アラン・リシャール

登録日 :2012/02/13(月) 03:24:56
更新日 : 2017/03/04 Sat 14:02:02
所要時間 :約 6 分で読めます




英雄伝説 空の軌跡シリーズの登場人物。
CV.三浦祥朗

初登場時34歳、The 3rdでは35歳。
プレイヤーからの呼称はリシャール、大佐、あとは特徴的すぎる髪型(後頭部で微妙に跳ねたオールバック)から タマネギ など。
後に ネギ っぽいトンガリ頭の神父ケビン・グラハムが現れたため、揃ってネタにされたりも。
(髪を下ろしたイラストはかなりのイケメンだったりする)



【人物】

FC開始時点では、作中の舞台となるリベール王国、その王国軍大佐の位にある。
理知的な性格と国防に対する強い熱意を併せ持った人物で、情報戦・戦略眼などに非常に長けている。

さらに個人戦力としても、かの剣聖カシウス・ブライトから直々に剣術の指導を受けており、
八葉一刀流」伍の型「残月」に自分なりのアレンジを加え、達人と称される凄まじい戦闘力を誇る。

そうした高い能力とカリスマ性は特に若手の兵士達から支持され、近年では彼らを取り纏めて『王国軍情報部』を新設。
情報部の人材は士気・練度共に高く、特に本編中で活躍がリベール通信社の取材で取り上げられて以降は着実に軍内部での地位を向上させつつある。

カシウスが王国軍にいた10年前までは、リシャールはその直属の部下だった。『百日戦役』でのカシウスの活躍を間近で見ていたために彼を英雄視する念は誰よりも強く、今でも彼の軍復帰を望んでいる。
本編にて彼の娘であるエステル・ブライト、並びに養子であるヨシュア・ブライトと出会った際は、当時の思い出を懐かしげに語る場面も見られた。




以下、各作品での活躍。










FC

情報部を伴い、終盤にて王家に対しクーデターを起こす。
女王の監禁に成功し、全ては思惑通りに進むかと思われたが、エステルら遊撃士の介入によってクーデターは潰され、リシャールも彼らに敗れることとなる。
よって、FCでは彼がラスボス的ポジションを務める(厳密にはもう一戦あるが)。

なお、彼のクーデターは権力欲によるものではない。
というのも『百日戦役』で味わったエレボニア帝国の脅威を忘れられない彼は、当時の危機を救った英雄・カシウスがいない現状に恐れを抱いていた。そのため、強引にでもリベールを強国に作り上げなければならない強迫観念に囚われていたのである。
そこをある人物に突かれて心を操られ、愛国心を暴走させてしまったのが今回の騒動の発端。



SC

リベール軍の中枢施設、レイストン要塞にて服役中。
しかし終盤では『結社』の襲撃を受けた王城に現れ、あやうく囚われの身になる所だった女王と王女を救うという活躍を見せる(城に居たのはカシウスが保険をかけていたため)。
本編終了後はその活躍もあり、他の元情報部員らと共に恩赦を受け釈放される。ただし、リシャール自身は軍には戻らずに退役し、民間調査企業『A&Rリサーチ』を立ち上げる。
この選択は、かつて軍事面のみで物を考えていた自分を省みた結果のもの。軍の外から、国の為に民間の立場だからこそできることを模索したかったらしい。



The 3rd

新主人公・ケビンとの縁が災いして異空間『影の国』に囚われ、後半にパーティメンバーに加わる。以降はケビンらと共に脱出の術を探ることとなる。
レンの味方化と共に、プレイヤーには嬉しい点の一つ。
以前の気負いが無くなった為か雰囲気がやや丸くなっており、エステルら一部メンバーに『大佐』と呼ばれて困った顔をするなど、微笑ましい姿を覗かせる。
しかし、とある事情による対カシウス戦では熱く凛とした一面をも見ることができる。

異空間に囚われる直前の服装は白シャツにスラックスだった。であるにも拘わらず、異空間に現れた際の彼の服装は情報部時代の軍服 (リシャールにとり、思い入れのある服装)
このことから、ケビンらは自分達の居る異空間が 人の思念によってあり方を変える という事実を知ることとなる。

ちなみに彼の『扉』イベントは、軍を辞したことに関して元情報部員からの罵倒を受け、それでも先述した民間の立場を固持しようと決意する……というエピソード。



【キャラ性能(3rd限定)】

人物紹介のとおり刀を得物とする。ちなみにこれはアネラスと同じ装備区分にあたる。
ステータスはバランスが良いどころかほぼ全てが高水準で、こと前衛キャラとしては最高レベルと言えるほどに優秀。
光鬼斬を始めとしたぶっ壊れ性能のクラフトもその強さ――特に対ボス戦での強さに拍車を掛けており、『剣聖の後継者』の名に恥じない働きを見せつけてくれる。

短所を挙げると、攻撃系ばかりで回復やサポートのクラフトを持たないことと、そのクラフトも単体ないしごく狭い範囲しか攻撃できないことだろうか。
サポート性能はアーツで十分にカバーできるが、複数の敵に対する殲滅力で他のアタッカーに劣るのは如何ともしがたい。
そのあたりは全体攻撃Sクラフト持ちのヨシュアアガットなどに補ってもらうのがいいだろう。


《クラフト》

レベル上昇に伴い、それぞれ『真・○○○』となる。

○光鬼斬
回転する勢いを利用した抜き打ちを敵単体に見舞う。
一定確率で敵を気絶させる効果もあるが、その本領は反則的に強い攻撃性能そのもの。
というのもこのクラフト、発動から再行動までのタイムラグが極端に短く、しばしば他のキャラをすっ飛ばして次の行動順が回ってくる……なんて状況を頻繁に発生させるのだ。 ずっと大佐のターン!
大佐のターンが回ってくる度に平気で2~3回は連撃ができ、当然、それに比例してダメージ量も凄まじいことになる。
ボス戦で大佐が異常に強い理由がこれ。

○光連斬
敵一体に連続で切りかかかる技。ついでに敵の起動前アーツや溜め技を解除できる。
こちらも結構最行動が早めだが、光鬼斬よりも消費が激しい。

○光輪斬
刀気の輪を繰り出し、敵集団を切り刻む技。八つ裂き光輪的な何かを射出するイメージ。
大佐の持ちクラフトで唯一複数の敵を攻撃可能とするが、範囲はそう広くないので過信できない。


《Sクラフト》

○残光破砕剣
一瞬の暗転の中で繰り出される神速の居合い。
敵対していたころ(FCのボス戦)でもたまに使用してくることがあり、その時はこちらの体力をごっそり持っていく。

○桜花残月
静かな語り口から始まる刀技。対象が敵単体な分、全キャラ屈指の高威力を誇る。
その名の如く背景に桜と月が写りこむ演出が美しい。通称ポエム。
「散りゆくは叢雲、咲き乱れるは桜花…今宵、散華する武士(もののふ)がため、せめてもの手向けをさせてもらおう!」







散りゆくはwiki籠り…咲き乱れるは項目…今宵散華するアニヲタがため、せめてもの追記修正をさせてもらおう!
                                                はあああああっ!!せいやっっっ!
                                                       秘技・桜花残月!!




この項目が面白かったなら……\ポチッと/