ドロシア(星のカービィ)

登録日 :2011/11/25(金) 03:15:59
更新日 : 2017/02/11 Sat 23:45:02
所要時間 :約 6 分で読めます






絵画の魔女。
その性質は『嫉妬』。
自分の姿に劣等感を抱き、自分より優れた物に怨恨を抱いている魔女。
気に入らない存在全てを自分の結界へと引きずり込む。
この魔女を倒すには何らかかの方法で彼女自身の姿を
見せつければそれに失望し大きな隙を見せるだろう。







ニンテンドーDSソフト「タッチ!カービィ」に登場する魔女。
カービィの四肢を奪いボール状にした張本人でもあり、本作のラスボスでもある。見た目はまんま魔女。
ただし、腹に目のような口のようなものが存在する。




以下、ネタバレ注意。








本作のメインヒロイン。
というか、カービィシリーズ通しても珍しい女性キャラクターである。

かつて誰かによって描かれ、誰にも顧みられなかった1枚の絵画が長い長い年月を経て、自我を持ち暴走した姿。
つまり二次元の住人である。


◆ドロシア ソーサレス
Level8 The World Of Drawcia(ザ ワールド オブ ドロシア)に登場。
ケタケタ笑う不気味な絵画郡を抜けた先でカービィを待ち受ける。まだ本気はだしておらず、笑い声をあげながら浮遊しているがバリアを身に纏っている為、この状態ではダメージを与えることができない。

  • ジャンプアタック
ジャンプで左右の立ち位置を入れ替える。
ジャンプ時と着地時に地上まで降りてくる為、それを避ける。
真ん中が安全地帯。

  • グライドアタック
一度画面外まで飛び去り、滑空して攻撃を仕掛ける。
ジャンプアタックと違い、空中か端が安全地帯。

  • 絵画攻撃
描いた絵を実体化させて攻撃。
絵画には数パターン存在する。

 ・ヤリワドルディ/キャピィ/ソアラ/カブー
  それぞれ雑魚を数体召喚する。

 ・爆弾
  パラシュートつきの爆弾を降らせる。
  全てタッチして爆破すれば大丈夫。

 ・キルニードル
  地中からトゲを伸ばして攻撃。
  3本と5本のパターンがある。

  • パラ ソーサレス
ドロシアの使い魔と言える分身を召喚する。
当たると何故か凍ってしまう。
初見で回避が困難で厄介な技だが、パラ・ソーサレス達自体はタッチすれば倒せる。かわいい。

  • 魔力球
エネルギー弾を発射する。
普段は単発だが、体力が減ると3発に増える。
これを虹のラインに当てると跳ね返す事ができ、更にそれをドロシアに当てればダメージ+無敵状態が一時的に解除される。
そこにスピンアタックを3回まで連続で当てられるので、絶対見逃さないように。この時のドロシアは涙を浮かべている。可愛い。











ア゛アァァァァァァァァ!




●ドロシア ソウル
ソーサレスを倒すと、笑い声をあげながら腹の部分が変形してこの形態へと変貌する。変身時には身に纏っていた衣が消え、一瞬だけ可愛らしい顔を見せる。
紫色を基調とした、マーブル模様の絵の具の塊のようなドロドロとした外見をしており、もはや原形を留めていないそのグロテスクな姿は数々のプレイヤーをイヤな気持ちにさせた。
恐らくゼロとタメを張れる外見のキモさ。
更に、甲高い悲鳴のような鳴き声をあげる上にBGMまで耳レイプしてくる為、イヤホンだと更に精神ダメージと実に五感によろしくないボスである。
某動画サイトでは(音楽まとめにしろTAS動画にしろ)BGMのイントロが流れる度『桃屋のキムチはいいキムチ~♪』と必ずコメントがひとつ出る。


因みにこの「○○ソウル」という形態は、後のカービィ作品ラスボスに受け継がれていく事になる。



戦闘中、ドロシアは基本的に画面奥にいる為ダメージを与えるには特定のタイミングを見計らって攻撃する必要がある。
暴走して理性を失っているのかソーサレス時と比べると、のしかかりや体当たり等、荒々しい攻撃が多い。

  • パラマター
画面奥から赤・青・黄の三色の蕾のような使い魔を放って攻撃する。
名前から想像つくように、どことなくダークマターの親戚っぽい。

蕾が開いて、中の目玉が露出した瞬間にタッチするとドロシアに向けて打ち返せる。
この時、微量にダメージを与えられる。

最初は簡単に打ち返せるが、体力が減ると数が増し、打ち返しにくくなっていく。

パラマターがカービィ側に到達すると、色に応じて攻撃を繰り出す。
攻撃を始めると打ち返せない。
虹やダッシュで凌ぐしかなくなる為できるだけ全弾打ち返したい所。

  • バウンド ポンド
画面奥から三段跳びをするのしかかり攻撃。
体力が減るとフェイントをかけるようになってくる。
ドロシア自体が巨体なのでボーっとしていると逃げきれなくなることも。

後に星のカービィWiiに登場したグランドローパーがこの技を継承した。


  • シューター カッター
画面手前に現れ、周囲に不気味な色のカッターを撒き散らす。
マルクのそれに近いが、攻撃範囲も回数もこちらが上。

実はカッターを繰り出す中心部を虹でぐりぐりすると全てのカッターを破壊することができる。

  • スプラッシュ ラッシュ
体を細かく分裂させて、雨のように降らす。
虹で防げるが一発受けると壊れるので、何度も引き直す必要がある。
体力が減ると、横からも降るようになり、防ぎにくくなる。

後にマルクソウル、セクトニアソウルがこの技を継承。

  • デッドリー サン
鈍い虹色の炎を纏い、轟音を挙げながら左右どちらかから突進攻撃を仕掛ける。
攻撃範囲が広いが、予備動作が大きい為回避は楽。
画面上方が安全地帯。

この技もマルクソウルがデッドリーボウルと名前を変えて継承。
二段攻撃になり避けにくくなった。
セクトニアソウルはこの技とバウンド ポンドの合体技、デッドリーバウンド・サンを使用してくる。

グランドローパーEXもよく似た技を使うが、こちらのほうがドロシアのものに近い。…が操作性の違いから簡単に回避できる上、スーパー能力を当てるチャンスにもなってしまっている。

  • ワープ
正確には攻撃ではない。
画面前方に現れ、数回ワープを繰り返す。
この時ドロシアにタッチすると微量なダメージを与えられ、3回連続でダメージを与えると大きく怯み、スピンアタックで大ダメージを与えられるようになる。
ダメージを受けた際は奇声を挙げながら画面奥に飛んでいく。



ドロシア ソウルを撃破すると、彼女は一枚の絵画に戻り、その正体を明かすモノローグが入る(ただし、カービィ以外で撃破した場合はすぐエンディングになる)。

この時の虹の筆との別れは軽い涙腺崩壊。



因みに、どちらの形態もイニシャルが「DS」となる。


尚、彼女の結界であり居住空間とも言える『The World Of Drawcia』の床や背景にはベッタリとした絵具のようなものがあり彼女の絵画が油絵だったということが想像できる。

他にも使い魔であるパラマターに大きな目玉が付いているのは、自分を見てくれる人を求めていたという説もある。
『look at me』ッスか

漫画星のカービィ! も~れつプププアワー!にも登場。
世界を絵の世界にする事を企み、プププランドの住民を絵画にしてしまう。
原作同様魔法の絵筆を駆使して、カービィと激闘を繰り広げる。
不気味な外見の原作に対して、今作では目がはっきりと描かれており可愛らしいデザインになっている。



タッチ!カービィの出来事からその後・・・


追記・修正は魔法の絵筆でお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/