スレッグ・スレーチャー(ガンダム00)

登録日 :2012/10/08(月) 12:05:42
更新日 : 2017/03/07 Tue 06:48:34
所要時間 :約 6 分で読めます




予測不可能な事態に対応しろ! 口じゃなくて……態度でな!





ドラマCD『機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー』の登場人物。

CV:糸博
性別:男
誕生日:?
年齢:?
身長:?
体重:?
所属:ユニオン
階級:少佐

搭乗機



本編で多大な存在感を示したグラハム・エーカーの上官。彼曰く「 空を教えてくれた 」男であり、「 クール 」且つ「 聡明 」な男。
ドラマCDのみの登場で容姿が不明ではあるものの、糸博氏のダンディズム溢れる渋いボイスは老練のエースパイロットの風格がダダ漏れであり、非常にカッコいい。

その腕前は本編より1年前の時点で広く知れ渡っており、航空戦術飛行隊勤続30年、総飛行時間8000時間を超える「 生きる伝説 」「 不動のトップガン 」等と呼ばれていた。
ビリー・カタギリから見てもその技量は驚嘆に値するようで、並のパイロットでは追随すらままならないとか。

グラハムとの模擬戦戦績も残されており、フラッグがまだ存在せず、グラハムが若かったとはいえ 46戦中46勝 と圧倒的である。
もし本編でフラッグに乗って現れていたならば、ソレスタルビーイングを再三に渡って苦しめていたことだろう。

スレーチャーには娘が1人おり、スレーチャーは当時部下であったグラハムを 自分の娘と結婚させようと画策していた 事が言及された。
親馬鹿の自覚を口にしながら「 美人だし、器量もある 」と愚痴気味に宣ったが、肝心のグラハムが空に夢中だった為にこの縁談は成立しなかったようだ。
因みに、娘さん本人は乗り気だったようで、グラハムに「袖にされた」と泣いていたらしい。
親子関係は非常に良好である。

……ドラマCDでは良好であるが故の悲劇が描かれるのだが。



【始まり】

ドラマCD2『ユニオンフラッグ』の舞台、ユニオン軍の次期主力機を決める最終試験に於いてグラハムとフラッグに立ちはだかる存在として登場する。
ユニオンフラッグの対抗馬であるユニオンブラストを製造したベル・ファクトリー社が

「やべぇお……フラッグの方がうちのブラストより性能が上だお……このままじゃ負けるお」→ 「だったらパイロットを最強にすればいいんだお!」

という如何にもアメリカ的な発想から、病気に因りMSを降りていたスレーチャーにオファーが入ったらしい。
因みに、ユニオンブラストは巡航形態の空戦能力こそフラッグより高かったものの、それ以外の性能は軒並みフラッグ以下。
変形もリアルド同様換装と、スレーチャー自身ですらその性能には懐疑的だったようだ。

以下ネタバレ含む












【実情】

それでもスレーチャーはテストパイロットを引き受けた。
グラハム曰く「 聡明なあなたがそんな事をするわけがない! 」とのこと。
つまりスレーチャー本人もグラハム同様、元々権威や利益に動かされるような人物ではない事が伺える。
訝しんだグラハムの予想通り、これには裏があった。
スレーチャーの娘の夫が事業失敗により多額の借金を負い、それを知ったベル・ファクトリー社から多額の報奨を打診されていたのだ。
これは本来服務規定違反であり、通報すればそれで片が付く話だったのだが、グラハムは敢えて恩師と空で決着をつける事を望み、黙認する。
恐ろしいのは、スレーチャーはその事実を敢えて明言せずにグラハムを呼び出し、違和感を持たせて自分からその内情を調べさせるよう仕向けた点にある。


因みに調べたのはハワード・メイスンの諜報部の知り合いである。


知らない仲ではない娘の窮地や、それに対しグラハムが少なからず動揺するだろうという云わば心理戦を仕掛けたのだ。
これにはグラハムも「 姑息な人だ、あなたは… 」と口にするが、


“戦術”だよ。相手の隙を突いて動揺を誘う。基本中の基本だ。


とスレーチャーは鼻で笑った。
自分 の為ではなく、誇りを捨ててまで 家族 の為に空を飛ぼうとするスレーチャーを、グラハムは「 理解しかねます 」と言う。
そんなグラハムにスレーチャーは


お前とは分かり合えそうにねえなぁ……。


と寂しげに呟く。

そして、次期主力機を決める最後の模擬戦が開始されたのだった。



以下、結末のネタバレあり


















闘いは終始スレーチャーの操るブラストが優位に進めていた。
空戦能力で勝るブラストとスレーチャーの技量により、ドッグファイトではグラハムの駆るフラッグを圧していたのだ。
しかし、ここぞとばかりに発動した「 グラハム・スペシャル 」により形勢は一気に逆転した。

ところが不利を察知したスレーチャーはブラストでフラッグに特攻(ビリー曰く「 カミカゼ・アタック 」)。
間一髪のところで主翼をソニックブレイドで切り裂き難を逃れるものの、ブラストはそのまま墜落、スレーチャーは帰らぬ人となってしまった。
これがジョシュア・エドワーズに本編で語られた「 上官殺し 」の悪名の原因である。

レイフ・エイフマンとビリーはそれぞれ


少佐は…何故あのような愚かな行動に出たというのだ?次期主力機の選定とはいえ、たかが模擬選で特攻などと……!



翼を失ったとはいえ、何故少佐は墜落を…!?機体を立て直す時間はあった筈です……!


とその死を不審がった。そしてグラハムはその死に対し



スレーチャー少佐は、全てを手に入れたのだ……。

家族への愛を、自らの誇りを、そして…この空を……!


と表し、その死を悼んだ。



【結末】

スレーチャーは自身に多額の保険金をかけ、もし自分が勝てなくともその金で家族が助かるよう仕向けていた。
つまり、 わざと墜落して死んだ という事になる。
グラハムの前述の台詞はそれを予測し理解した上のものであり、



姑息な人だ…。家族を守る為と言いながら、そんな理由で戦う自分を自ら律し、

更には空戦で私に黒星をつけさせないまま…逝ってしまった……。

全て独り占めだ…。リベンジの機会すらありはしない……!


と嘆いた。

グラハムは行かなかった葬儀の場で、ビリーはスレーチャーの娘から、生前から彼は「 俺の跡を継ぐのはあの若造しかいない。グラハム・エーカーしかいない 」と度々口にしていた事を知らされたと告げる。
恐らく、劇中の姑息な手段や特攻も、グラハムに負い目を持たせない為の行為だったのだろう。

グラハムはその言葉に再び


本当に姑息な人だ……。


と呟き、


これでは、恨む事すら出来ん……。


と涙を飲んだ。

ベルファクトリー社「…………」←結果、何百億ドルという開発費が散りました。


なお、スレーチャーはグラハムの事をよく「 若造 」と呼んでいた。
グラハム・エーカーという人物を若造呼ばわり出来るのは、恐らく後にも先にもスレーチャー少佐くらいであろう。



【台詞集】




【余談】

スレーチャー少佐のパーソナルマークは「 漆黒 の一角獣(チェスのナイト?) 」である。
当時のグラハムのパーソナルマークは「 両翼を携えた剣 」が描かれているのだが、本編では「 右翼と一角獣の頭 」に変わっている。
スレーチャーの真意を知り、後継者としてユニオンのトップガンとなったグラハムの決意の表れとも取れるだろう。

奇しくも『劇場版 ガンダム00』でグラハムが散った時の階級はスレッグ・スレーチャーと同じ少佐であった。
誰かの為に空を飛ぶ事を否定した男は、最期に人類の未来の為、「 未来への水先案内人 」として散ったのだった。

因みに、同作でグラハムは「 全機、フルブラスト!! 」という台詞を口にしているが、これにはスレーチャーを始め、これまでの彼の10年が込められているという。


NGワード:男色家 ガンダム ブシドー 仮面



予測不可能な事態に対応しろ!口じゃなくて…追記・修正でな!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/