エルレイン

登録日 :2009/09/25(金) 22:24:54
更新日 : 2017/10/17 Tue 01:33:43
所要時間 :約 4 分で読めます




テイルズ オブ デスティニー2のキャラクター
CV:榊原良子
アタモニ神団の聖女。

正体は10年後の世界に存在する「2人の聖女」の片割れ。神から作り出され、この世界を真の幸福に導くため遣わされた。
そのため彼女は純粋な人間ではなく、レンズを介して特殊な魔法が使える人間と同じ姿をしているだけの者である。
「2人の聖女」のもう一人の片割れであるリアラとは考え方が根本的に違い、
『人々から苦痛を全て取り払い、神が人々を管理することで世界の平和を実現する』と考え、行動している。
生まれ持った時から特殊な能力があり、レンズを介して人々の願いを何でも叶えることができる。
その能力たるや、けがを治す、目が不自由な者の視力を回復させる、死んだ者を生き返らせる、タイムワープを行う、とかなり強力。

物語序盤で登場した時は、教会の長のような立場で登場。町の人を集めては、一人一人の願いを叶えて回っていた。
一見慈善活動のようにも見えるが、彼女の行動は次第に「人々の幸福のためには手段を選ばない」へと変わっていき、願いを叶えるために必要になるアイテム"レンズ"を、強引な手段で世界中から回収するようになる。ハイデルベルグ城にあるレンズを回収するために飛行竜を城にぶつけたり、
タイムワープの能力を用いて、様々な時代・世界に赴き、戦争で勝者と敗者を入れ替えたり、人々を救うため一端人類を滅ぼそうとするなど、大胆かつ極端な行動で歴史を改変させるべく暗躍する。
カイル達が赴く、未来では都市という名の箱庭を創り、自身に賛同する者ばかりを集めて住まわせ奇跡を与え続けた。一方で自分の考えを認めない者は徹底的に排除するという方針を行う。

極論過ぎて 『わたしがかんがえたみんなしあわせになるほうほう』 という幼稚園児レベルの頭な論理破綻者のようにも見える。しかし、彼女は幼児の状態で生まれ、人間に教育されながら育てられたわけではなく、17歳の状態でいきなり世界に降臨し、神の考えや知識を持っていた。彼女の考え方は神の考え方そのものであり、リアラのように良い人と出会ってさえいれば違った結果になったかもしれない。主人公一行は最終的にエルレインを遣わせた元凶である神と対峙することになる。

奇跡により、英雄になれなかった実力者達を復活させ支配下においている。
ガープ:変態する強敵「エルレインサマー!ワレニチカラヲー!!」
ダンタリオン:エロい弓使い2人を護衛につけている爺さん。
サブノック:ガードが堅い武人。ペットに見捨てられる。
バルバトス・ゲーティア:戦争で名を馳せた指揮官。かつて英雄に倒された恨みから英雄に固執する。若本。
リオン・マグナス:前作に出てきたあの人。ソーディアンの一人。力を封じる仮面を被らされている。

ガープとダンタリオンは従順な信者となったが、サブノックとバルバトスは戦闘狂であり、あくまで蘇らせてもらった恩により協力しているだけの関係であり、上記の2人ほど従順ではない。リオンは協力するどころか裏切ったために牢獄へ入れられ、主人公に逃がされた後はエルレインの計画の邪魔までする。

数々の邪魔が入り、彼女の計画は失敗。最後の手段、巨大彗星「神のたまご」を地球へぶつけ、そのエネルギーで神を降臨させようとする。


戦闘面では光剣をぶん回しながら光属性の晶術を操り、FOEによる状態異常付加、ダメージ付きプレスガードによる防御主体のカウンター型。
詠唱速度は早いが、基本的に画面端で戦うため潰しやすい。

プレスガードは脅威的な精度を誇るので、のけぞり中や攻撃直後、詠唱中を狙っていこう。

長所
  • プレスガードの圧倒的精度による防御能力
  • 優秀なFOEによる状態異常の押し付け
  • 禁呪晶術まで使える


短所?
  • 愚愚愚愚愚か愚愚愚愚愚愚かな…(ライトセイバーによる円閃牙無限地獄)
  • 台詞を飛ばして聞いてると「神…」、「愚かな…」ばかり聞こえる
  • リアラと違い、エロくも若くもエロくもない
  • せっかく考えた、人を幸せにする計画が天才に「明らかに論理が破綻してるわね」と言われる

使用FOE
  • アイスバーン-
凍結効果
対策しないと完封される可能性がある。
  • マインドウィルス-
衰弱効果
地味に厄介。しかし、凍結に比べたら大したことない。
  • マッドプール-
鈍足効果
ほぼ意味なし。

リキュールボトルでの対策が一番楽。
しかし、ダメージを与え続けても解除されるため、無理に使う必要もない。

使用晶術
デルタレイ
トリニティスパーク
プリズムフラッシャ:HP75%以下から使用
シャイニングスピア:プリズムフラッシャから派生
インブレイスエンド:HP25%以下から使用
ディバインセイバー:HP25%以下から使用。回避困難で非常に厄介、出来れば潰しておきたい
ソルブライト:ディバインセイバーから派生
インディグネイト・ジャッジメント:マグナ様みたいに先読みするのは困難。最初の全体攻撃で受け身をとって、ダッシュで回避も出来るが安定しない
人は神には勝てぬ…力の違いを見せてやろう
トゥインクルスター:HP75%以下から使用。効果範囲が広く、誰かしら死ぬ。
無限の流星、我が敵を滅せよ!!
ミックスマスター:HP50%以下から使用。威力は高いが、体力は1残る
全ては終わる、既に一筋の希望も在らず!!



原作での凶悪FOEや何処かの甘党ニートよろしくのダブルセイバーぶん回し通常攻撃等の再現に期待がかかる

どうやら原作の目標成就の為に手段は選ばない危険思想はそのままで
更にエターナルソードに深い関わりがあるようだが…
誤解されやすいが彼女は表面上一応27歳である。

また、やたら長い帽子かぶってるので大きく見えるが身長は意外にカイルと同じ160cm。
…ちっちぇーな



追記修正をしないとは…愚かな……

この項目が面白かったなら……\ポチッと/