恋愛ラボ

登録日 :2011/06/09(木) 20:27:20
更新日 : 2016/10/16 Sun 17:41:55
所要時間 :約 6 分で読めます




まんがタイムスペシャルで連載中の宮原るりの4コマ漫画
作品名は「ラブラボ」と読む。
現在11巻とファンブックを刊行中であり、ドラマCDも発売された。

さらに2013年7~9月までアニメ版が全13話放送。
(監督:太田雅彦、シリーズ構成:あおしまたかし、アニメ制作:動画工房……と、『ゆるゆり』とほぼ同じスタッフが制作)された。


◆あらすじ


寄り道禁止・派手な髪留め禁止、
そして男女交際禁止等校則が厳しいことで有名なお嬢様校「私立藤崎女子中学校」に通う倉橋莉子。
ある日リコは2年生にして生徒会長の超優等生、
真木夏緒が ※抱き枕と キスしている所を目撃してしまう。
そして何故か真木の恋愛の特訓を手伝いすることになり……。


◆登場人物


CVはドラマCD/アニメの順。
()内は作中での愛称。

■藤崎女子中学校 生徒会執行部

倉橋莉子(リコ)
CV.釘宮理恵/沼倉愛美
2年生。
意地っ張りで見栄っ張りで負けず嫌いな生徒会長補佐。
運動神経は抜群だが、勉強のほうは残念。非常に男前な性格。
生徒から ワイルドの君 と陰で呼ばれ慕われているが本人は酷く不本意な様子。
容赦ないキレのあるツッコミが持ち味。

真木夏緒(マキ)
CV.堀江由衣/赤崎千夏
2年生。
容姿端麗で成績優秀、品行方正。
先生の信頼も厚く生徒からは「 藤姫様 」と呼ばれ慕われている超有能な生徒会長。
…のはずだが…

棚橋鈴音(スズ)
CV.新谷良子/水瀬いのり
1年生。
おかっぱ眼鏡で前髪ぱっつんな天然ぽっちゃりドジっ娘生徒会書記。
なのだが、生徒会には全く姿を見せていなかった。
非常に恥ずかしがり屋で人前に出ると緊張からパニック状態になってしまう。
ちなみにハリセン作りの名人で作品を生徒会の面子によく渡している。

榎本結子(エノ)
CV.広橋涼/佐倉綾音
3年生。
元生徒会長。現在は副会長を務めている。
マキとはちょっとした因縁がある。

水嶋沙依理(サヨ)
CV.渡辺明乃/大地葉
3年生。
フレームがやたら太い眼鏡をしたお金大好き生徒会会計。
エノの親友で大抵無表情。
生徒会メンバーをからかって楽しんでいる。


■夏原南中学校

池澤雅臣(ヤン)
CV.なし/松岡禎丞
通称・ヤン。リコの通う学習塾「いりきみ塾」の首席塾生。
中学受験時のリコに勉強を教えていた。近くの公立校に通う男子。イヤミな性格で言葉にかなりトゲがある。
マキのいろいろな初めてを奪っていった外道。 同時に 男子陣の夢を一瞬にして砕き去る鬼畜。
その独特なあだ名の変遷は作者の知人の実体験が由来。

凪野智史(ナギ)
CV.なし/水島大宙
リコの幼なじみでリトルサッカークラブ時代の元チームメイト。ヤンの同級生。
かつてはリコが好きで告白していたらしい(リコ自身は覚えてないが)
子どもの頃は女の子以上に可愛い容姿だった。

戸田悠(ハル)
CV.なし(アニメ未登場)
南中生徒会長。3年生。
バスで気分を悪くしたエノに気付き、“本当のことを言うと彼女が恥ずかしがる”と踏んで「僕ウンコしたいんです!!」と叫んで一緒に下車した。
その経緯からエノに「運命の人」と思われている。
会長だが仕事に関してはポンコツ。しかし気遣いのできる優しい性格で人望は厚く、ヤンからは「無能な人格者」と評されている。


■藤女 新聞同好会

南桃香(モモ)
CV.秋奈
3年生。
ぽっちゃり体型でスズと同じくくりにされる。いつも笑顔を絶やさないが腹黒い。
サヨとは小学校の同級生だが、互いに同じ班になったことがあるくらいの面識。

市川奈々(ナナ)
CV.日高里菜
2年生。
褐色肌に短髪のボーイッシュ。しかしその見た目に反して運動神経は悪く、スズと同レベルのモタモタっぷり。
同好会を「部」に昇格させることを目論んでおり、かつて同好会に格下げしたサヨを宿敵としている(しかし当のサヨはナナのことすら覚えていなかった)。
生徒会メンバーが男子生徒と一緒にいる場面に遭遇することが多く、そのスクープ写真が原因で大問題に発展したことも。

桐山美花(ミカ)
CV.諏訪彩花
2年生。
リコが生徒会入りする前からの親友。リコ同様お嬢様学校らしくないサバサバした性格。リコがモテないことも知っている。
親の意向で「藤女では部活動をすること」と言われていたため、楽そうな新聞部に入部。同好会に降格になって一度退部したが後に裏新聞を製作するにあたって復帰した。


■メインキャラの家族たち

倉橋蓮太郎(レン)
CV.寺崎裕香
リコの弟で小学校6年生。
姉と違って小学生ながらモテる。
自宅に訪ねてきたマキに一目ぼれし、機会を見つけては接近しようとしているが、何かとスズとフラグが立っている。

倉橋由美子
CV.亀井芳子
リコの母親。
男勝りなリコに手を焼いており、藤女入学で変わってくれることを期待している。
ナギの家族と付き合いがあり、リコが知らないナギのメアドも知っていた。

真木正信
CV.楠大典
マキの父親。下着メーカー「トゥルーツリー社(True Tree)」社長。
寝ても覚めてもランジェリー

真木夏帆
CV.福原綾香
マキの姉。藤女高校2年生。
幼稚園から藤女一本だったのに妹と違い恋愛への認識が普通。そのため父親から疑問を持たれている。
マキの部屋にあった「恋愛研究ノート」をのぞき見したことで妹を心配している。
彼氏の存在について作者は「さぁどうでしょう」とコメントしている。

エノの兄
CV.杉田智和
本名は不明。エノより10歳年上。
定職に就かずネトゲにハマるダメ兄貴。
しかしエノからは「兄様」と呼ばれ慕われており、無職なことも「兄様は自分探しの途中」とポジティブに受け止めている。
幼少期はエノをいじめていたが、本人いわく 「自分は俺様ドS系がカッコイイと思っていた。でも俺は本来はMなんだよな、優しくするっていうか下僕になる勢いで!」 とのこと。


■みそララからのゲスト出演者

棚橋裕也
Cv.内山昂輝
スズの兄。妹バカ。性癖が色々おかしい。

牧野紘佳/棚橋紘佳
CV.早見沙織
スズの姉。妹バカ。本編時点で既婚者。
アニメでは回想での登場だったので学生服。

麦田美苑、米原梨絵
みそララメインキャラ。こちらにはモブで登場。


■その他

山崎佑(ユウ)
CV.村瀬歩
サヨの彼氏。彼女が公立小学校に転校した際に出会う。
掃除で雑巾がけの途中、誤って彼女のスカートに突っ込んでしまい、「慰謝料として、クラス替えまでおやつを自分に渡すこと」との契約書を書かされた。
この出来事からサヨに惹かれ、何度もフラれつつも最終的に彼女が根負けする形で交際開始。
しかし 交際半年でデートもなく、というかこれ以来全く会ってもいなかった という謎の関係に。ただしこの間もパソコンのメールで交流自体はあった。
サヨいわく「生粋のM」。


■余談

同作者の作品である『僕らはみんな河合荘』に登場する河合住子と篠原タエは藤女の卒業生であり、同校100周年記念式典の来賓として出席している。


尚、五人にニックネームを付けた三人娘は表紙裏に出演している。





追記・修正はランジェリーを着けながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/