ヴァナルガンド(新・ボクらの太陽)

登録日 :2012/11/16(金) 00:03:25
更新日 : 2017/07/02 Sun 17:09:21
所要時間 :約 4 分で読めます




血と大地によって月が染まる時、破壊の獣は解き放たれる



ヴァナルガンドとは、ゲーム「新・ボクらの太陽」の敵キャラである。

※この項目は「新・ボクらの太陽」のネタバレを含みます。



【概要】
  • この作品におけるラスボス。
人の頭蓋骨が集まって出来たような異形な体を持ち、背中の部分には剣のようなものが刺さっている。
ヴァナルガンドはヨルムンガンドと同じく、絶対存在(エターナル)である。絶対存在とは、生と死の概念が無く、ただそこに「ある」「いる」だけの存在。
つまり生きてもいなければ死にもしない。故に消滅させることが出来ない。(おそらく銀河意思ダークの差し金)
ヨルムンガンドが「終末の獣」と呼ばれているのに対し、こちらは「破壊の獣」。
大昔、月の住民や月下美人らによって月都市(楽園)の奥深くに封印された。
ちなみに「ヴァナルガンド」とは、フェンリル狼の別名である


【物語上でのヴァナルガンド】
  • 登場自体はゲーム開始直後と早い。
サバタの視点(というかサバタの夢の中)からまず始まる。しばらく戦うと強制的に戦闘が終了。

そこで、イモータル、ラタトスクが現れ、サバタをヴァナルガンドの器として誘う。当然ながらサバタは拒否。

しかしラタトスクは既にサバタに操るための術を施しており、再びジャンゴ達の敵に…。
サバタは月下美人マーニの血を継いでおり、その力が使えるため、器として選ばれた。

操られたサバタはジャンゴとおてんこさまを地下へ幽閉。
その後は雪原ステージにてサバタと戦うことになる。
ジャンゴに敗北したサバタはヴァナルガンドの器とならないように自らのダークマターをパイルドライバーを用いて浄化することをジャンゴに頼む。

しかしそれは自身の死を意味していた。ジャンゴは迷いながらもサバタを浄化。浄化の間際、ジャンゴに言葉を遺す。

「戦え、ジャンゴ…。戦って戦って戦いぬいて、そこに何が待っていようとも、…決して諦めるな!」
「諦めないその心こそが、最大の武器になるのだからな!」

しかしそれが裏目に出る。そこにラタトスクが現れ、サバタを奪い去ってしまう。彼の術に抵抗する力を無くしたのだ…。

だがサバタは次の行き先を記した紙も遺していた。
そして月の楽園にてヴァナルガンドととうとう対決。
サバタは完全に器として定着してしまっており、サバタのメッセージを聞きおわったあとに楽園は崩壊する。
ヨルムンガンドよりもこいつはしつこく、最終決戦だけで計3回戦うことになる。


【第1回戦】
  • 攻撃手段は非常に多く、後半は両手による怒濤のラッシュをかけてくる。まずは両手を破壊して頭をダウンさせよう。白手はソル属性、黒手はダーク属性。
因みにサバタ本人を攻撃すると大ダメージを与えられるが、サバタが生存しないエンドに(厳密には少し違うが)。

  • パンチ
握り拳を作り、パンチを繰り出す。ストレートとフックがある。モーションが分かりやすいので対処はしやすい。

  • 破壊光線
頭を下げ、咆哮の後に口から極太ビームを放つ。食らうと連続ダメージ。

  • 色弾
目の部分から様々な属性の弾を連続で放つ。剣で弾いてダメージを与えられる。体力が少なくなると発射の間隔が短くなる。
  • 噛み付き
咆哮の後、ジャンゴに噛み付き。ダメージも大きく、回復もされるので厄介。

  • 地震
握り拳を浮かせ、プルプル振るわせたあと地面を揺らす。しばらく行動不能になるが、十字ボタンをガチャガチャやれば回復できる。

【第2回戦】
  • 最後の悪あがきをするヴァナルガンドからバイクで逃げ、ゴールまでたどり着く。ここまできたらあと少し。
攻撃は少なく単調。泥や凍った地面の方が苦戦するかも。予めダート対策などをしておこう。

  • 弾発射
  • 色弾を放つ。動きまわれば当たらないが、地面の状態に注意。

  • 体当たり
  • 咆哮の後自機に迫ってくる。ブーストをかければ逃げ切れる。


【第3回戦】
  • トランスソルまたはトランスダークで時間内にヴァナルガンドのHPをゼロにするだけ。
ただし時間切れになるとバッドエンドという名のゲームオーバー。
サバタが脱出したらサバタエンド&トランスダーク、おてんこさまならトランスソル。
【マルチエンディング】
  • ヴァナルガンド3回戦目までにどちらのトランスを多く使ったか(宿屋でザジに話しかけると確認出来る)、カーミラの選択肢にどう答えたか、1回戦目でサバタに攻撃を加えずに彼のセリフを全部聞いたかどうかでエンディングが変わる。
四種類あるので試してみては。

【余談】
ちなみに、クリア後に闘技場でも戦うことが可能。
こちらは戦闘中にセリフが発生せず、またいくらサバタに攻撃してもエンディングの分岐に影響しない。
そのため、タイムアタックなどの理由で サバタが集中的に狙われる事となってしまった。

兄弟の絆とは何だったのか。



修正しろ、ジャンゴ…。
修正して修正して追記しぬいて…
その先に全消しが待っていようとも、決して諦めるな!
諦めないその心こそが、良項目へと繋がるのだからな!


この項目が面白かったなら……\ポチッと/