あなのぬし(MOTHER2)

登録日 :2012/05/26(土) 01:31:43
更新日 : 2017/07/03 Mon 12:57:51
所要時間 :約 3 分で読めます






あなのぬしとは、「MOTHER2 ギーグの逆襲」に登場する敵キャラクターである。


《概要》
借金まみれのトンズラブラザースを救う為、ネス達一行は以前食べ物をあげたショージ・モッチーの埋蔵金発掘現場のあるドコドコ砂漠を訪れる。

穴は大きくなっているものの、

「ここんとこまでラクショーで穴を掘ってきてさ 迷路をめっけたんだけどね。 ばーけもんがうーんと出てきて、先に進めなくなっちまったんさね。 でっけーモグラが…どうやら5匹もいる! 化け物さえのしちまえばもっと先まで進めるんだいね。 おらぁ、胃がいてぇよ。悩んじまってさ。フー、まいったいねぇ。」

とのこと。

埋蔵金発掘の為地下迷路に突入し、そこにいた大きなモグラに話しかけると…

「おれはこの穴のヌシだ。」

「この穴には5人のヌシがいる。 5人といってももぐらだから、正確には5匹だ。」

「おれが思うには、おれはそのうちで 3番目 に強い。」

「どこからでもかかってこい!」

あなのぬし(1匹目)
HP:386
ぬしの正体はリリパットステップのボス「きょだいモグラ」の上位種であった。色は青緑。
攻撃力が高く、強化攻撃の鋭い爪と突進攻撃でかなりのダメージを与えてくる。またライフアップαで回復することもある。
更に敵としては初めてデフォルトでシールドβがかかっており、物理攻撃を反射してくる。
ネスとポーラはともかく、PSIが使えず上位のペンシルロケットもないジェフはこれのせいで手持ち無沙汰になりがち。

しかしボスとしてはHPが少ない上、PKフリーズ系のPSIが比較的有効な為、ポーラのPKフリーズによって割と簡単に勝てる。
しかも、この時点でフリーズγを覚えていればほぼ1キル確定。
一応PKフラッシュが弱点なのだが、活用する機会はあまりないと思われる。

さて、1匹目を倒してもまだあと4匹もあなのぬしはいると言っていた。しかも自身よりも強いNO.1とNO.2が残っていると言うではないか。
気を抜かずに迷路を抜け、2匹目のあなのぬしに話しかけると…


「おれが本当に 3番目 に強いこの穴のヌシだ。」

「勝負してやる!」

うん?こいつも3番目?

あなのぬし(2匹目)
HP:386
攻撃力もシールドも弱点も同じ。やはりこいつも3番目と言うのも聞き間違いでは無かったのか?
疑問を感じつつも地下迷路を進み、3匹目を発見し話しかける。しかし返ってきた返事は…



「おれは2番目に強い穴のヌシより 弱い が、4番目のやつより 強い 。」

「おれの腕を試してみるか?」

「来い!」

ようするにお前も3番目かよ!

あなのぬし(3匹目)
以下同文
彼も3番目だそうだからしょうがないじゃない

「まさか全員3番目な訳はないよな?」とプレイヤーはこの辺りから感じ始める。そして向かえた4匹目。



「おれが正真正銘の ナンバースリー のこの穴のヌシだ。」

本物の中くらい の強さを見せてやる!」

何だよ中くらいの強さって



そして疑惑が確信へと変わる5匹目。







「ふっふっふ。」

「お前は今までに、1番強いこの穴のヌシと、2番目に強いこの穴のヌシと、
4番目に強いこの穴のヌシと、1番弱いこの穴のヌシと戦ったはずだ!」

「おれが!」


「おれが!」


「真の 3番目 に強いこの穴のヌシなのだ!」


「行くぞ!」

結局全員NO.3じゃねーか

そう、何故かこのあなのぬし達、全員妙に NO.3 に拘っているのだ。
その拘りは、戦闘画面の背景にでかでかと NO.3 と書いているほど。




その妙な存在感から、ありきたりなダンジョンでありながらプレイヤー達の記憶に残りやすい。
因みに、結局のところ埋蔵金は出ず、ダイヤモンドが出土することとなる。
しかしショージ本人やギャラリー達は、
「ダイヤしか出なかったんじゃ、埋蔵金掘りとしちゃ赤っ恥だかんね。 がんばってみますよ、もっと。」
「ダイヤが出てもねぇ…。しょうがないんだよねぇ…。」
と残念そう。何か違うだろ。



余談だが、ドコドコ砂漠には、白ゴマ&黒ゴマや、ピンチョポンチョおおしおへいはちろう等、地味にネタの宝庫である。



追記・修正はNO.3以外のぬしを見つけてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/