白坂小梅

登録日 :2012/03/28(水) 23:39:04
更新日 : 2017/07/07 Fri 18:14:49
所要時間 :約 4 分で読めます




あ、あの(久し振りに…喋った…)


名前:しらさかこうめ
年齢:13歳
誕生日:3月28日(牡羊座)
身長:142㎝
体重:34㎏
3サイズ:65-50-70
血液型:AB型
利き手:左
出身地:兵庫
CV:桜咲千依


― 自己紹介 ―
…ほ、■■■映画を見ているときが、い、一番幸せです……けど、ア、アイドルルに……な、なれたら、もっと楽しい…です…か?プ、プロデューサーさん…が、お、教えて…くれるんですか? なら…ア、ア、アイドル…

まず初めにゲーム内での性能だが、
ハッキリ言ってかーなーりー強い。特技の全タイプの攻 中ダウンに加え、現環境レア内トップの防御力を誇る硬さを持つ強レア。
そのため、トレード値も少し高めだがそれに見合ったものであるのは間違いない。さて野口の出番か…

ひ、陽の光…当たりたくない…
見た目は金髪にキタローヘアー。
服装は耳にピアスにパーカー。チェックのスカートと大変ロックだが、服が大きいのか余った袖をプラプラさせてる。これがまた可愛い。

性格は常におどおど気弱で臆病。だが時折
スプラッターショーの…始まり…?
なんて物騒なセリフも呟くもやしっ子。

というかプロフィールを見て気づく方も居ると思うが…彼女かなり痩せ気味。あとちっちゃい。
同じ13歳のやよいよりも細く、むしろ小学生アイドル達に近い細さである。そしてちっちゃい。
え、ニート?知らんがな。かな子?はもっと食べろ。

分かりやすく数値化すると、BMIは16.86(標準22)。肥満度は-23.35。と痩せすぎて過保護りたくなるレベルの細さ。

ちょっと心配だから今日は家に泊まりなさry

そう言えばまだ彼女に聞いていないことがある。

Q.その……ご趣味は?
A. …ほ、ホラー映画を見ているときが、い、一番幸せです…
……うん?
そう彼女の趣味は
ホラー・スプラッタ映画鑑賞に心霊スポット巡り
15禁必須の映画鑑賞に幽霊のお宅訪問巡り
大事なことなので2回言ったが……うん。ギャップが凄いというか何か紅いね。

{こ、このホラー 映画、プロデューサーさん…も、み、観てみません…か?*

彼女はこの手の物が大好きで、前述の物騒な台詞や特技の名前『怪談』もここから来ている。

同じくホラー映画鑑賞が趣味のクール組アイドル松永涼とは交流があり、一緒にホラー映画を観に行ったりしている。

他にもシャーマンよろしく何かを感じるらしいが……まぁきっと気のせ

あの…プロデューサーさん、うしろ…

((;゜Д゜))

み、みんなに夢…見せてあげる…あ、悪夢かもしれないけど…!

特訓後はゴスとドクロが合わさって最強に見える。
っぽい和風衣装に身を包む。以前より自信が増した彼女だが、やはりまだアイドル衣装には慣れないらしく本人曰く、
は、恥ずかしくて…死にたい///
とのこと。こっちは君が可愛い過ぎて死にそうです。

またPの特訓の賜物か、B・W・体重が共にひとつ増えているなど健康面も改善に向かっているようだ。ついでに霊感的なものもさが
クイクイ
??
お、お客さんの中に、あの子居たの、見えました、プロデューサーさん

Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

8月31日に開始されたメイドコレクションガチャにてついに新レアの[メイドコレクション]白坂小梅が新登場した。
その性能は元の守備型からガチガチの攻撃型になりレアなのに攻撃MAX値がなんと12004。全レアアイドル内で最高の攻撃値となった。

その翌月、9月30日に開始されたハロウィンパーティーにて、ついにSR化。
2枚あるSRの弱い方ではあるものの、攻撃力は最大15106、特技もクールタイプの攻守 大~極大アップと、安定性はないが十分に強い。
何より、ハロウィンと言うピッタリなタイミングでSR化したのは彼女にとっては幸いだろう。


CD化企画『CINDERELLA MASTER』シリーズ第5弾にてCDデビュー。担当声優は桜咲千依氏。
曲名は『小さな恋の密室事件』。
とても透き通った歌声と明るい曲調なのに悲鳴などのSEがホラーテイストという特徴的な曲で、可愛い曲なのだか聴いているとなんとなく不安になってくる。

ドラマパートではどことなくホラーチックにアレンジされたいつものラジオをアシスタントのプロデュ…じゃなくてゾンビと共に進めていく。
おどおどしながらも一生懸命にコーナーに挑戦する、無邪気な言動とちょくちょく小悪魔チックな可愛さを見せる小梅は特にファンは必聴。小梅は可愛いなぁ!

『Cool jewelries!』でも第二弾にて川島瑞樹神谷奈緒、北条加蓮、アナスタシアと共にカバー曲を歌っている。
カバーした曲は「メトロポリタン美術館」。なんとも懐かしいチョイスと感じたプロデューサーもいるのではなかろうか。
ドラマパートでは相変わらずで、「(何がとは言わないが)いっぱいいる」と言って奈緒を震え上がらせたりした。

アニメシンデレラガールズにも出演。星輝子と一緒に寮にいて、帰ってきた蘭子を「通販で買ったホラー映画」に誘った。
が、「わっ私はその、これよりぎ、儀式を行うのでっ」と断られ、「そんなに怖くないのに……」と若干しょんぼりしていた。
アニメでは「シンデレラプロジェクト」のメンバーに先駆けてデビューした先輩アイドルの一人で、既にドラマで主演を張るなど活躍している模様。
ちなみに主演しているドラマの名前は「ゾンビガール」。かなり怖いらしい。

アニメ第5話の次回予告にも登場。蘭子を出迎えるが、蘭子節を遺憾なく炸裂され会話に少し支障があるようで、
「蘭子ちゃんの言葉って熊本弁、なのかな? なんか、難しいな」とコメントしていた。
ただ、仲良くなるうちにある程度熊本弁は理解できるようになった模様。

神埼蘭子の「Rosenburg Engel」名義のCD『-LEGNE- 仇なす剣 光の旋律』のドラマパートにも出演。
ラジオでも熊本弁全開の蘭子とスタッフとの意思疎通を危ぶんだディレクターを見て、武内Pが急遽助っ人に呼んだという経緯で登場し、
適度に蘭子の熊本弁を翻訳して進行を手伝い、時には怖い話をちらつかせて蘭子を素の口調で話させるなど、蘭子の魅力を伝えるアシストを務める。
前述のとおり、怖い話で脅して普通に話させたり、自分の番宣もちゃっかりしたりと、ナチュラルに計算高い一面も見せていた。

アニメのサブエピソードである「No Make!」にも登場。
深夜にしゃべっていた内容を断片的に耳にしたみくと李衣菜に(ホラー的な意味で)怪しまれ、尾行される。
小梅本人はそれに気付いていなかったが、消灯時間となり明かりが消えた際に大騒ぎする二人の声を聞きつけ、心配して声をかけた。
「友達と話していただけ」と誤解を解き、偶然居合わせていた美穂と紗枝にみく達共々「美穂の部屋で話そう」と誘われ、落ち着いたら行くと答えて4人を見送った小梅は「誤魔化せたかな」と一息をつく。
実は小梅はみく達を心配した武内Pと電話で話している最中であり、なんとか二人が気付かないまま美穂の部屋に行ったのを見て胸をなでおろしたのだった。
武内Pに「友達と話していたのに邪魔をしてしまった」と謝られた小梅は、友達とは電話で話していたわけではないと答えた後、通話を終える。

しかし「No Make!」には「友達」らしき音声は入っていない。小梅が電話の相手を誤魔化すために「友達」と答えたのかと思いきや…

「今日は賑やかな夜になりそうだな……私と、みくちゃんと、李衣菜ちゃんと、美穂ちゃんと、紗枝ちゃんと、そして……ふふっ」

「さあ、行こう……?」


こ、この項目、プロデューサーさん…も、つ、追記・修正してみません…か?


この項目が面白かったなら……\ポチッと/