オルガ・ゼーマン

登録日 :2012/10/22(月) 20:08:03
更新日 : 2016/07/15 Fri 12:36:01
所要時間 :約 2 分で読めます




円環少女の登場人物

《聖痕大系》の高位魔導師、《茨姫》の二つ名を持つ
宗教の教えの実践を理由に魔導師公館の専任係官をやっている。
ぱっと見はゴスロリ着た金髪の綺麗なお姉さんだが口を開けば、
ウン○、ウ○コ連呼する残念キャラで、ただのドM痴女である

だが彼女のヤバさの真骨頂はその戦い方にある。
《聖痕大系》は使用者の触覚と痛覚から魔法を発動する索引型の魔法なのだが、
常に同じ魔法を使う為に彼女は普段のエプロンドレスの下にエロいボンテージを装備している。
《茨》と呼ばれるそれは趣味ではなく……いや、間違い無く趣味も兼ねた装置で、エンジンを起動する事により、
自らの肉体に四十五本の杭を打ち込み、骨を折り、皮を剥ぎ、肉を削ぎ落とし、
体中から色とりどりの液体を流しながら魔法を発動させる変態機能がついている

そこまでやっても死なないのは、《聖痕大系》には胸に杭を打ち込むことで、
身体を健全な状態に戻す魔法があるからではあるが、きっと彼女はそれが無くても躊躇わず実行するであろう所が恐ろしい。

また、《聖痕大系》の《まどろみの化身》は死の直前に時間が引き伸ばされる感覚「走馬灯」から索引し、
自らの体感時間によって自身の周囲の時間を侵食し、その結果として人の身で銃弾をも凌駕する超高速戦闘を可能としている。

魔法の使えない悪鬼をウ○コと見下し、その上で専任係官として悪鬼=ウン○にこき使われることに悦びを覚えるなど、どうしょうもないドM。
宗教上の理由? 何それ

《茨》を開発しているのは魔導師公館で魔法の研究をしている悪鬼の溝呂木京也、
巻を増す毎に彼女の変態性も増しているのは大抵こいつの仕業。

例としては、

《茨》ハイスピードモード:麻薬を投与して彼女の体感時間を減速させて《まどろみの化身》を更に高速化させた。
開発者の趣味でボンテージが青色になっている。

他にも『あえて』エンジンにリミッターをつけるなど、色々とヤバい人。
迷わずリミッター外す方も外す方。


発言やその戦闘の仕方のせいで、円環少女が映像化出来ない原因の1人とされる。
おまえ変態だから魔法使いだろ


追記・修正はしゃべるウ○コと笑顔で話してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/