夢の泉(星のカービィ)

登録日 :2012/02/12(日) 21:16:50
更新日 : 2016/07/18 Mon 12:56:06
所要時間 :約 3 分で読めます




星のカービィシリーズに登場する地名。
初登場は『夢の泉の物語』。

オーロラが見える氷の極地・レインボーリゾートに存在する泉。
プププランドに住む全ての生き物達の夢と希望が集まり、眠りに就いた生き物に楽しい夢と安らぎを与えるという。
泉の中央には力の源であるスターロッドが刺さっており、そこから泉の力が増幅する。

ある時を境に、プププランドの全住民達が眠っていても夢を見れなくなってしまった。
何故そうなったかというと、デデデ大王が泉で水浴びをするためにスターロッドを盗んでしまったからだという。
カービィは住民達の夢を取り戻すため、冒険の旅に出ることになる。




以下、ネタバレ







プププランドの住民達が夢を見れなくなった少し前…夢の泉に邪悪な影が飛来した。
その名はナイトメア。夢の泉の流れに乗って、住民達に悪夢を見せようとしていたのである。
その危機をいち早く知ったデデデは、ナイトメアを封じるためにスターロッドを泉から抜き、7つに分けた。
1つは自分の元に、残り6つは各地のボス達に(その中にメタナイトも含まれる)
全ては、デデデが一国の大王としてプププランドを守るために取った行動だったのだ。

一方、そんな事情を知らないカービィは順調にスターロッドを集めていき、泉を守っていたデデデをも倒してしまう。
デデデの制止を振り切ってカービィがスターロッドを夢の泉に戻した瞬間、遂にナイトメアが復活。
そこでデデデはカービィにスターロッドを託し、ナイトメアの元へ送り出す。

そしてカービィがナイトメアを倒したことで、プププランドに本当の平和が訪れる。
夢の泉とプププランドは、デデデの協力によって守られたのだ。
プププランドに帰還する途中、カービィはスターロッドを投げて夢の泉に戻す。
泉は力を取り戻し、祝福するかのように星屑を噴き上げた…。

EDのラストも、夢の泉の風景で飾っている。「おしまい」と書かれた看板と、能力アイコンの「ばいばい」が印象的。
ただ、おしまいの看板がで左から右に読む 縦書き なので某動画サイトでは「 おましい 」と読まれた。感動返せ。



[他作品での扱い]

◇『星のカービィ スーパーデラックス』(ウルトラスーパーデラックス)
「銀河にねがいを」のオープニングに登場。
カービィ達は夢の泉から、太陽と月の大ゲンカを見守っていた。
冒険する惑星にも同じく、夢の泉があることも判明。

◇『大乱闘スマッシュブラザーズDX
ステージとして登場。幻想的な風景が特徴的で、デザインは『夢の泉デラックス』以降の作品にも引き継がれた。
ステージ全体に水が流れており、足場は狭い。3つある段差は噴水で高さが上下変化し、止まる運動を繰り返している。
BGMはグルメレースのアレンジだが、壮大なオーケストラで演奏されており 「神アレンジ」 と高評価。
このBGMはリメイク作品である『夢の泉デラックス』のデデデ大王戦でも使われている。
フィギュアにもなっている。

◇『星のカービィWii
マホロアが古代ハルカンドラの住人が夢の泉を作ったことを示唆する発言をする。


追記修正をお願いします。
この項目が面白かったなら……\ポチッと/