ハインリーケ・プリンツェシン・ツー・ザイン・ウィトゲンシュタイン

登録日 :2012/03/30(金) 00:30:34
更新日 : 2016/12/11 Sun 20:21:03
所要時間 :約 4 分で読めます




「上がれるウィッチは全て上がれ! モタモタしてる奴は飯抜きだ!」




Heinrike Prinzessin Zu Sayn-Wittgenstein
ストライクウィッチーズ』シリーズの登場キャラクター。
第506統合戦闘航空団「ノーブルウィッチーズ」のメンバー。同隊において戦闘隊長を務める。



◆age:16(1944年)
◆身長:163cm
◆誕生日:8月14日
◆所属:カールスラント空軍第5夜間戦闘航空団第4飛行隊司令
◆第506統合戦闘航空団戦闘隊長
◆階級:少佐
◆使い魔:黒猫
◆愛機:ユングフラウ Ju88C-6
◆使用火器:MG151/20
◆愛称:「 姫様
◆CV:川澄綾子
◆イメージモデル
  ハインリヒ・プリンツ・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン  通称:「王子(プリンツ)」
 デンマークの貴族出身で夜間戦闘機部隊に所属、才能に恵まれていたものの、完璧主義が災いして指揮官の器じゃないと評価された。
 作戦中、敵を見失ったとしてレーダー員、無線士を機内で直立不動の姿勢をとらせ、三日間禁固処分したこともある。
 階級に物に言わせ、出動を遅らせて戦闘中に戦場を譲るように通達したこともある。
 しかし本人は王子と呼ばれるのを嫌っていた模様。

  明らかにハインリーケとキャラが違うとか言っちゃいけない。


カールスラント空軍のナイトウィッチ。
国内のみならず欧州各地に強い影響力を持つ名門貴族の出身。愛称の「 プリンツェシン(姫) 」はそのまま彼女自身の称号でもある。
つまりどこかのエセ伯爵と違って本物の大貴族のお姫様。

幼い頃から貴族として「 ノブレス・オブリッジ 」を厳しく教え込まれ、ウィッチとして、貴族として、誇りと責務に基づき戦うお姫様。



アニメ2期終了後、ほどなく島田フミカネ氏のブログ/Twitterにて公開され、その分かりやすい人物設定から一躍人気キャラクターとなる。
氏も気に入ったのか以降は(日の目を見ないキャラそっちのけで)Twitter等において多くのイラストが描かれ

ドヤ顔 を晒したり


アブナイ水着 で現れたりと着実にファンの心を掴んでいった。



《人物》
貴族として自身が特別であるという意識を持ちながら、
正義感が強く、弱者を守るため自らが傷を負うことを厭わない、姫というより騎士じみた思考の持ち主。
何かと天才肌の人物で、自分に出来ることを当然のように他人にも厳しく要求する困った一面がある。
一方で結果を出した者は正当に賞賛する公平さ、自らにも厳しい平等さ、加えて生来の気品ある振る舞いなど、
人を惹き付ける天性の カリスマ 性を秘めており、彼女の部下、特に 専属の整備班 は彼女の信奉者で占められ、半ば親衛隊のような有様となっている。



《能力》
夜間適正を持ち、夜戦を担当するナイトウィッチ。夜間戦闘において撃墜数世界第3位のスーパーエース。
戦闘スタイルは積極果敢な攻撃重視なもので、初陣以来飛躍的に撃墜数を伸ばしてきた。

ナイトウィッチの例に漏れず、通常のウィッチより重火力の装備を使用しており、
愛用の 「MG151/20」 はなんと爆撃機の防御銃座を手持ち式に魔改造したというゲテモノ。
また弾頭にも「マインゲショス」と呼ばれる、大威力だが生産数の少ない魔法榴弾を金とコネでガッツリ確保しているらしい。こいつ……。



《親衛隊》
姫様が自らのストライカーを委ねる専属の整備班たち。麗しの姫様に仕える変t…紳士の集い。

『リカバーできる程度の整備ミスをして、ぐりぐり踏まれるところをローアングルで観察するだけのお仕事です
 でもやり過ぎるとクビにされるので、その加減の駆け引きが俺を熱くする』

といった胸の熱くなるコメントからも、その紳士っぷりを伺い知る事が出来る。

ちなみに功績を挙げた者には姫様から勲功スタンプをもらえるぞ! 貯まるとなんと姫様の 尻尾をにぎにぎできる権利 が貰えるのだ!



僕もスタンプ集めてにぎにぎするんだ!

お前ら真面目に戦争やれ。



《その他》
同空軍のハイデマリー・W・シュナウファー大尉に対し、戦功も歳も近いことから何かとライバル視をしていたが、
彼女の生い立ちを知ってからは何かと気遣うようになった。
要はツンデレ

ちなみに当のハイデマリーからの評は 「基本コワイ人。時々親切にしてくれるけど、なんでそうされるのかわからない」
互いのコミュニケーション能力の欠如が招いた悲しい事例である。

またハイデマリーの影響で、当初は子供じみたお遊びと見ていたナイトウィッチ同士の無線交信にこっそり参加してみようとしている模様。
ツンデレっつーかチョロい…?



なお、この度めでたく(日の目を見ない他ウィッチそっちのけで)劇場版にセリフ付きで出演という快挙を果たし多くのファンを喜ばせた。
なおその際の台詞が声優つながりから某腹ペコ騎士王を連想させ、そちらも知っているとくすりとしてしまう、かもしれない。

南房秀久著の小説版「ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔!」では黒田那佳中尉と表紙を飾っている。
それだけでなく、あらすじにも彼女の出番が用意されており、期待に胸を膨らませたファンは少なくない。




「追記・修正した者にわらわの尻尾をにぎにぎする権利をやろう」
この項目が面白かったなら……\ポチッと/