウトレイジ 7000+
G・ゼロ-自分の墓地にクリーチャーが6体以上あり、自分の《百万超邪 クロスファイア》がバトルゾーンになければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
パワーアタッカー+1000000(攻撃中、このクリーチャーのパワーは+1000000される)
W・ブレイカー

百万超邪(ミリオネア) クロスファイア とは、デュエル・マスターズのカードである
初出はDMD-09「1stデッキ アウトレイジ・ダッシュ」

アウトレイジとはデュエル・マスターズエピソード3で初登場した種族で、ヤクザやマフィアのような黒いスーツに身を包み、自分の身体の一部を武器化することができるという設定上の特徴がある。ちなみにアウトレイジとその敵対種族オラクルはイラストでの人型クリーチャーの目出しが解禁されており、他のTCGで見られるようなイケメンなカードも増えている

このカードの大きな特徴として、初見では誤印刷を疑われてもおかしくない、 パワーアタッカー+1000000(百万) という驚異的なパワーが挙げられる
攻撃時のパワー1007000はパワー∞を除けば現在のあらゆるTCGの中でもトップクラスの数値を誇り、実質バトルに関しては無敵とも言える
勝利条件とクリーチャーのパワーが直結していないデュエル・マスターズだからこそ可能とも言える数値設定である


しかし、このカードの真の強さはその奇襲能力の高さにある

墓地に6体のクリーチャーを溜めるというのは一見するとなかなか難しそうに見えるが、デュエマには自分から墓地を肥やすカードが大量に存在するためそれほど苦ではないし、それらを全く入れていないデッキでも、クリーチャーを大量に展開して攻めるビートダウンデッキであれば、だいたい相手のシールドを割り切る辺りでそれまでに殴り返しや除去で倒されたクリーチャーの数が6体以上いるのはよくあることである

そしてスピードアタッカーの大きな特徴として バウンス(手札に戻す)除去に強いこと が挙げられるため、最近流行の除去である 《ドンドン吸い込むナウ》《アクア・サーファー》 などがそれほど意味をなさないという利点がある

G・ゼロの条件として自分のクロスファイアがバトルゾーンにいないことがあるので複数のクロスファイアをG・ゼロで展開するということはできないが、コスト7というのは普通にデュエルしていれば召喚できるコストであるためそれほど問題にはならない

結果としてクロスファイアは 「デュエル中にクリーチャーが6体以上墓地に溜まるデッキ」であれば投入を検討できるカード になっており、火の入っていないデッキにタッチで差しても活躍が期待できる強カードとなっている

弱点は墓地肥やしメタであり、 《サイバー・N・ワールド》《お清めトラップ》 などで墓地のクリーチャーをデッキに戻されると厳しくなる

以下、クロスファイアと相性のいいカード

《埋葬の守護者ドルル・フィン》
《白骨の守護者ホネンビー》
それぞれ墓地を肥やすことができる闇のガーディアン
ドルル・フィンは逆スレイヤーを持つ3マナ6000のブロッカーで、破壊されたときに山札の上から5枚を墓地に落とせる
ホネンビーは4マナ3000のブロッカーで、登場時に山札の上から3枚を墓地に送り、墓地のクリーチャーを1体回収できる
ドルル・フィンは速攻相手にクロスファイアを間に合わせるときには非常に心強いカードであり、ホネンビーは墓地肥やし以外に墓地に落ちたクロスファイアを回収する役割も持てる。ただし、ホネンビーの墓地回収は強制効果である

《戦略のD・ Hアツト》
《エマージェンシー・タイフーン》
《スクランブル・タイフーン》
全て手札交換を行えるカードであり、エマージェンシーは2枚引いて1枚、アツトは2枚引いて2枚、スクランブルは5枚引いて3枚捨てる
それぞれアツトは多色であるが2マナパワー2000のクリーチャー、エマージェンシーは2マナトリガー呪文、スクランブルは5マナ大型手札交換と違った利点があるため、自分の戦略に応じて調整すればいい

《禍々しき取引(トランス・サクション) パルサー》
《新世界(ニューワールド) シューマッハ》

エピソード3で登場した火のアウトレイジ
バトルゾーンに出したときにカードを引くことができる
ドロー前に持っている手札を全て捨てる必要があるが、これまで火にはまともなドローソースがほとんどなかったため注目されている
パルサーはエナジーライトと同じ2ドローを持ちながら3マナ2000とクゥリャンと同等のパワーを持ち、シューマッハは6マナ6000で「お互いの手札を全て捨て、その後お互いにカードを5枚まで引いてもよい」という効果のため「火のN」と呼ばれることもある

《不死帝(デッド・オア・アライブ) ブルース》
エピソード3第2章「デッド&ビート」で登場した闇のアウトレイジ
コイツがいると自分の墓地からアウトレイジとデスパペット(非進化)を召喚することが可能になり、さらに自身も墓地から召喚可能というこれまでにない能力を持つ(最強横綱?うっ、エイリアンにやられた傷が・・・)
G・ゼロは召喚であるためブルースがいれば墓地から直接クロスファイアを投げられるようになる
殺しても殺しても即復活し襲い掛かってくる様はまさに脅威

漫画、アニメ共にエピソード3における勝太の切り札の1枚であり、アニメでは1話からフィニッシャーとして第一級の活躍を見せるが、9話で敵のボス格に敗れた際にカードごと消滅させられてしまった。漫画ではとくに封印されることもなく健在であるが最近は影が薄い

後に、背景で何があったかは定かではないが(アニメでは上記のとおり)、エグザイル・クリーチャーとして復活した 《暴剣王邪(クロスファイア) ハリケーン》 、さらにG・ゼロの条件が「自分のターンにカードを6枚以上引く」に変更された新たなクロスファイア、 《天災超邪(ビリオネア)  クロスファイア 2nd》 が登場した。
なお、ビリオネアとは十億長者の意味であるが「パワーアタッカー+1,000,000,000(十億)」はついていない

追記・修正は墓地にクリーチャーを6体以上溜めてからお願いします


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

  • 背景ストーリー漫画についての記述もあっていいと思う。 -- 名無しさん (2013-10-03 03:10:49)
  • 漫画だとBロマに八つ裂きにされたぞ -- 名無しさん (2013-10-21 13:01:09)
  • 現実ではトップメタの一角、墓地ソースの最強アタッカー。GTなんかより断然強い。 -- 名無しさん (2014-03-07 18:50:36)
  • 最近デュエマ初めてこいつを切り札に据えているけど本当に使いやすい。イラストも格好いいし、使いやすいし、強いし良いカードだ -- 名無しさん (2014-03-22 19:14:44)
  • 墓地ソースではブルースの支援を受けると、墓地からついでのように出てくる。コストなしで出せることが多いからGuy –Rの軽減支援にも。 -- 名無しさん (2014-03-22 20:19:50)
  • クロスファイア→ヒラメキ→ブルース→クロスファイア→GTは定石 -- 名無しさん (2014-03-26 09:00:08)
  • ラウドパークや神計画で墓地を肥やすOMGとも地味に相性良い。G0だから火を入れずコイツを2~3枚タッチするだけでも、リンクすることで不足しがちな手数を補強してくれる -- 名無しさん (2014-04-11 12:48:11)
  • チャンプブロックに弱い -- 名無しさん (2014-12-31 00:12:29)
  • 墓地ソはGT殿堂くらいなら痛くも痒くもないがこいつが規制くらうのは相当辛い -- 名無しさん (2015-02-12 04:09:17)
  • 馬鹿な!あんなパワーは間違いだ!スカウターの故障だ! -- 名無しさん (2015-12-07 14:05:24)
  • サイキックだったら億万超邪になってたんだろうか? -- 名無しさん (2015-12-07 17:14:43)
  • 無限超邪 クロスファイアも登場。ただ少々使いにくいかな。 -- 名無しさん (2016-10-24 23:18:28)
名前:
コメント: