いきなりあなたに恋している

登録日 :2011/06/12(日) 11:44:16
更新日 : 2015/06/25 Thu 23:55:40
所要時間 :約 5 分で読めます




4人のヒロインは主人公にベタ惚れ!エロい日常系ラブコメ開催!

開発時期は早いのだが、そこは枕(すかぢ)ゲー、2011年春→5月27日→7月29日と順調に延期した。

現在、大絶賛発売中


また、ケロQ(すかぢ)作なのに哲学的要素は無しの普通のラブコメらしい。すかぢ曰く、キャラ萌え抜きゲーを目指しているとか。
…すかぢに哲学抜いたら何が残るんだろ?という意見もあるが、姉妹ブランドの枕なので気にするな。
ぶっちゃけ、すかぢはそんな暇あるならサクラノ出せという意見ばかりだったりする。

内容は不条理なヒロインを許せば面白い。夜の学園は結構ホラーなので苦手な人は気をつけよう。

ただ、OPムービーがかなりユニーク。OPソングもちょっと変わっている。



ストーリー紹介(公式HPより一部抜粋)

はしゃぐ鬼ヶ瀬胤。
不敵な笑いの柳瀬詠歌。
冷たい視線の湯川涼。
そして新しい住人の養老紡。
いつも変わらない…あ、いや、自分の家の庭がベルサイユ宮殿(のトリックアート)になっていた日。

事件性の乏しい平々凡々な日々が始まる。
平々凡々な日々は言うまでもなく、俺の願望だ。

神がいるなら問う。

「俺の平凡をどこにしまいこんだ!」



キャラクター説明


柳瀬重耳(やなぎせちょうじ)
絵師:基4%
主人公。
なかなかの紳士的イケメンで、ある事情で「天才」扱いされ生徒会長になる。
しかし、中身はただの一般人で、裏では周りの期待に応えるように努力している。
一つ屋根の下でメインヒロイン四人と同棲しているが、ヒロイン達からは日常的に暴言・暴力されるのであんまり羨ましくない。
彼の扱いとヒロインの罵倒が許せないとこのゲームが続けるのは厳しい。

しかし、物語が後半に差し掛かると一転……実はとんでもない漢だったことが判明。特に胤シナリオでは……
全ストーリーを見てから彼を顧みると度量の深さ(と変態度)が窺える。
そのため、体験版で投げると彼の良さが全くわからない

例にも漏れず、某ロリコン副会長と某救世主に似た外見。


湯川涼(ゆかわりょう)
CV.楠鈴音 絵師:karory
重耳の幼なじみで従姉。巫女。
武術の達人で本気を出せば銀河系が消滅する(嘘)。
かなりの大食いで半端な量だと二時限目から腹の音が鳴る。
重耳を童貞呼ばわりしたりパシりに使ったり素でボコるが一番彼に大事にしているヒロイン…?


柳瀬詠歌(やなぎせえいか)
CV.小倉結衣 絵師:梱枝りこ
重耳の義妹。
ヒロイン中唯一、一つ下の後輩で、別学園で生徒会長を務める。
兄である重耳を想うが素直になれないツンデレ…と公式にあるが、ただのウザ妹にしか見えない。
オナニーキャラ


鬼ヶ瀬胤(おにがせたね)
CV.如月葵 絵師:karory
重耳の家の下駄箱の中に住んでいる、重耳とは違うクラスの女の子。赤髪童顔巨乳。
衝撃波を生み出す程の怪力の持ち主。訳あって周りからは不良と恐れられるが、中身は誰よりもピュアで優しい娘。
寧ろ、ピュア過ぎて困るくらい(性的な意味で)。
ガラスの仮面。癒し系ギャグ担当。

意外にも料理の腕はメイドの紡を上回り、作中最高峰。
その他、普段アホの子ながらも勉強はそれなりにできるのか、英語AV(字幕無し)の会話を日本語に訳せる等、もしかするとヒロインの中では一番の良妻賢母タイプなのかも


養老紡(ようろうつむぐ)
CV.かわしまりの 絵師:梱枝りこ
重耳のメイド兼用務員。身長136cmの毒舌クー(ツン?)デレロリ。
唯一の歳上でなんと成人済み。
諸事情により高校には通えていなかったらしい。
他ヒロインよりは重耳への目立った罵倒は無いが、いたずらメール送信・エロ本廃棄・T○L○veる破棄等と地味に嫌がらせする。

とある選択肢では面白いリアクションをする(ある種のメタ)。
彼女のジト目上目遣いはヤバい。
なぜかOPでの登場率が一番高い 


その他


恋桜可憐
CV.野神奈々 絵師:SCA-自
合法ロリ教師。
一目で絵師がわかる
なぜか攻略されない


不良A&B
名前はあるが紡くらいしか呼んでくれない
喧嘩が苦手な不良で、胤の舎弟。なんだかんだで付き合いが良い


頼光
初代鬼ヶ瀬を目標とする、自己流衝撃波の使い手


股太郎
鬼畜桃太郎。
ボスキャラかと思いきやそんなことはなかったぜ!


湯川爺
涼の祖父にして武道の達人


















ちょっとしたネタバレ






実は“鬼ヶ瀬”とは《鬼の柳瀬》の略であり本来苗字ではない。
そう、鬼ヶ瀬の正体は柳瀬重耳その人なのだ。

その力は拳の衝撃で川の流れを真っ二つに割るほどで、少年期から同学年はもちろん、バイクを乗り回す輩まで喧嘩を売る者をシメて回っていた。
本編を見る限りでは決して手当たり次第だったワケではなく、イジメというキーワードに結び付く時にのみ力を奮っていたらしい。

怪力少女の鬼ヶ瀬胤であるが、なんと彼女は重耳の弟子にあたり、本来は普通のか弱い女の子であった。
赤髪(外人とのハーフ)であることを差別されていた胤を重耳が鍛え上げ、現在の怪力を手に入れたらしい。

仁者無敵を悟り拳を捨てた重耳だが、現在でも胤が「あいつら(敵)が殺される」と言う程に強いらしい


追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/