統治者(ブレスオブファイアV)

登録日 :2012/09/18(火) 21:41:05
更新日 : 2017/05/08 Mon 19:46:33
所要時間 :約 7 分で読めます




ブレスオブファイアV ドラゴンクォーター」での地下世界の管理を担う執政機関。

地上へと続くメインゲートの管理も担っており、「適合者」が現れた際にはその力を見定め、空を開く期を見極める役目も負っている。

「統治者」と書いて<メンバー>と読ませる。

現メンバーは総勢6人(?)。
ブラザーマッスルだったりショタだったり聖尻だったり末期の尻フェチだったり鬼畜親父だったり えるよん だったり無駄に個性的。

全員が超が付くほどの実力者であると共に、D値の母数は全員1桁(1/4or1/8)の超エリート集団。
1/64()のエリート様「」

ただしジェズイットだけは少し低めで2桁(1/16〜64)の可能性がある。エリート様も実力さえ付ければいける‥のかも知れない。
(だが開発陣曰く「少し低め」なので16とかの可能性も十分ある。)


【アブソリュートディフェンス】

      ∧∧ ' ∧_∧
      |ロ||ロ|‘ (●Д` )
      ∧∧∧ /    ⌒ヽ
       |ロ||ロ||ロ|/ ヽ   ヽ ヽ
     从∨∨∨( /|    ヽ ) 
   <  |ロ||ロ|/  ┌-Caution!―――――――
     W ∨∨   │アブソリュートディフェンスは絶対防御。
       -156  │ なみの一撃は通さない!!

そして彼らは戦闘において漏れなく 「アブソリュートディフェンス」(AD) を装備している。
これは文字通りの「絶対防御」。 「同一コンボ内のダメージを一定値減算して無効化する」 効果を持つ。

つまり例えば、AD規定値100の敵に一発100未満のダメージを与えても無効化され、一発100以上のダメージを与えても100引かれる。
しかし、コンボ攻撃中はADへのダメージが蓄積し、うち破れば破ったままコンボが続けられるため、例えば一発50の攻撃を6回繰り返せば200のダメージが入るし、12回繰り返せば500ものダメージになる。
コンボ攻撃を上手く使えば一気に破る事が可能。


でもそんな知識が無い状態で当たり前みたいにAD装備して出てくるデモネド兄貴ちょっと待って!!!!1



【統治者<メンバー>の方々】
デモネド(Deamoned)
最古参の統治者の1人、エリュオンの腹心。
しかし最盛期は過ぎており、まず自らの手でリュウたちの実力を試すべく、中央省庁区前に現れる。

そして作中では 初のアブソリュートディフェンス装備者。
いつも通り攻撃してみたら、いきなりまさかのマイナス200から始まるダメージ表記、という絵面のインパクトを、我々に惜しげもなく披露してくれる。

また単純な戦闘能力も高く、ステータスはこれまでとは段違い。
技の威力はパねぇの一言。いきなりの AD 登場で混乱しているプレイヤーの体力をゴリゴリ削ってくる。
多くの初見ユーザーを( ゚д゚)とさせると同時に、これからのボス戦がいっそうの難易度となる事を良く教えてくれる。

実は前代のリーダーで、適合者に一度敗北している。大きく抉れた右目はその時のもの。
敗北した事により統治者としての役目は終わった筈だったが、しかしその時の適合者、エリュオンの温情によりそのまま続投。
その恩に応えるべく先鋒を買って出た。



クピト(Cupid)
中央省庁区

オルテンシア(Hortensia)
中央省庁区

ジェズイット(Jezuit)
中央省庁区

ヴェクサシオン(Vexacion)
中央省庁区



エリュオン=1/4(Elyon)
統治者たちのリーダー、最高統治者の男。
中央省庁区を抜け、エレベータに乗ってメインゲートを目指すリュウたちの前に突如出現。
リュウを「ふるき友」と呼び、力を試すため戦いを挑んでくる。

HPはなんと6000、AD耐久力330という莫大な体力を誇る彼との戦闘は、まともにやり合えば長期戦必須。
これまでの統治者のいいとこ取りをしたようなステータス構成に、
雷系範囲魔法と強力な五段蹴り「ペンタストローク」を主力とし、
さらに
1〜ターン、 『第一界 アッシャー・ユガ』 では、同等の攻撃能力を持つ分身「アルター・エゴ」を2体召喚する猛攻モード。
6〜ターン、 『第二界 イェツィラ・ユガ』 では、報復攻撃「カルマ」を使用する報復モード。
10〜ターン、 『第三界 プリア・ユガ』 では、強力な範囲魔法を連発する魔法モードに変化。
13〜ターン、 『第四界 アツィルト・ユガ』 では、さらに上級呪文も追加した総攻撃を仕掛けて来る。
20ターン目になるとジオエレベーターが最上階に到達してしまい、 強制的にゲームオーバー となる。

準ラスボス級の相手だけあって全てが強力。
この時点でD-カウンター80%後半とかだと割と眩暈がする。

直前のアイテム補給ポイントもフル活用して万全の体制で臨みたい。
ガチンコ勝負だと滅茶苦茶強いので、もちろんD-ダイブも視野に入れて良い。


実はアジーンとリンクした「最初の適合者」。しかもメインゲートまで見事到達。彼が空を開くはずだった。

……しかし、リンクを重ねるうち、果たして「空」を望むのは自分の意志なのか、ドラゴンの意志なのか、と不安を覚え、
あやふやな目的のままあるかどうかも分からない「空」のために扉を開け、人々を危機に晒していいのか?と葛藤。
結局不安に負け、リンクを中断。アジーンとも決別。
代わりに自らが統治者となる事で、次の適合者を待とうとした。

しかし、統治者となって目にしたのは、ゲートにも辿り着けず失敗した適合者ばかり。
リンクの代償で体の限界が近付くエリュオンは、今度は逆に「このまま自分が死んで、本当に誰かが空を開けるのか?」と危惧。
自分が死ぬ前に最後のチャンスを託すため暗躍する。

  • まず空を目指す原動力とするためニーナを用意、
  • そしてニーナを救おうとするリュウとリンクするようアジーンに交渉、 (適合者でないリュウがホントに行けんの?大丈夫?というドキドキものの賭けもあったが)
  • 力を試すためにレンジャー、暗殺者をけしかけ、
  • 思いを試すために反政府組織と共謀、接触させ、
  • 「統治者」に役目を果たさせ地下社会を崩し、
  • それらの過程で、ローディのリュウに無双させる事で、D値という余計な価値観を破壊させ、
  • 最後は最高統治者である自らを排除させた。

……と物凄い黒幕っぷりを発揮。
全ては空を開かせようとしたエリュオンの (おおむね) 思惑通りと、ボスキャラとしての威厳たっぷり。
前作『4』の人気キャラ、フォウルをモデルとしているだけあって外見もカッコいい。


‥‥のだが、その一方で
  • リュウが来るのを待ってwktkソワソワしてて 乙女っぽい
  • ヘタレ 要素あり
  • ヘタレが原因で相棒だったアジーンに滅茶苦茶嫌われる
  • ホントは1/4なのにD値を詐称、有り得ないのに1/1だと言い張っている
  • 自称1/1とか「最高統治者<オリジン>」とか「始原の唯人<オリジン>」とか 厨二臭い
  • 強いのは確かなのだが、正直強すぎる上、Dカウンターの運用の目処が見通しやすい準ラスボスなので、しょっちゅうD-ダイブで瞬殺される
  • と言うか分身で増殖するので良く経験値稼ぎのサンドバッグにされる
  • 最期はナチュラルに後ろから刺される

等何かとカッコの付かない要素も多くネタ化も進行。 「えるよん」 と呼ばれ可愛がられている。

   /ヽ ̄ノフ
 ヾ(´く_` フノ
   (  )
     | |
おらアルターエゴ出せよオラ



メベト=1/4(Mebeth)
反政府組織「トリニティ」のリーダー。

だがその正体はエリュオンの盟友で元統治者。
と言うか現在でもエリュオンやクピトとは繋がりがあり、「メインゲートの鍵」も所持。
彼らと同じく「空を目指す者」の力と意志を見極める役目を背負っており、裏のメンバーと言っても良い存在である。
統治者集合イラストにもちゃっかり混じっている。

彼がトリニティを率いるのは、道を違えたのか、それとも思惑があっての事なのか‥その理由は定かではない。
と言うか始終穏やかで理知的だが、 こいつが一番何考えてんのか良く分からない。




追記修正の前にエリュオンとガチンコ勝負?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/