おんなのこ(MOTHER2)

登録日 :2011/03/06(日) 00:12:29
更新日 : 2017/10/12 Thu 01:57:55
所要時間 :約 3 分で読めます




任天堂のゲームソフトMOTHER2 ギーグの逆襲の登場人物。
一般的に知られているデフォルト名はポーラ。


主人公が住むオネットの隣町、ツーソンにあるポーラスター幼稚園の園長の娘。11歳の女の子。
幼い頃から超能力を持っているため町の誰もが知っているほどの有名人。彼女の評判はオネットでも聞くことができる。
主人公と運命を共にせよという予知夢に従い、主人公の訪れを待ち続けていた。
しかし、知恵のリンゴを通じて自身の敗北の予言を知ったギーグに目をつけられてしまい、
マニマニの悪魔に操られたカーペインター率いるハッピーハッピー教団に誘拐され、
グレートフルデットにある小屋に閉じ込められていた。
彼女を救出した後は主人公の旅に同行する。

その後、ギーグの手下のデパートの怪人によって再び誘拐されフォーサイドの有力者、モノモッチ・モノトリーによって監禁される。

ムーンサイドでマニマニの悪魔を撃ち倒して、再び合流するまでは主人公とおともだち1との2人パーティーで進むことになる。
これが結構ツラく、特に裏世界であるムーンサイドが特に…。

その間に、タコけしマシンが必要になるシーンがある。彼女にタコけしマシンを持たせていた場合、主人公の妹に連絡してタコけしマシンを預けておいてくれる。
誘拐・監禁されているのにどうやって預けたのかは謎だが。



ギーグ戦ではポーラ専用コマンドである「いのる」がフル活用される。通常時の戦闘に限っては役立たずなコマンドなのだが


全ての戦いが終わった後、主人公のガールフレンドとなる。
おともだち1曰く「将来もし結婚したら…」と言うほどの仲のようである。


戦闘で用いる武器はフライパン。防具は共用のほか、専用装備としてリボンがある。
HPと直接攻撃力は低いが、素早さが高く攻撃系PSIが豊富な魔法使いタイプのキャラクター。
超能力に長け最大PPが高い反面、回復系のPSIは一切覚えない。

主人公はイベントアイテム、おともだち1は専用グッズのためにグッズ欄の空きが少ないことが多い。
グッズ欄に余裕のある彼女に回復アイテムを多めに持たせておくと安定しやすい。
大半の敵から先手が取れ、敵味方の中で最初に行動することが多く、比較的早い段階からドラムロールシステムを活かした回復が可能。

彼女個人のパラメータの中ではスピードが突出して高く、加入後ツーソンに戻る頃には主人公と同等かそれ以上のスピードになっているほど。
IQ(最大PPの下限に影響)もおともだち1に次いでよく伸び、最大PPはパーティ内で最も高い。 (主人公のパワーアップ前では)
オフェンスはパーティ内では低いほうだが、敵を到底倒せないというほどの悲惨な火力ではなく、十分に戦力として計算できる範囲内。
ディフェンスは専用装備のリボンが高性能で、入手直後は主人公やおともだち1を上回ることも。
バイタリティ(最大HPの下限に影響)以外は概ね水準以上で、ガッツもあり「SMAAAAASH!!」を結構出してくれる。

ただしこのゲームでは、ドラムロールシステム及びそれを前提とした防御無視のPSI攻撃や特殊攻撃が多く、HPの重要度が非常に高い。
そのため最大HPの低い彼女は「致命的なダメージ」を受けやすく、
システムの恩恵を最も受けづらい(ゲーム前半)と同時に、最もシステムのお世話になる(ゲーム後半)キャラクターでもある。

「バイタルカプセル」や「ふしぎなキャンディ」でバイタリティを上げてやると、それだけで格段に生存率が向上する。
バグ技無しの条件下でも、バイタリティを最大で8(カプセル2個、こなざとう+キャンディ3個、HPに換算すると120)補強でき、
仕様の範囲内でおともだち1を上回るHPにすることも可能。

PSIは攻撃系のPSIが豊富で「PKフリーズα」が初めから使える。
攻撃系PSIの中でΩを習得するのもフリーズ系が最も早く、彼女が得意とする系統なのだと思われる。
ファイアー系統、フリーズ系統ともに耐性持ちの敵が一定数存在するため適切な使い分けが必要。
サンダー系は耐性で軽減されることがないが、命中率が低過ぎて使いづらい。
補助系は、サイコシールド系を除き仕様上パッとしない。
一応、耐性がある敵に対しては、上位のPSIよりもオフェンスアップを重ねがけした「たたく」のほうが強い。
回復および治療系のPSIが使えないぶん、主人公やおともだち2よりもPPの価値が安く、ザコ戦でもPPをガンガン攻撃に回していける。
むしろ彼女のPSIを有効に活用して速やかに敵を殲滅することが、パーティ全体の被害を抑えるうえで重要だったりする。

序盤から中盤にかけては、豊富な攻撃系PSIによるメインアタッカーとして活躍するが、
終盤になると、主力であるフリーズ系が通用しづらくなり、ファイアー系はPP効率の悪さと火力不足が目立ってくる。
また、通常攻撃のダメージも下位のPSIを上回るケースが増え、PSIを使う機会が徐々に減っていく。
役回りとしては、スピードを活かした「サイコシールド」による補助や、緊急時のグッズ回復などにシフトしていくことになる。


★PSI
◆攻撃系PSI
●PKファイアーα・β・γ・Ω
●PKフリーズα・β・γ・Ω
●PKサンダーα・β・γ

◆補助系
●サイコシールドα・Σ・β・Ω
●オフェンスアップα・Ω
●ディフェンスダウンα・Ω
●サイマグネットα・Ω

★いのる
通常戦闘時に使用すると、ドラゴンクエストシリーズのパルプンテのようにランダムでさまざまな効果が発生する。

●弱い光が包んだ…味方全員のHPが最大HPの1/16回復
●暖かい光が包んだ…味方全員のHPが最大HPの1/8回復
●まぶしい光が辺りに降り注いだ…敵・味方全員にPKフラッシュαの効果
●不思議な光が包んだ…味方全員のPPが3〜8回復
●金色の光が辺りに降り注いだ…気絶状態になっていない味方一人のHPが全回復
●まばゆい光が敵を追いかけた…敵一人にPKひっさつβの効果
●七色の光が辺りに降り注いだ…気絶している敵・味方が気絶状態から回復
●いい香りが辺りに降り注いだ…敵・味方全員が眠り状態になる
●空気を切り裂くような音が辺りを包み込んだ…敵・味方全員にブレインショックの効果
●重い空気が辺りを包み込んだ…敵・味方全員にディフェンスダウンの効果
●???…ギーグ戦のみ

とメリットとデメリットが混在する。 


バンプレストのプライズ限定のコレクションフィギュアに登場した。





追記・修正宜しくお願い致します。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/