BSAA(バイオハザード)

登録日 :2012/02/23(木) 11:54:46
更新日 : 2017/04/01 Sat 19:37:25
所要時間 :約 12 分で読めます




B ioterrorism S ecurity A ssessment A lliance
バイオハザード』シリーズに登場する国際組織。2003年に設立された。
世界最大の製薬会社だったアンブレラ社の壊滅後、世界各地で発生するバイオテロに対処するために組織された対バイオテロ専門組織である。
事の発端となったアンブレラ社への批判が波及しないように、各国の大手製薬会社が加盟する企業連盟がスポンサーとなっている。ちなみに、一番BSAAに資金を提供していたのはトライセル社である。

当初は民間主導の団体で、国境を越えた対テロ活動には様々な制限が課せられていたが、米国主導の同様の組織であるFBC代表のモルガン・ランズディールが逮捕されたことで求心力を失ったFBCを取り込み、後に国連の管理する公的機関として再編成された。
だが、活動に要する費用が莫大で、国連単体では維持できないため、今も製薬企業連盟がスポンサーとなっている。故に、その活動方針は、製薬企業連盟の意向を汲まざるを得ない状況になっている。
ちなみに『アンブレラ・クロニクルズ』で登場する反アンブレラ私設部隊が、BSAAの原型とも言われている。
組織は8つのブロックに分けられている。欧州に本部が置かれ、各地に支部が存在する。現在、作中においてその存在が確認されている支部は、北米、西部アフリカ、東部アフリカ、極東である。

世界中でバイオテロの情報収集・予防・制圧を行なっているが、予想外の事態により派遣部隊が危機的状況に陥ったり、場合によっては全滅したとしても撤退を命令するのではなく増員を送るなど、隊員の人命よりも作戦の完遂を優先する傾向があり、実際に作中でもそのように描かれている。


◆メンバー
実働部隊の多くは元軍人・特殊部隊・諜報員などの経歴を持つ者が占めている。
隊員には大きく分けて2種類存在しており、1つは SOU (Special Operations Unit)と呼ばれる部隊でアルファ・チーム、デルタ・チームなどの複数のチームが存在する。12名編成で構成され、B.O.Wや変異体などの駆除を任務としている。

もう1つは SOA (Special Operations Agent)と呼ばれる隊員であり、SOUのバックアップを行う他、テロ組織やブラックマーケットおよびその売人の調査などの情報収集活動を行う。
通称「エージェント」。主に単独か2人などの極少数での捜査、諜報活動を任務とする。
SOUと異なり、少数での行動が多いためSOUより技量が高いと思われる事もあるが、エージェントに選ばれる隊員は技術や、戦闘能力だけでなく心理的適性も大きく考慮されて抜擢されるため、戦闘能力面に関しては、SOUの方が高い事も少なくない。
また、極少数での活動ゆえ、多数の敵に襲撃されるとピンチに陥る事もある。

BSAAの創設時から在籍するメンバーはオリジナル・イレブンと呼ばれている。


●クライヴ・R・オブライエン
リベレーションズ』でのBSAA代表。普段は飄々としているが好き勝手やり放題なキースやクエントを扱える優秀な指揮官。
コイツがボスだったのかと思いきやエンディングで辞任してしまった。
辞任後はBSAAのアドバイザーを務めながら推理小説を書いてるんだとか。どこのコロンボだ。
バイオハザード7の舞台であるベイカー邸で彼の著書「暴かれた深淵」を発見できる。

ジル・バレンタイン
オリジナル・イレブンの一人でクリスとはS.T.A.R.S時代からチームを組んできた。5以降の動向は不明。
リベレーション2のシークレットファイルによると5から3年は検査等で任務に就けなかった模様。
ようやく現場復帰に向けてのリハビリを始めるとバリーに手紙で伝えていた。

●パーカー・ルチアーニ
元FBC隊員。『リベレーションズ』でのジルのパートナー。
発売日直前のPVから死ぬんじゃないかと恐れられ、案の定終盤でPV通りに犠牲になってしまう



…が生きていたことが発覚し、レイモンドに助けられた。
漫画『ヘヴンリーアイランド』では欧州本部に所属しており、クリスの要請を受けてトトーガ島に向かう。

●ジェシカ・シェラワット
元FBC隊員でパーカーの元同僚。『リベレーションズ』のクリスのパートナー。彼に気がある。
なんと終盤にてモルガンのスパイだったことが判明。船を爆破したり、結果的にだがパーカーを銃撃したりして、一気にファンからの好感度が下がった。
エンディングにてオブライエンのスパイのはずのレイモンドと会話をしており、続編への伏線をバラまいた。
なお、3DS版の特典によればバイオハザード5で登場したトライセルのエクセラが雇い主だった模様。

●キース・ラムレイ
『リベレーションズ』の登場人物の1人。陽気な黒人でクエントのパートナー。ククリナイフによる体術を得意とする。モーションが恰好良い。元特殊部隊所属で、クエントからのあだ名は「グラインダー」。
リベレーションズのエンディングでは東部アフリカ支部に転属となった。
後半で施設ごと戦闘機の爆撃を受けるも、エンディングで普通に生きてた。本編では大体ギリースーツなので分かりづらいがレイドモードでは私服コスチュームで全身に入れ墨をしていることが確認できる。

●クエント・ケッチャム
『リベレーションズ』の登場人物の1人。機械ヲタ。ジェネシス開発にも携わった。キースとは公私共に良いパートナー。
彼の残したデータがFBCのモルガンの証拠確保に繋がる。後半で施設とキース共々爆撃を受けるがやはり普通に生き残っていた。
普段は本部での内勤が多いらしい。BSAA移籍後のジルとバリー用のサムライエッジを作成した張本人。


◆北米支部
クリス・レッドフィールド
オリジナル・イレブンの一人。5では北米支部所属で、オリジナルイレブンの特権を使ってジル捜索、ウェスカー討伐に成功。
漫画『マルハワデザイア』ではオリジナル・イレブンの地位を捨てて北米支部の隊長に就任、最前線で指揮を執る。
彼がメインの主役のゲームでは部隊単位で壊滅することが多く、ハンク顔負けの死神である。


ピアーズ・ニヴァンス
『マルハワデザイア』の登場キャラクター。クリスの部下。BSAAで1番のスナイパーと評される若きエース。メラと3人で食事に行くところを見ると、プライベートでも仲が良さそう。
軍人一家の出身で、2010年までは彼の親同様に軍に所属していた。
オリジナルセブンの一人だったクリスが直々にスカウトした優秀な人材だが、この頃の彼はクリスに比べると脳天気な印象があった。
6』に彼のそっくりさんが登場予定…と思ったら本人だった!マルハワデザイアの方に6本編に先駆けて登場する形になった。

6の頃には卓越した能力、特に狙撃術と冷静沈着な判断力から、次代のBSAAを背負って立つ人間だとクリスは期待を寄せていた。
が、ピアーズ当人はクリスこそがBSAAに不可欠な人間だと考えている。
クリスが諸事情から、辺境の酒場で飲んだくれていた時も必死に探し出し、記憶を失い気が弱っていた時や激昂した時にも彼を支える。良きパートナー。
その様はまさにバイオハザード版ドンキーとディディー

……が、終盤の海底基地にて、究極のC-ウイルス散布兵器・ハオスからクリスを守るために、重傷を負いながらも自らに強化C-ウイルスを打つ。
ウイルスで得た雷撃の力で、何とか自我を保ちながらハオスを撃破したものの、Cウィルスに蝕まれる自身の肉体に限界を感じ、クリスを救うべく彼一人脱出艇に乗せてピアーズは海底に消えた。
6屈指の漢である。ピアーズを操作していた場合、涙腺崩壊しそうになる

●フィン・マコーレー
『6』で登場。アルファ隊隊員でクリスの部下の新米。クリスに憧れている。
「凄い人だ!」とクリスに対して羨望の眼差しを向けハシャぐフィンに対して、ピアーズはかつての自分を見たのか苦笑いをしていた。
イドニア戦の際にカーラの罠にかかりナパドゥに変異させられ、その後BSAAによって射殺された。

●マルコ・ローズ
『6』で登場。ブラボー隊隊長。
ポイサワンにて、冷静さを失ったクリスの強引なイルジヤ追撃により部下は全滅し、最終的にはカーラによりグネズドに変異させられてしまう。

●ジェフ、キートン 、リード
『6』で登場。イルジヤによって殺されたブラボー隊の隊員達。


◆極東支部

●メラ・ビジ
『マルハワデザイア』のry
クリスのry 極東支部トップクラスのエージェントで研究職から自ら望んで戦闘職に異動したという異色の経歴の持ち主。
女性隊員。主人公のリッキーや同僚のピアーズを差し置いてマルハワ枠でただ1人アウトブレイクサバイブに参戦
大食いであり、情報収集で訪れた大学の食堂で、ピアーズもびっくりな量のちゃんぽんを一人で平らげた。因みに麺類が好きらしい。
幼い頃のラクーン事件で両親を失っており、そのことを起因として研究職を志し、ある程度の成果を得てから戦闘職へ異動。
一時期は負けなしだったがクリス達が訪れた時ピアーズと手合わせした際に初めて負けを喫しており、強烈なハングリー精神で最終的に軍人上がりのピアーズと格闘戦で対等に渡り合う程になった。お前のような元研究職がいるか。


◆西部アフリカ支部

●シェバ・アローマ
西部アフリカ支部の黒人の女性隊員。「バイオハザード5」でのクリスのパートナー。
AIがしょっぱいので、ソロプレイでは困った子。ライフルだけを持たせればそれなりに動くが他の銃は…

●ジョッシュ・ストーン
西部アフリカ支部所属の特殊作戦ユニット・デルタチームの黒人の隊長。シェバが入隊した時の訓練担当教官。
言動や数多くの体を張った行動から終始歩く死亡フラグ状態だったが、なんとか最後まで生き残った。
さらに、バイオハザード5 オルタナティブエディションの追加シナリオ「DESPERATE ESCAPE」ではついに操作キャラにまで大出世した。

●ダン・デチャント
『5』で登場。キジュジュ地区での先遣突入部隊、アルファチームの隊長。元アメリカ陸軍所属。
退役後は民間の軍事会社に所属していたが、アフリカでのバイオテロの惨状を目の当たりにし、BSAAに入隊した。キジュジュ地区でアルファチームに合流するも、ウロボロスに襲われ重症を負う。クリスに手に入れた情報を託し、直後に死亡。

●カーク・マシソン
『5』に登場。空中支援部隊に所属するヘリコプターパイロット。BSAA入隊以前に軍や特殊部隊で活動した経歴はなく、対バイオテロ技術を学んできた生え抜きである。劇中、クリスとシェバの支援をしていたが、後に、キペペオの群れに襲われ、ヘリコプターは墜落し死亡する。
『5』の数年前の出来事である『リベレーションズ』ではクイーン・ゼノビアから脱出をするジルとクリスを迎えにきて、偽ラスボスのマラコーダ戦で使い捨てのロケランを最大9本も落としてくれる。2人を回収した後はガトリングガンで応戦する彼らになんとスティンガー(地対空ミサイル)を渡して、マラコーダ撃破に貢献した。 

●レイナード・フィッシャー
BSAAのエージェント。かつて某国の保安省に所属していた。キジュジュの情勢を内偵していた。クリスとシェバにキジュジュの内情と武器を提供していたが、マジニに捕まり、公開処刑された。

●デイブ・ジョンソン
デルタチームの一人。BSAAに所属する前はラリーの世界選手権に出場していたほどのドライバーである。劇中、ポポカリムを倒した直後に登場し、クリスとシェバを救出する。しかし、その後、キジュジュに戻って仲間の死体に駆け寄ったときにンデスに踏み潰された。ちなみに中の人はDMC34ダンテの中の人と同じルーベン・ラングダン氏。

●ダグ
オルタナティブエディション追加エピソード2「DESPERATE SCAPE」に登場。 西部アフリカ支部所属の黒人ヘリパイロット。陽気な性格でジルの事をレディ・バレンタインと呼ぶ。ジルとジョッシュの救出のためヘリで駆けつけ、2人がヘリに搭乗する際に降りて援護射撃するが…。

4」のマイク、本作のカークと一緒に、ヘリパイロットがどれだけ危険かを教えてくれる。
因みに乗っているヘリがカプコン製というのもあるが、今まで出てきたヘリパイロットの死亡率はほぼ100%という安定の死亡率を誇る。

◆その他

●バリー・バートン
元S.T.A.R.S.隊員でクリスとジルの仲間。
リベレーションズ2でめでたく主人公に昇格し、BSAAでアドバイザーをやっていたことが判明した。
え?GAIDEN? 聞こえんなぁ


◆関連人物

レオン・S・ケネディ
バイオハザードシリーズの主人公の一人。合衆国大統領直属のエージェント。「4」の事件をもとにした「レオン・レポート」をBSAAに提供している。

クレア・レッドフィールド
クリスの妹で、『2』、『CV』、『リベレーション2』の主人公。BSAAとは自らが所属してるテラセイブを通じて共同作業をしたことがある模様。
リベレーション2のピアーズの手紙によれば、BSAAの隊員たちはクリスに妹がいると知った時、 パワフルな女版クリス を想像したらしい。顔見知りのピアーズが容姿端麗と説明をしても「遺伝子的に細身はありえない」と語っていたようだ。同じくファイル内で、恐るべき少女たらし(シェリー、ラーニー、モイラ)と評されている。

●リッキー・トザワ
『マルハワデザイア』の主人公。20歳でベネット大学理工学部2年。歴代主人公では珍しくまともな一般人だが、逆境には強い。ウィルスへの抗体の有無は不明(劇中でゾンビに噛まれても発病しなかったが、このウィルスへの抗体を持っているのはジェイク・ミューラーのみとされている)。
留年を回避するために単位目当てでダグのマルハワ学園への出向に同行したが、そこで地獄を味わうことになる。

ダグと共にマルハワ学園の内情を調査する内、事の発端が腐敗した学園の隠蔽体質とビンディ・グラシア両名の過去であると突き止めるものの、学園そのものへの復讐を完遂しようとするビンディによって学園でバイオハザードが発生。
真相を彼女らに問い質そうとするがグラシアは死亡、ビンディもB.O.W.化してしまった。マルハワ学園がビンディの引き起こしたバイオハザードで狂騒状態に陥る最中、状況に絶望して自決しかけたもののクリスの救援が間に合い事なきを得る。
直後、ゾンビ化したダグを発見してしまい、メラが射殺要請を出した事を受けて自らの手でダグを射殺した。
後に「マルハワデザイア」と呼称される惨劇を闇に葬らない為に生還するべく奔走し、メラの犠牲を出しながらも学園からの脱出に成功。
「マルハワデザイア」唯一の生存者となったが、その後大学を中退してジャーナリストに転身し、狂騒渦巻く蘭祥を訪れた際にクリスを目撃している。

●ダグ・ライト
『マルハワデザイア』の準主人公。シンガポールのベネット大学理工学部教授で細菌学の教授。主人公リッキーの叔父であり、早くに両親を亡くした彼の育ての親でもあり、マルハワ学園理事長・マザーグラシアの元恋人。
細菌学の権威で、教鞭を執る傍らBSAA極東支部のアドバイザーをしており、もし彼に何かがあった場合の判断はメラに一任されている。
一般人でありながら、表沙汰には伏せられているラクーンシティ消滅の本当の理由がT-ウィルス蔓延と滅菌目的のバスターコールであると知っている。
前述の通り極東支部の関係者ではあるが、マルハワの事件の数年前にアメリカのショッピングモールのバイオテロで北米支部と調査に当たっており、クリスとも面識がある。その際彼がバイオテロと戦い続ける事を「 宿命か、或いは呪いか 」と形容した。
マルハワ学園内部でゾンビが発生した事を受けたグラシアから招待状を受け、調査の結果判明した事の重大さとBSAAへの通報要請を再三彼女に伝えるが、
自分の聖域である学園のブランドの保守に固執したグラシアには届かず、彼女が振り向いた時には全てが遅すぎた。

物語中盤、元ナナンの実験体C16の攻撃からリッキーを庇って重傷を負い、学園内医務室に搬送された。
その直後、ビンディが引き起こしたバイオハザードにより陸の孤島同然の学園が崩壊していく最中、睡眠中をC16に襲撃され感染。リッキー達が駆けつけた時には既にゾンビ化してしまっていた。
メラの現場判断により射殺要請が出され、リッキーによって射殺された。その後、同じく学園内で死亡したグラシアの墓の隣に埋葬された。

●ブラウン・アンダーソン
『ヘヴンリーアイランド』の登場人物で元BSAA所属。バイオハザードの現場で仲間達が死んでいく様に耐えきれず物語の5年前にBSAAを辞職、サバイバルアドバイザーに転向していた。

トトーガ島でバイオハザードが発生した時は他の生存者であるローラや主人公のトミナガ達と合流、状況の打開の模索していく。
ところが、ゾンビとの戦いの最中に感染してしまっており、物語中盤でゾンビ化。だが、まだ残っていた自我を振り絞りトミナガに生存者達を守り抜いて脱出する約束を交わして拳銃自殺した。





●ブルーノ・デリンジャー(PXZ)
サンフランシスコ市警警部補。捜査中に物的損害総額140億ドルに及ぶ大損害を出している「ミスターダイナマイト」。
死者を毎度毎度大量に出しているBSAA構成員から「 命がいくつあっても足りない 」と敬遠されており、その噂はクリスやジルも聞き及ぶほど。
ある意味BSAA内部ではウェスカーやネオアンブレラ等とは別のベクトルで相当危険視されているとも取れる。



余談だが、『5』中にはBSAAエンブレムなるやり込み要素がある。攻撃を当てれば入手できるが、なかなかに鬼畜な配置で、事前情報なしでの取得は結構厳しい。
このエンブレムは『リベレーションズ』のレイドモードにも登場。これを体術で破壊することでステージクリアとなる。ちなみに最大まで溜めた状態で破壊するとハーブが1つ貰える。


追記・修正はバイオテロが許せないと思う方のみお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/