キミキス

登録日 :2009/05/30(土) 22:41:16
更新日 : 2015/12/17 Thu 10:39:59
所要時間 :約 3 分で読めます





キス……。
でしか伝わらない思い……。



「キミキス」は、「キス」をテーマにした恋愛シミュレーションゲームとして、
2006年にエンターブレインから発売されたPS2用ソフト。

現在に至るまで、ドラマCDやWEBラジオ、コミカライズといった、
マルチメディアで展開されている人気コンテンツです。

2009年2月時点で売上累計は通常版6万本、廉価版5万本となっている。



~~

高校2年の夏休みが終わった。何もない夏休みだった……。

今日から新学期。高校生活もこれであと残り半分。

このまま、出会いも何もなく終わってしまうんだろうか?


……僕は、まだキスをしたことがない。

恋も……したことがない……。
憧れている子はいるけど、ろくに話もできない。


「このままじゃダメだ、もっと積極的になろう!!」


待っているだけじゃ、きっと恋は始まらない。

ヶ月ちょっと先の学園祭を好きな女の子と一緒に周ることができたら……。


1年の時から同じクラスなのに話しかけられなかった憧れの女の子……。

姉弟のように育ったのに、疎遠になってしまった年上の幼なじみ。


勇気を出せば、きっと想いが通じるはず……。

~~



本作は、夏休み明けから約1カ月後の学園祭までの間、
変態紳士が繰り広げる恋愛模様を描いたゲームである。


一般的なギャルゲーと異なり、ランダムエンカウントでヒロインと接触、
かつマッチング会話(後述)を成功させないとフラグを立てられないため、難易度は若干高め。

ただし、条件さえ揃えば、
生徒が沢山いる教室や食堂であってもお構い無しにキスが出来たり、
相手がスク水や体操着を着ていても簡単に抱きしめられたりするなど素敵な仕様となっている。




~主な登場人物~

CV:水島大宙(ドラマCD版)
本作の主人公。のぞき魔! 変態! でも紳士。
分裂なんかしません。










  • 柊明良
CV:福山潤
主人公の親友で、彼の良き相談相手。
OTBの部長。


~マッチング会話について~

「キミキス」の肝となるシステム。
エンカウントしたヒロインの話したい話題を当てるというもの。

プレイヤーは話したい話題を予測して、手持ちの話題アイテムから話題を選択する。

ヒロインの話題は5個しか表示されないため、
前回当たった話題が今回も当たるとは限らず、好きな話題はレベルアップと共に変化する。

1回のマッチング会話で、最大5回まで会話が可能。

話題が一致した場合は大概好感度ゲージとテンションゲージが上昇し、
ゲージが高い状態でアタック(告白)すると、親密イベントまたは下校デートが発生する。

序盤は人が多い箇所でアタックすると失敗しやすいので注意。



~エビコレ+ キミキスについて~

所謂廉価版で価格は3990円。

ユーザーの声を参考に、マッチング会話の操作性を向上、バッグログの追加等、
新規ユーザーは勿論のこと、既存ユーザーにも嬉しい仕様となっている。


当時数量特典ではあったが、「ちょっとまとめ劇場」と呼ばれる
ファンディスクも付録されたため、大変な人気を博した。



アマガミ」もよろしくね!



この項目が面白かったなら……\ポチッと/