ハリー・オード

登録日 :2012/02/16(木) 23:45:02
更新日 : 2016/10/09 Sun 00:58:23
所要時間 :約 4 分で読めます





その代わり愛するという愛では


それは乏しいでしょう





∀ガンダム』の登場人物。


◆人物
赤いサングラス銀髪のマッシュルームカット という凡人には到底真似出来ないオサレなファッションが特徴のムーンレィス。
ディアナ・ソレルの親衛隊隊長で階級は中尉。後に昇進し大尉になる。
以前はギンガナム艦隊に所属していた(つまり正規軍の軍人だった)が、艦隊の風紀の悪さに嫌気が差して、民兵のディアナ・カウンターに転属した。

性格は 冷静 。だが、ディアナの事となると見境がなくなり、周りからは「ディアナの飼い犬」と呼ばれることも。
それだけディアナに絶対の忠誠を誓っており、またディアナもハリーに対し信頼を寄せている。

搭乗する機体はスモーゴールドタイプ(ゴールドスモー
実は離婚歴があり、機体には別れた妻の「アマンダ」という名前を付けている。


◆作中の活躍
ディアナの親衛隊隊長として地球帰還作戦に参加する。
好戦的なフィル・アッカマンコレン・ナンダーとは対照的に、無駄な戦いは避けていた。

地球人とムーンレィスの親睦を深める為に行ったパーティーでは、 可憐な少女 でありながらモビルスーツに乗るローラ・ローラに出会い、一目置く。
その後、ローラが男と知った時は
ハリー「(女装は)趣味かっ!?」ロラン「任務ですよぉ!」と掛け合いを披露した。


遊び心で入れ替わったディアナとキエル・ハイムに作中で唯一気が付く。
ハリー曰わく、ディアナとキエルでは匂いと「悲しみの量」が違うらしい。
また、しばらく一緒に行動を共にしたことで、キエルから好意を寄せられる。



ディアナの無事を確認する為、変装してミリシャに潜入を試みるが、他のムーンレィス同様 ファッションセンスが奇抜 で、その際に着用した衣服から 子とファンやスタッフからも呼ばれるようになった。

ディアナがミドガルドと共に月へ帰還し、それを追う為に一時的にミリシャと行動する。
その際、キエルから想いを告げられる。が、「自分はディアナの親衛隊である」と拒否し、更に「ディアナの身代わりになって欲しい」と告げる。
そして、「(身代わりになる代わりに)愛するという愛では乏しい」と話し、口付けを交わした。

月へ戻り、黒歴史の真実を知った後はスエッソン・ステロ率いるマヒロー部隊と交戦。
周りに被害を及ばさない為に、単騎で数機のマヒローを相手に、機体を爆破させず機能を停止させるという神業を披露した。
このことから、ことMS操縦の腕前に関しては作中でも随一とされており、作中においても「親衛隊長に攻撃して生きて帰った者はいない」と伝えられている。

その後はギム・ギンガナムを追って再び地球に戻る。
他の親衛隊と共にチームワークを活かしてギンガナムと交戦するが、ターンXの圧倒的な力の前に敗北した。


この際に発した「 ユニヴァース! 」という謎のセリフは、視聴者に大きなインパクトを与えた。実はムーンレィスが感情が高ぶった時に叫ぶ言葉…らしい。
また、パロディ作品でもよく使われるセリフである。




戦いが終わった後は、ディアナに扮したキエルと共に月に戻り、彼女の親衛隊として過ごしている。


【余談】
∀ガンダムの打ち上げの際に、声優の稲田徹氏はハリーのコスプレをしたのだが、仲間内から大ブーイングを受けたと語っている。(これは稲田氏の体格が非常に良かった為)
しかしそれでも構わずハリーで通したと言う裏話が存在する(スパロボOGラジオうますぎWAVEより)


【名(迷)言集】

「地球の雨とは温かいものだな」

「パイロットがローラ・ローラでないのが残念ではあるが…後顧の憂いとなるべきものは絶っておかねばな」

「あらゆる物を利用させて頂く!」

「趣味かっ!?」

「お前はもっといい男を知るべきだ。そうすればもっといい女になる」

「スカートを履いたままで私と戦えると思うな!」

「ミドガルドオォォ!ミラアァァン!ディアナ様を一瞬たりとも痛め泣かせるような事があったら!我魂魄百万回生まれ変わっても怨み晴らすからなあぁぁぁ!」

「ロラァァァン! 助けをぉォォ!

「ディアナの法の裁きは受けて戴く!」

「その代わり愛するという愛では、それは乏しいでしょう」

「ギム・ギンガナム!刺し違えてその命貰い受ける!」

ユニヴァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァス!!


チームワークでぇっ!追記・修正するっ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/