ギニュー特戦隊

登録日 :2011/02/21(月) 02:23:08
更新日 : 2017/07/20 Thu 19:34:40
所要時間 :約 5 分で読めます





リクーム
バータ
ジース
グルド
ギニュー
そろ って
ギニュー



漫画『ドラゴンボール(DRAGON BALL)』の登場人物。

フリーザ軍の中でも精鋭を集めたエリート部隊。隊員は5名。
全宇宙から、それぞれの出身種族の中でも突然変異で生まれた天才戦士を集めており、その戦闘力はザーボンやドドリアらフリーザの側近と同格以上。
ヤードラット星の征服任務に就いていたが、上司であるフリーザ様により急遽増援としてナメック星に呼び寄せられた。
『ドラゴンボールZ』ではそのユーモア溢れるキャラを発揮し、『ドラゴンボール改』では専用の曲が流れた。
曲の一部が郷ひろみの「おっくせんまん♪」ぽいのは多分気のせい。
名前の由来は牛乳、クリーム、バター、チーズ、ヨーグルト。


  • ギニュー
気に入ったぞその体!
声- 堀秀行(Z)、小西克幸(改・超)
特戦隊の隊長。
地球で無類の強さを発揮したベジータでさえ恐れたほどの戦闘力を持つ。
隊員達のわがままを受け入れ戦闘を任せたり、フリーザ様に喜びのダンスを披露しようとするなどユーモアある人物。
隊員達が全滅したとジースから聞き急ぎ駆け付け孫悟空と戦闘へ。
戦闘中、不意打ちをしたジースを叱ったりするフェアな戦士。
そして孫悟空の強さに感動し自分の胸を刺し、とある技を放つ。

チェェェェンジ!!

と言った瞬間なんと孫悟空と身体を取り替えてしまう。
そして一旦ドラゴンボールを隠した場所へ戻る。
そこにはレーダーを頼りにドラゴンボールを発見したクリリン達が。いつもと雰囲気が違うと悟った孫悟飯により正体がばれ戦闘へ。
孫悟空の身体に馴れていないギニューは孫悟飯とクリリンに苦戦、そして追いついて来た孫悟空も参加してリンチ状態へ。
ジースに援護しろと命じるが既にジースはベジータにボコボコにされていた。
傷付いた身体では戦えないと悟ったギニューはベジータと身体を取り替えようとするが、孫悟空に邪魔され元の身体に戻ってしまう。
そして二度目のチャンスが迫った時、孫悟空に投げ込まれたカエルに命中した。以後彼はカエルになり、どこかへと去って行った。

アニメ版Zでは、ブルマを騙して翻訳機を着けてもらい、しゃべれるようになったのを利用して体を入れ替える事に成功。
さらに悟空とフリーザの激闘を観戦するピッコロ達の前に現れ、ピッコロの体を奪おうとするも、
カエルの体になったブルマもそこに来ており、事情を悟った悟飯がカエルを投げ込んだために結局カエルに戻る。
その後は翻訳機を失って「チェンジ」と叫べなくなったので再度チェンジする事もできず、ブルマに捕まって説教される事に。
そしてドラゴンボールの力で地球に転送され(ギニューの体になったカエルも地球のどこかに転送されている)、以後どさくさに紛れてブルマの家に住んでいる。

アニメ超でタゴマと入れ替えて復活を果たす。(ギニューが地面に「チェンジ」と書いてタゴマが言ったことで体が入れ替わったので「チェンジ技は本人が言わなくても入れ替える人がチェンジと言えば入れ替えは可能」と判明)
因みに地球に転送後はものすごい苦難があった様。
フリーザの特訓相手だったタゴマに入れ替えたことで戦闘力はかなりパワーアップし悟飯達を圧倒する、しかし相変わらずの性格なので「あの性格だけは何とかならないんですかね」と少し引いてしまったフリーザ様であった。
相性が合ったのか、タゴマのボディを使いこなしZ戦士たちを苦戦させるものの、ウイスの元で修行したベジータの敵ではなく、あっさりと倒されてしまった。生き残っても哀れな扱いのタゴマェ…。
なお、これによってギニュー特戦隊は全員ベジータが引導を渡した事となった。

アニメGTではいつの間にか死んでおり、超17号編にて地獄に送り返された悪人たちの魂の行列にしれっと混ざっている場面が確認できる。
超スタッフがこの場面を意識したのかは不明。

  • リクーム
お命頂戴、とぅ!
声 - 内海賢二(Z)、佐々木誠二(改)
パワータイプの隊員で実力は特戦隊ナンバー2。
外見は地球人とそっくりで、悟飯からは「パイナップル頭」と称された。
かつて我々を恐怖のどん底へ落としたナッパを連想させるキャラ。
ナッパより茶目っ気のある発言が多いが、やっていることはかなりイヤミで、かつ戦闘相手を弄ぶ癖がある。そのため性格の悪さはナッパとどっこいか、それ以上。
後述のジースですら「あいつ、イヤな性格だよな~」と漏らすほど。

隊員の中で特に打たれ強く、ベジータを赤子同然のように扱い、顔面にエネルギー波を撃たれても、技を放つ瞬間不意打ちされ口の中にリクームイレイザーガンを放ってしまっても(歯はボロボロになったが)何事もなかったように立ち上がる規格外のタフさを披露。
尻が丸出しになりながらもベジータをボコボコにし、悟飯の首の骨を折り、クリリンの全身の骨までも折ってしまうなど悪魔のような強さを見せ付けたが、
ナメック星に到着した孫悟空に必殺技をお見舞いしようとしたが、あまりにも長い必殺技名を言ってる途中で一撃で倒された。
最期はベジータにより跡形も無く消し飛ばされた。
ギニュー特戦隊の中でも、とりわけポージングにこだわりがあるようで、戦闘中も様々な決めポーズを披露した。


  • バータ
ギニュー特戦隊の青いハリケーン! バータ!
声 - 岸野幸正(Z)、小野坂昌也(改)
特戦隊1のスピードを持つ戦士。身長も特戦隊で1番でかい。
自分を「宇宙一スピードが速い」と言っているがフリーザ様より速いのか? とかツッコミしてはいけない。
甘い物が好きなようで、リクームと何分でグルドが勝つかとチョコレートを賭けていたり、後でチョコレートパフェ奢れよと言ったりしている。
ジースと仲が良いらしく、リクームの戦闘を二人で眺めていた。そして孫悟空と戦闘へ。スカウターを使ってジースと作戦を考えたが失敗。
頭に来たバータは突撃するが背中に一撃をくらい、気絶。最期はベジータに首の骨を折られ死亡。
アニメではジースとのオリジナル技、『パープルコメットクラッシュ』をするが気合いで跳ね返された。


ギニュー特戦隊の赤いマグマ! ジース!
声 - 田中和実(Z)、岸尾だいすけ(改)
特戦隊のサブリーダー。特戦隊1の美形。孫悟空の強さに脅えギニューへ助けを求める。
ギニューが孫悟空達と闘っている最中、ベジータと闘っており戦闘力が数倍に跳ね上がったベジータの数値を見てスカウターの故障と言うが、
それがあだとなり一瞬の隙を突かれ粉々にされる。
劇場版に登場したクウラ機甲戦隊のサウザーは同じ星の出身らしい。


  • グルド
焼いて喰ったら美味いかもな。
声 - 塩屋浩三(Z)、高戸靖広(改)
戦闘力は他の隊員と差があり、クリリンに「何故あんな奴が混ざっているのか」と言われるほど。
実はグルドは戦闘力は大した事ないが、時間停止、金縛りなどの多彩な超能力が持ち味であり、ベジータすら「正面から突っ込むな」と警告するほどであった。
しかし、クリリン、悟飯相手には、かなりの戦闘力の開きがあり、時間停止能力を使ってすら圧倒されてしまう。
切り札の金縛りを使い、近くの木で刺し殺そうとするが、ベジータの不意打ちで首をもがれた。
最期はベジータに首を消し飛ばされ死亡する。



ちなみにフリーザ様は実力は高く評価しているものの、そのぶっ飛んだキャラ性は苦手にしている模様。


なお、その強烈なインパクトは孫悟飯少年(当時5歳)に多大な影響を与えたらしく、
後に彼はグレートサイヤマンを名乗ってノリノリで変なポーズを決めながら戦う事に……

アニメ版Zでは界王星で修業を積むヤムチャ達3人の修行相手として、ギニュー以外の4人が界王星に出現。
3人と対決するも敗れて地獄に叩き落された。弱体化してる?
セルゲーム編終了後のあの世一武道会編は地獄でフリーザ親子と共にセルの手下となって暴れ回ったが、悟空にまとめて倒された。
劇場版『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』や『ドラゴンボールGT』の超17号編では地獄から復活して暴れる。


ゲーム作品では隊員全員集まらない事も稀にあり、ギニューとリクームだけの時がある。
また、作品によってはバータよりジースのほうが強かったりジースよりバータのほうが強かったりとバラバラ。
それはジースとバータの戦闘力がほぼ同じだからなのであろう。

またIFストーリーでは特戦隊メンバーの固い絆が強調された熱いシナリオが展開される事も多い。
あるゲームではグレートサイヤマンを6人目のメンバーとして勧誘していたりもする。



余談ではあるが、Vジャンプではギニュー特選隊のパロディである「オニュー特選隊Kai」が連載していた。
オニュー隊長
スクープ
ニュース
データ
クルゾ
の内、隊長以外の4人が最新の映画やホビーの情報を紹介し、隊長がそれにボケを被せるという内容になっている。

隊長のボケはこれまた原作のパロディとなっており、原作を知れば知るほど、
「あぁ、あったなそんなのw」
と言える内容である。

また、特選隊員の容姿は大分変わっており、皆親しみやすい姿になっている。
興味があったら見るべし。



ギニュー 「フリーザ様、よろしければ私が項目の追記・修正をしましょうか?」
フリーザ「ではお願いしますよギニュー隊長」
ギニュー 「はい! ではこの項目を見た隊員達よ、追記・修正するのだ!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/