マスタークラウン(星のカービィ)

登録日 :2012/02/12(日) 23:37:50
更新日 : 2017/05/26 Fri 06:41:57
所要時間 :約 4 分で読めます






要注意!この項目には、
星のカービィWiiのネタバレ&考察を含んでいるヨォ!










マスタークラウンとは、『星のカービィWii』に登場したアイテム。
某FEに同名のものがあるが、それとは無関係なのであしからず。

ハルカンドラに伝わる伝説の秘宝。
黄金でできた冠の形をしており、中央には蒼い宝石が付いている。
一見は綺麗な王冠に見えるが、実は無限の力を秘めているという危険な代物である。
そのため、守護神であるランディアの手によって守られていた。

ことの始まりは、マホロアがマスタークラウンを手に入れようと考えたことから。
まずマホロアは古代ハルカンドラ人の遺産である天かける船ローアをデンジャラスディナーで発掘し、改造してランディアに攻撃を仕掛けた。
しかし返り討ちに遭ってしまい、ポップスターへ逃亡。不時着の際にローアが故障したことで、偶然出会ったカービィ達にパーツを集めさせた。

カービィ達の活躍でパーツは集まり、ローアも航行できるようになったためハルカンドラへ帰還。そこをランディアに襲撃されてまたも不時着する。
ランディアにしては、マホロアが再びマスタークラウンを奪いに来たと思った上での行動だったから、道理と言えよう。
二度も同じ手は通用しないと考えたマホロアは、連れてきたカービィ達を利用してランディア退治を依頼する。


マホロアの目論見は見事成功し、何も知らないカービィ達はランディアを倒す。
ランディアの頭からマスタークラウンが転げ落ちたことで、遂にマホロアはそれを手にする。
マスタークラウンを頭に乗せた瞬間、マホロアの姿は禍々しいものへと変貌。
マスタークラウンの形状もランディアが被っていたときのような神々しい姿から変化し、目玉のような装飾が付き宝石も紫色に変色している。
無限の力を手に入れたマホロアは、宇宙征服の手始めとしてポップスター侵攻を宣言、異空間ロードへ逃げ込む。

だが全ての真相を知り、ランディアの協力を得たカービィ達がその後を追ってきた。
マホロアは闇に染まったローアを召喚するも撃墜され、今度は自らが挑むことになる。
マスタークラウンの力で得た様々な魔法でカービィ達を苦しめるも、スーパー能力を得たカービィのウルトラソードの滅多切りによって敗北する。

その時、マスタークラウンの力が暴走。
マホロアは力に飲み込まれて異形の怪物へと成り果て、被っていたマスタークラウンも原型をとどめていないものと化す。
(エキストラモードでは「マホロアソウル」という名称になっており、うんと禍々しいカラーリングになっている)

自我すら失くし、クラウンそのものと化したマホロアの魂は憎悪と執念のままにカービィ達に襲い掛かる。
死闘の末、マホロアはカービィ達に再び敗北。マスタークラウンは砕け散り、マホロアも元の姿に戻り、
成仏したかのように消えていった。

……ように見えたが、異空間ロードに吸い込まれただけで普通に生き延びていたことが判明した。



その後の作品では、異次元のランディアがマスタークラウンの力に飲まれたアナザーランディアが登場している。




以下、考察


最終決戦での第2形態(及びマホロアソウル)時、 大きな紅い目玉 が口の中に存在している。
これは、歴代のシリーズに登場したダークマター族と同じ特徴である。
このことから、 「マスタークラウン自体がダークマター族なのでは?」 という説が有力とされている。
となると、マホロアもかつてのデデデ大王同様、ダークマターに身体を乗っ取られたことになる。

しかし、アナザーランディアには目は出現していないため、マホロアがもともと持っていた素質とも考えられる。


当初はデデデと違ってマホロアは自我を保っていたが、カービィ達に敗れたことで更なる力を求めたと思われる。
だが、マスタークラウンの力を上手く扱いきれずに暴走させてしまい、結果的には力に飲まれてしまった。

このことから、マホロアもダークマター一族に翻弄されたということになる。


因みにエクストラモードでマホロアの口からこれまでのシリーズに登場した夢の泉やギャラクティック・ノヴァも古代ハルカンドラ人が創り出したものであるという事実が明かされる。

彼等の創り出した物が毎回事件の火種になっているのはどういう因果なんだろうか?

現在の荒廃したハルカンドラの様子からして、彼等も力に溺れて滅びたのかもしれない…。





クックク…
コレでボクは コノ項目の…

いや!
全Wikiの 支配者とナルのダ!

そう、まずハ
手ハジメにキミらのWiki…

アニヲタWikiから 追記・修正してアゲルヨォ!


この項目が面白かったなら……\ポチッと/