ロビンマスク

登録日 :2011/04/10(日) 03:27:43
更新日 : 2017/09/27 Wed 00:03:41
所要時間 :約 7 分で読めます





子供の頃
わたしはラグビーの選手になることを夢見ていた

わたしの名は、 ロビンマスク

少年時代、すでにわたしは
名門学院チームのフィフティーンの一員になっていた

しかし、わたしは
正義を守らなければならない
超人だったのだ…


Robin Mask

CV.郷里大輔(初代/II世)、池水通洋(王位争奪戦)、井上美紀(同左・少年時代)
所属:正義超人
出身地:イギリス
年齢:26歳(第20回超人オリンピック時)
身長:217cm
体重:155kg
超人強度:95万(96万の記述もある)

テーマソング
虹色の騎士 (歌:荒川務)

【戦歴】
対ギロチン・キング○
対ウルドラマン○
対カナディアンマン○
対テリーマン○
対キン肉マン●
対キン肉マン△(無効試合)
対アトランティス●
対ジャンクマン○
対ヘル・ミッショネルズ●(タッグ戦)
対鬼哭愚連隊○(タッグ戦)
対世界五大厄●(タッグ戦)
対キン肉マン・マリポーサ○
対パルテノン○(タッグ戦)
対マンモスマン○(タッグ戦)
対ネメシス●


【概要】
キン肉マン』に登場する読者公募にて誕生した正義超人。
西洋甲冑のような仮面と鎧を身にまとったビジュアルと作中の活躍から全超人の中でも息子共々人気がトップクラスなことでも有名。
正義超人の中では年長の方で頭もキレるので参謀的なポジションにつくことが多い。
その割には作中で時折訳の分からない理論や行動を起こすことが多々あり、ファンからは 「仮面の奇行子」 と言われてしまうことも…。

普段は冷静なファイトを信条とするが実は熱くなり易い性格で怒った時などは荒々しいファイトを展開する。
一族の決まりで常に仮面を外さず素顔を晒すことは基本的には無いが素顔はブロンドヘアーのイケメン。

父親はロビンナイト。祖父はロビン・グランデ。
本編初登場時には既に結婚していたらしく、後に息子ケビンマスクを授かるがロビンはウォーズマン同様息子にスパルタ教育を施したため、息子はグレて悪行超人軍に入団してしまった。


ちなみに原作では白人系の肌に白銀の鎧を着たデザインだがアニメ版では肌も鎧も青色(正確には素肌に青いタイツのようなものを着込んでおり、鎧を脱ぐと普通の肌色の体になる)に変更されており、メインキャラの中でも印象の変化が激しい存在である。


【ロンドンの若大将】

由緒正しき超人王家に生まれたロビンマスク。若い頃のロビンは本編のように冷静な性格ではなく熱血漢といったような感じであり、大学在籍時代はラグビー部に所属していたが卒業と同時に超人レスリング界に入ることを決める。

しかし恋人アリサの父親が超人レスラーという職種を認めなかったため、祖父の奨めもありロビンはアリサのために超人レスラーの道を諦め銀行員として働くことを決意する。

しかし第19回超人オリンピックのイギリス予選で友人を殺害した悪行超人ギロチン・キングが決勝まで進んでしまったことを知ったロビンは急遽超人レスリング界に復帰し、ギロチン・キングを倒して超人オリンピックのイギリス代表に選ばれ超人オリンピック本戦でも見事優勝する。



【超人オリンピック】

1979年11月13日に行われた第20回超人オリンピックにも優勝候補最右翼として出場したロビンだったが自身の技に溺れてキン肉マンの火事場のクソ力の前に敗北する。
ここから彼のやさぐれ期が始まった。

ちなみに、この大会のイギリス予選でネプチューンマンの正体「喧嘩男(ケンカマン)」と出会っており、 「決勝戦でキン肉マンに負けたのは彼に言われた一言が気になっていたからだ」 と超人タッグ編の際に非常に苦しい言い訳をしていた。

ところで、この時の調整にゴルフ場でランニングするというよくわからんことをしている。曰く「ロビンマスクに日本の土地は狭すぎる(トレーナー談)」とのことだが、同じ島国の英国人が何を言っているのだろうか。



話を戻すが、超人オリンピック決勝戦に敗退したロビンは試合前にキン肉マンと交わした約束「敗者は国外追放」を受け入れることにするが、勝者のキン肉マンの計らいで彼が世界サーキットに出ている間、キン肉ハウスを使わせもらえることになった。だが、ロビンはキン肉マンの好意に甘えず、超人レスリング界を引退。アフリカでアリサと共に動物管理係を始めたロビンであったが、やはり超人レスリングの事が忘れられなかった。
妻を置いて流浪の旅に出て、アメリカでキン肉マンと再会すると再戦を申し込む。

試合の行方は一進一退で結果がわからないものだったが、ロビンは超人同盟の策略によってグランドキャニオンの峡谷に転落し、二度とリングに立てない体となってしまう。
(新シリーズの回想シーンでは「二度と」→「当面は」に改められている) 


打倒キン肉マンの夢を絶たれた彼は、他の者の手を借りてでもその本懐を果たすために「バラクーダ」と姿と名を変え世界中を駆け巡り、遂にソ連でロビンをも上回る才能を持つ超人ウォーズマンを見つけ出し、そのセコンドとして自身の格闘技テクニックの全てを伝授した。

バラクーダ時代のロビンはやさぐれているどころでは済まされず、まさしくキチガイそのもの。
例えば訳ありの死刑囚相手に手心を加えたウォーズマンを問い詰めたり、素顔を見られたら死ななければならないキン肉族の掟を知った途端に覆面剥ぎデスマッチを提案したり、ビビンバがウォーズマンにクリーンファイトをさせるためにベアークローを外すように懇願した時は 「は…はかったな!!このアマ!!」 と英国紳士にあるまじき小物臭い発言をしたりと暴言を挙げればきりがないロビンの黒歴史である。
とどめとばかりに、超人オリンピックが終わった巻のコミックスで 「チッ あのウォーズマンのうすのろ野郎 これで奴との師弟関係もご破算 この次はオレ自身がキン肉マンをたおしてやる!!」 など、とてつもなく酷いコメントをしている。
ちなみにバラクーダへの変身方法は至って簡単であり、マスクを脱ぎ モップを頭にかぶる だけ。



【悪魔超人との戦い】

疲労で倒れたスグルの代わりに7人の悪魔超人の一人、アトランティスと不忍池で戦う。あれ?あんた二度とリングに立てない体じゃ(ry
それ以前に前シリーズの汚いバラクーダはどこに(ry

終始有利な試合運びをしていたロビンであったがミートのボディを池に捨てられ技を解除、救出に向かったところを攻撃され仮面を剥ぎ取られて敗北してしまう。これ以降、水中戦は苦手な設定が生まれ不忍池戦はロビンの敗北フラグとなってしまった。


黄金のマスク編では悪魔6騎士の一人ジャンクマンと戦い苦戦するも、全身の鎧をキャストオフ(脱いだだけ)し軽量化して敵を翻弄しつつ新技の《逆タワーブリッジ》を喰らわせ見事逆転勝利。



【宇宙超人タッグトーナメント】

ウォーズマンと超人師弟コンビを組むが初戦の相手が完璧超人のトップコンビだったので……。あの扱いはあんまりだ。
まぁ、正体暴きに自ら両腕を破壊させたり端から見て勝つ気があったのかは怪しいが……。

敗退後は、「モンゴルマン救出に向かうキン肉マンに自分の鎧を貸す」
「ヘル・ミッショネルズの挑発で、キン肉マンの治療を待たず、戦おうとしたグレート(テリー)を制する」
「ネプチューンマンに喧嘩男時代の優しさを思い出させることで改心のきっかけの1つを作る」と、良きサポートを見せるのだが、
奪われたマスクの代わりに着けたのが、 怪しげな目出し帽 だったのはいただけない。
そのうえ胸に『ROBIN』と書かれたパーカーを着て下半身はいつもの鎧パンツという不審者スタイル。
もう少し、マシな代用マスクはなかったのか…。


【キン肉星王位争奪戦】

マリポーサチーム戦の途中でスグルチームに加入。
序盤でスグルが力尽きたため大将として迎えられ、超人強度が 1億パワー もあるマリポーサを倒してしまう。キン肉族以外で運命の王子を倒したのはロビンただ一人だけ……これも人気の為せる業か。

2回戦のゼブラチーム戦の時はスグルとタッグを組み副将のパルテノン(超人強度 1500万 )を倒す。

決勝戦のフェニックスチーム戦では 超人強度7800万パワー を誇るマンモスマンと対峙したロビンだったが、マンモスマン自身が使うものの10倍の威力があるアイス・ロック・ジャイロからタワーブリッジ、そしてロープワーク・タワーブリッジへと繋ぐ3段攻撃で巨漢マンモスマンを沈める…… 超人強度ってまったくあてにならないな。

人々がこのロビンマスクのとった行動を心に刻みつけてくれれば、それでわたしは本望なんだ―――っ!!


キン肉マンⅡ世
新世代超人の訓練施設《ヘラクレス・ファクトリー》の校長に就任。
歳をとったためかかつての父と同じくマスクに髭のような飾りを付けている。
息子・ケビンとは家出以降直接顔を合わせることは皆無。
しかしウォーズマンの働きで最終的にケビンの中のわだかまりはほとんど取り除かれたため本編後親子関係を修復することは充分に可能と思われる。

ちなみにキン肉マンジェネレーションズでロビンとケビンを対戦させるとリング中央で無言のまま睨みあうという険悪な雰囲気の演出が見れる。


【究極の超人タッグ編】
息子ケビンマスクを救うため、テリーマンの息子のテリー・ザ・キッドとタッグ『ジ・アドレナリンズ』を結成。
1回戦では『鬼哭愚連隊』ケビンマスクの身体が消え掛かるトラブルやそれを見て動揺したアリサの容態が悪化するなどのトラブルもあり苦戦。
しかし、ケビンの輸血によってアリサの容態は回復、試合の方も最終的にツープラトン「アドレナリン・ブリッジ」で勝利を収める。
2回戦で本命の『 世界五大厄(ファイブ・ディザスターズ) 』と対決するが、闘った場所がアトランティス戦のトラウマの残る不忍池だったことや、ケビンのクリアボディを人質にされたこともあり敗れる。


【完璧・無量大数軍編】
他の正義超人達と共に 完璧・無量大数軍(パーフェクト・ラージナンバーズ) と激突。
しかし対戦相手がリーダー格のネメシス。各必殺技を出して善戦するも圧倒的な実力を持つネメシスに完全敗北を喫し、亡骸も鳥取砂丘に消えた。

だが試合中、完璧超人に驕り高ぶっていたがために敗北し、プライドを守ろうとすがり続けていたかつての自分を重ね(ロビン曰く「やさぐれてしまった」)、より純粋に闘おうという姿勢を見せ、ネメシスにも中々の評価を受けた。
そして、ネメシスに伝えようとした友情パワーは、後に「許されざる世界樹(アンフォーギブン・ユグドラシル)」で行われた試合にてラーメンマンがロビンに代わり発芽させた。

その後ロビン本人は魂だけとなっても、ウォーズマンやキン肉マンの試合中にエールを送ったりしている。


全ての因縁に決着がついた後、ロビンの最終的な生死(キン肉マンのフェイスフラッシュ等で何事もなく生き返るのかどうか)について読者の間で予想が割れていたのだが、
この次のシリーズ開始で蓋を開けてみれば、 まさかの完全な死亡扱いであった。
とは言え、超人墓場が崩壊したことによって死亡超人の蘇りが消滅したこと、その墓場で他者の命を恣意的に操っていた超人閻魔らの方針に反発する空気があったこと、
何よりフェイスフラッシュ自体が言ってしまえば極端なご都合主義の塊であったことから、新シリーズの作風を鑑みても蘇生はしないのでは…とみる声もある。


【得意技】

◆タワーブリッジ
ロビンマスクのフェイバリットホールド。名前の由来はイギリスにある同名の橋から。
タワーブリッジには様々な派生形態があり、黄金のマスク編では自身の落下する勢いを加えながらマットに相手をぶつける逆タワーブリッジ、キン肉星王位争奪戦ではロープワーク・タワーブリッジを見せた。
無量大数軍編ではさらに腕を交差させることで締め上げる力を強めた強化版タワーブリッジ・ネイキッドを見せた。ちなみにこの技、人体工学的には絶対不可能なのだが「絵で魅せて」いる。


◆ロビンマスク 死のコース
ペンデュラムバックブリーカーから頭突きへと派生する二段技。ロビンの頭の先は尖っているので凶器攻撃も同然である。


◆ロビン・スペシャル
ロビンマスクの必殺技。
ロビンがビッグ・ザ・武道を相手に初披露した時は空中に相手を放り投げ、そこにパイルドライバーを掛けつつ落下するという手加減をした形だった。
本来の形を最初に使ったのはその時のもう一人の対戦相手ネプチューンマンである。
ラーメンマンの九龍城落地と掛け合いになったらどうなるか気になるところである。


◆ユニコーンヘッド
ロビン家家宝の《アノアロの杖》を額に装着した時のみ発動可能な頭突き攻撃。


◆ファイヤータービン
《アノアロの杖》を装着した時のみ発動可能。
自身を回転させることで炎の渦を作り出し、その渦に相手を飲み込ませ上昇させる。もはや技というより特殊能力である。


イギリス代表チームのメンバーに選ばれた日

わたしは、自ら姿を消し、そして、このマスクを被った

正義を守り通すことは難しい

しかし、これこそ男の仕事

今ではもちろん、超人の道を選んだことを

誇りに思っている…


スグル「頑張れロビン!もしお前が追記・修正してくれたら牛丼の大盛りをおごるぜ――!!」


ロビン「玉子とみそ汁もつけてな」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/