クライヴ・ウィンスレット

登録日 :2012/03/13(火) 20:49:29
更新日 : 2017/07/20 Thu 00:34:17
所要時間 :約 3 分で読めます




機密物警護の渡り鳥
眼鏡とコートの男
CV:井上和彦(ドラマCD)
出身地:ハンフリースピーク
性別:男
年齢:30歳
身長:177cm
体重:69kg
武器:ガングニールHAG35
好きなひとり上手:クロスワード
座右の銘:成功は結果であって、目的ではない
基本的な生き方:夢は叶えるモノとして現実的に実践


ワイルドアームズアドヴァンスドサードのプレイヤーキャラクターの1人。
考古学者兼渡り鳥の男。
賞金首などを狙う腕利きのバウンティハンターとして生計を立てつつ、義父であり師であるベルリッツの遺志を継いでファルガイア荒廃の原因を探っている。

武器はスナイパーライフル型のARM。

アークセプターの護衛として列車に搭乗し、ヴァージニア達と出会う。

パーティーでは最年長かつ渡り鳥としての豊富な経験でブレーン役となる。
常に冷静に行動しプロとしての意識も高いため、ジェットとはまた違った意味で渡り鳥らしい人物。


だが、遺跡の調査中の事故で死亡したベルリッツに対し負い目を持っており、度々回想に入っては自分の未熟さを痛感している。

平然とした態度でミレディに毒を吐いて挑発する様子から見るに、パーティーでは怒らせると一番怖い人物。
その言動と独白から、学生時代は論理的に口喧嘩で相手を追い込むタイプの人間だったと推察される。

尚、パーティー唯一の既婚者であり、妻のキャスリンはベルリッツの娘。
娘のケイトリンは血筋故か、幼くして聡明であり、終盤に仲間との方針の違いに苦悩した父親のパーティーへの合流に一役買う。あとケイトリンは可愛い。

馬の名前は「マクシミリアン」


戦闘時の性能
反応が最も低く、物理攻撃力が最も高いアタッカー。
フォースアビリティは威力を上げつつ物理攻撃を確実に命中させるロックオンスナイプ。
初期の装填数が2と極端に少ないため、合計15回のARM改造全てを攻撃力に振るか、ある程度装填数に振るかで悩まされる。
その装填数故にFP消費の大きいガトリングを使うより、普通に通常攻撃とリロードを繰り返した方が効率が良いのかもしれない。










ネタバレ
Chapter4にて、ベアトリーチェの存在が発覚しパーティーは彼女の作り出した魔獣を産み出す装置「魔界柱」の破壊を目指すようになるが、クライヴは1人、自分にはヴァージニアたちと行動を共にする資格は無いと申し出てパーティーを離脱する。
それは学者として、そしてファルガイア緑化のための技術を魔界柱を解析した先にある情報ライブラリィ【ヒアデス】から得られるのではないかと気付いた者としての考えであった。


ファルガイアの危機に対していつも四人で乗り越えてきたことでパーティーへの愛着も生まれており、強い苦悩を抱きつつもパーティーに戻らない理由を「家族を守るため」と娘に説明する。
しかし、ケイトリンは自分の一番大切な物を報酬にファルガイアを守ってほしいという旨の依頼を行う。
依頼に後押しされ、クライヴはベアトリーチェの罠により危機に陥っていたパーティーに合流する。

余談だがこの時ベアトリーチェの罠で結界に閉じ込められたヴァージニアチームの中で、クライヴの合流を真っ先に考えたのは意外にもジェットだった。曰く「俺達のチームは、何人だ?」
どうやら彼もチームに愛着を抱いていたようだ。

ネガ・ファルガイア戦後は妻子持ちであることを考慮されて、パーティーのとりあえずの目的地が家族の暮らすハンフリースピークに決定する。


追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/