結城夏野(屍鬼)

登録日 :2012/03/19(月) 21:54:39
更新日 : 2017/02/06 Mon 09:24:13
所要時間 :約 3 分で読めます




なんとなく……おれ、
ここから出られないような気がしてたんだ……。


結城夏野は『屍鬼』の登場人物で主人公のひとり。

CV.福山潤(VOMIC)/内山昂輝(アニメ)

親の都合により都会から外場村に引っ越してきた少年。

父・結城、母・小出梓の3人家族。

両親が籍を入れていないため戸籍上は『小出夏野』。
学校などでの兼ね合いから父の姓である『結城』を名乗ることが多い。

女みたいだからという理由で下の名前で呼ばれることを嫌がっている。
因みに名前の由来は清原夏野。


外場での暮らしに不満を感じており、
高校卒業後は都会の大学に進学することを強く望んでいる。そのための学習に余念がない。

余所者を奇異の目で見る村人たちの事をよく思っていないが、
近所に住む武藤家(特に長男の徹)とは家族ぐるみで親しくしている。

また、同級生の 清水恵 から好意を寄せられているが、
ストーカーまがいのことをされていることもあり彼女のことを嫌っている。

武藤兄弟の友人である 村迫正雄 からは一方的に嫌われており、顔を合わす度に絡まれている。

桐敷家が村に越してきたことにより、外場では原因不明の死が相次ぐようになる。
恵や親友の徹もその犠牲となった。


亡くなった筈の恵が、かつてのように部屋を覗き見に来たことがきっかけとなり、
死の原因は起き上がり(= 屍鬼 )の仕業だと思い付く。

屍鬼の存在にいち早く気付き、田中姉弟と共に探っていることが桐敷家の使用人である辰巳に知れ、屍鬼となった徹を差し向けられる。


最初は自作した十字架や杭で対抗しようとしたが、かつての友を手にかけることが出来ずに死んでしまう。


その後、父・結城の「もしかしたら起き上がるのではないか」という想いから、
外場の地に埋葬されるが結局起き上がることはなかった。


□漫画版(藤崎竜)
原作小説ではほとんど外見の描写がなかったが、
漫画版ではお洒落なイケメンに描かれている。 (見せパンや腹チラは当たり前)
私服ではハーフパンツの下にレギンスを穿いているが多く、尚且つ似合っていることからお姉様方から「レギンス王子」と呼ばれたとかなんとか・・・。
時折、言葉では言い表せないカッコいいポーズをとったりする。寝顔がやたらかわいい。

数少ない親友 徹ちゃん に対して、ツンデレのような態度をとる。

なにより大きく異なるのは、徹に殺されてしまった後 (厳密には人狼は一度も死んでいないらしい) 、屍鬼の亜種である 人狼 に変異してしまう。

徹から屍鬼側の情報を聞き出し、目的を同じくする敏夫と手を組み屍鬼殲滅のために暗躍する。

前田巌から昭を救出したり (原作では夏野が人狼にならない為救われることなく、屍鬼狩りの最中に村人に遺体を発見される) 、敏夫に千鶴より先に言い聞かせを行ったりした。

連載当初は原作と同じ扱い (起き上がらないまま退場) にするつもりだったらしいが、
どうやら少年漫画というジャンル故に大人の事情が絡んだ模様。


□アニメ版
漫画版をアニメ化。
終盤では連載が追い付いたため基本原作通りに進む。

漫画と異なる点は、
  • 人狼になった後、徹の前に姿を現さない。
  • ラフォーレ原宿とのコラボによりゴス(PUTUMAYO)服着用
  • コートのカラーリングが こたつ布団
  • 辰巳とダイナマイト心中

などで物語本筋には大きな変化を与えるものではなかった。




「おいWiki篭りぃ。お前、清水の追記・修正断ったんだって?」

追記・修正は絡んできた正雄を軽くあしらってからお願いします。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/