貴様らが…姉さんの言葉を語るな!(FE)

登録日 :2012/04/27(金) 09:00:19
更新日 : 2017/08/14 Mon 22:19:38
所要時間 :約 2 分で読めます




注意! この項目は『ファイアーエムブレム 覚醒』のネタバレを含んでいます。













本作のBGMの一つ。
音源は主にピアノを使用しており、全体的に悲壮感が溢れる曲調となっている。
しかし、サビの部分はやや明るめで、どこか希望を見出せる印象が強い。

発売前のPVでは、サビの部分が結婚システムの説明で流れていたため、どんな場面で使われるのか気になるプレイヤーも多かった。
















この曲が流れるのは10章。
マップでは土砂降りの雨が降る中で戦闘をすることになる。

9章ラストでエメリナの最期を目撃し、絶望に打ちひしがれるクロム
一行は中央砂漠に逃げ込むも、ペレジア軍の追手が迫ってくる。
敵将ムスタファーは、エメリナの言葉を聞いて戦意を失った兵士達を思ってか、
クロム達に降伏を呼びかけるも、結局は戦わざるを得なくなってしまう。

この戦いが終わってもなお、未だにショックから立ち直れないクロムだったが、
マイユニットの言葉を受けてギャンレルを討つことを決意する……。

前章の展開、そして人情に溢れる敵将の存在感もあり、プレイヤーの涙腺を刺激させた。
そして何より、この章では敵軍フェイズの時もBGMが 一切変わらない。
そのため、作中屈指の 神曲 と評価が高い。

惜しむべくは、遭遇戦でBGM設定ができないこと。
あと何気に、クラブニンテンドーのサウンドトラックにも収録されていない。何故だ。
ちなみに曲名は、10章でペレジア軍に対してクロムが放った台詞が元になっている。


余談であるが、ムスタファーは後に味方になるヘンリーに砂糖菓子をくれて、息子のように可愛がる優しい人だったようだ。
それ故に、エメリナの言葉に感銘を受けてあのような行動を取ったのだろう。

その功績もあってか、後にニンテンドードリームで開催された人気投票でムスタファーが上位にランクインした。



















更に更に余談であるが、配信コンテンツでエメリナの生存が確定した。



追記・修正は大雨の中でお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/