クラスで一番スゴいやつ

登録日 :2011/04/26(火) 01:59:50
更新日 : 2016/11/09 Wed 01:05:39
所要時間 :約 3 分で読めます





言うこときかな~い


勇気が足りな~い


コッチンコッチンコッチンコッチン


汗かき、棒立ち、金縛り~


言うこときかな~い


勇気が足りな~い


コッチンコッチンコッチンコッチンコッチンコッチンコッチンコッチンコ~チンコ~チンコチンコチンコ


ウッ!

クラスで一番スゴいやつとはかつて週刊少年ジャンプで連載していた漫画花さか天使テンテンくんのTVアニメ版のオープニング曲である。

まず、この曲を語るうえで必ず知っておくことはサビの部分である。

この曲の全てはサビが物語っていると言っても過言ではない。
コッチンコッチン

明らかにチ〇コと歌っているよねコレ…

一番重要な問題はこの花さか天使テンテンくんが放送していた時間は土曜日の夕方6時代だったこと。

ジャンプは子どもの読者も多いため集英社はその辺を配慮して夕方放送にしたのだろうが、この歌詞は明らかにPTAに喧嘩を売っているレベルである。

そもそも、この下ネタ歌詞、
元々は原作の長編ストーリーでクラスメイトがもう一人の主人公ヒデユキを心配する中、
テンテンくんが「みんなで歌を歌って元気をだそう」と良いことを言った矢先にテンテンくん本人が歌い出したもの。

クラスメイトは一斉に「こんな歌詞歌えるか」とツッコんだと共に多くの読者を爆笑させたワンシーンだったのだが、
その数ヶ月後アニメ版の主題歌がこの歌詞になるとは誰も想像しなかっただろう。
放送当時フジテレビのアニメを扱ったバラエティ番組にて主題歌を歌っていたブラブラブラボーズがこの楽曲を披露するため番組に出たのだが、
ブラブラブラボーズ本人は訳のわからない格好で登場した。(ジャンプ本誌にも「誰だよ!」とツッコまれる始末)

番組司会者の今田耕司に「明らかにチ○コゆうてましたよね?」と問われると

「あくまで固まってコッチンなんです」と答えた

表現をあいまいにしても卑猥にしか聞こえてこない…
しかも、この番組の放送時間はゴールデンタイムであった。


ちなみに、この曲の2番のサビはコッチンではなくコーウンと言っている。


コーウンコーウンコーウンコーウンコーウンコーウンコーウンコーウンコーウンコーウンコウンコウンコ

コーウンコーウン

明らかにウ○コと言っている。
恐らく長いジャンプアニメの歴史の中で最大の破壊力を誇る主題歌と思われる。

同時期アニメが放送していたジャンプ作品だけみても遊戯王(東映版)や封神演義など主題歌は神曲と呼ばれる作品がある中でこのクオリティ。

歴代のジャンプアニメ主題歌をMP3のプレイリストにまとめて聴いている際

摩訶不思議アドベンチャーの後
愛をとりもどせの後
GOING UNDER GROUNDやDOESなど近年の作品のタイアップの後
真赤な誓いの後
シングルベッドの後
ラルクの虹の後


どの楽曲の後に流れてもそれまでの全ての空気をぶち壊すクオリティである。


この曲はジャンプのアニメの曲で一番スゴいやつである。

なんと坂本英三がカバーしている。流石アニメタル。



追記ができな~い
修正が足りな~い
コッチンコッチンコッチンコッチン汗かき棒立ち金縛り~

この項目が面白かったなら……\ポチッと/