MIX(アクエリオンEVOL)

登録日 :2012/02/15(水) 07:52:37
更新日 : 2016/03/22 Tue 11:06:56
所要時間 :約 5 分で読めます




「やめてっ。男子の穢れが付く!」


MIX(ミックス)とは、アクエリオンEVOLの登場人物。



コードじみた本名なのか、はたまた名前のファースト・ミドル・ファミリーの頭文字を取ったニックネームなのかは不明。


金髪碧眼ポニーテール、そして眼鏡っ娘な美少女。 19歳。
聖天使学園では生徒会長を務め、エレメント候補生の一人。
さらに「ビックバン」と称されるほどの巨乳を誇り、容姿端麗でナイスバディという様々な要素を兼ね備えた逸材だと言える。

だが、性格にとても難があり、極度の堅物で病的な潔癖症。
男子生徒という存在そのものを忌み嫌っており、相手が誰であろうとバイキン扱いして蔑視している。
硬派なカイエンであっても例外ではなく、ベッドの下にいかがわしい本を隠していると勝手に決めつけていた(実際どうなのかは不明)。

男子の中でも特にアンディ・W・ホールのことは「騒がしい男」として嫌っているが、社会科見学で組まされて以来なにかと腐れ縁が続いてしまっている。
でも最終的にはアンディにデレた。
こうした男嫌いはメンタルに左右されるアクエリオンの合体にも影響を及ぼし、頑なな心では能力を引き出せないだろうとクレア・ドロセラに分析されていた。
ポジション的には前作のクロエに近い。

どうも「穴を見ると埋めずにはいられない」習性の持ち主でその原因は彼女の過去とエレメント能力に起因している。
穴と男が嫌いなのは穴場の温泉で父親が他の女と駆け落ちした為であり、エレメント能力は穴を埋める能力(空間補填)である。
ベルリンの壁が破壊されて学園が共学化して以降いつも不機嫌そうにしており、色めき立っているクラスでは浮いた存在になりがち。
ゼシカ・ウォンの手を払うなど正直あまり好印象がないだろうが、今後に期待される。


第9話にてアンディに心の穴を見破られ、それを貫通ではなく埋められてようやく合体を果たす。
直接アンディと合体こそ出来なかったものの、合体シーンでは描写的にアンディにバックを決められている姿勢で合体。

そんな彼女の能力がアクエリオンに増幅された結果、
なんと、敵機の銃口やミサイル発射口を埋めて自滅を促す力に変容。実質上砲撃戦機体相手に無敵を誇る存在と化した。

また、合体する前からベクターマシンに穿たれた傷を自力で修復するなど、防御面でもかなり万能である様子。

ちなみに、アマタ以外では唯一アクエリオンEVOLのヘッドを務めていたりする。




しかし、17話で恐るべき転機が訪れる――


自らヴェーガ、ネオ・ディーバに赴いてレアイグラーの提供を求めてきたイズモにより、(ゼシカを庇ったために)拉致されてしまうのだ。
アンディとの合体もままならぬ内にアルテアにて処女喪失かと思われたが、そんなことはなかった。

いや、その方がどれだけ幸せだっただろうか。


続く18話にてミカゲにより開かれた次元ゲートを通ってMIX奪還作戦が行われ、アルテア本部に殴り込みをかける主人公一行。
その前に、一人の少年兵が現れる。アンディは彼を脅して楯にしつつ進むのだが―――

漸く判明したアルテアの「イヴの呪い」
それは、女性の男体化であった。

MIXの男体化、そして変わり果てたMIXをMIXだと気付けなかったことにショックを受けたアンディは暴走してしまう。



男となり、記憶を壊され、その人間はMIXでなくMIXYとして生きていくのだった……



その後、2度目のアルテア突入時に再びアマタ達の前に立ちふさがる。

アンディの駆るゲパルトと相対し撃墜しようとするが、アンディの必死の呼びかけによりついに記憶を取り戻す。

しかし男の体となってしまった事に絶望しアンディを拒絶しようとするが、それすら受け入れたアンディの告白により晴れて恋人同士となる。

最終決戦ではついにアンディと合体を果たし、強化された能力でアクエリオンをサポートした。

エピローグではどういうわけか体が元に戻っており、アンディとの関係も良好な様子であった。






余談
  • 一部の視聴者からは配色のせいか俺の妹がこんなに可愛いわけがないのヒロインに似てるとの声が。
  • アンディよりも二歳歳上である。



「Wikiは私たちを守ってくれる大切な存在よ。絶対追記! 断然修正!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/