AKB0048

登録日 :2012/05/14(月) 23:17:10
更新日 : 2018/01/25 Thu 10:35:29
所要時間 :約 4 分で読めます




AKB0048とは、2012年4月から放送のテレビアニメ。

企画・監修:秋元康


なかよし」「別冊フレンド」「マガジンSPECIAL」「別冊少年マガジン」で漫画作品も描かれている。


メインキャストをAKB48、SKE48、NMB48、HKT48の中から公開オーディションで決定したことで話題になった。

【あらすじ】
21世紀の始まりに人々は世界大戦を起こし、地球に大きなダメージを与え、荒廃した地球から宇宙に脱出した。
歴史も新たに星歴00年とし、その後すぐに 芸能禁止法 が作られた。
しかし、オタクの聖地・秋葉原だけ芸能絶対防衛圏として、唯一芸能活動が認められる。
そして星歴0048年、AKB48を襲名する非合法アイドルAKB0048が誕生した。
公式のライブが出来ない上に、テロリストとして妨害を受けながらも、ステージ、ファン、市民を守りながら「会いに行くアイドル」として活動を続ける。


【作品概要】
研究生の成長と、歌と戦闘が主に描かれる。
後述するが、製作陣の影響か戦闘描写に力が入っていて、ダンスより気合いが入っているとの評価も。
戦闘は0048だけでなく、たまに WOTA という名の俺らが痛バルキリーで戦う。しかも強い。



現在、現実に活躍しているメンバーの名前を襲名した登場人物がいる。
このいわゆる襲名メンバーの中の人がかなり豪華。 (どの位豪華かと言うと全員主役・ヒロインを複数回こなしている)
詳しくはAKB0048の登場人物にて。

総監督を『マクロスシリーズ』『交響詩篇エウレカセブン』『アクエリオンEVOL』等の、河森正治、
監督を、カレイドスターやアマガミ等の平池芳正が務める。

脚本は岡田磨里が手掛けるのだが、アクエリオンEVOLブラック★ロックシューターも同時進行で行っているために、完成度の心配もされた。が、速筆のマリーには無問題であった。

プロモーションビデオの段階でアニヲタの松井玲奈が苦いコメントをするなど、放送前からドタバタとしていたが、いざ放送日………




あれ?意外と面白い……。








もちろん否定的な意見もあるが、そんな悪くないという意見も多いと言う結果に。
そして3話にて、なんと研修戦闘中に 研修生が爆撃される という視聴者を(゚Д゚)とさせる展開が起きた。
戦闘は模擬戦だったものの、某アイマスアニメを彷彿とさせる展開に笑った視聴者は多いのではないだろうか。

話が進んでくるにつれ、この世界のアイドルが希少金属「デュアリウム」を輝かせることや、センターノヴァにまつわる大きな意志の存在、キララの謎などが提示され、
要するに アイドル歌手が歌で宇宙を救う流れ に突入する。
後に河森は、「芸能禁止」は「合体禁止」の、襲名制は早乙女アルトのもじりであることを明かした。
つまりは河森のいつもの芸風だったということ。


2013年1月から第2期「next stage」が放送された。
だがその後、声優選抜のメンバーがほとんどAKB卒業を発表したため、第3期は絶望的な状況。




【用語集】
  • W.O.T.A(オタ)
未来の俺ら(お前ら)
正式名称は''Whole Over Technology Association(総合全技術協会)''。
ガチガチの研究機関であり、超光速航行を史上初めて成功させたのも彼ら(の母体)。
星暦0048年現在でも莫大な資金と人脈を有しており、これらでもってAKB0048を支援する。
戦闘艦に多数の戦闘用パワードスーツ(推しアイドルのラッピングが施された 痛パワードスーツである )まで保有しており、
AKB0048ピンチにはミサイリウム *1 とヲタ芸で格闘戦、痛メカ空戦でAKB0048を助け、共に芸能を愛し守っている。
( こう書くと俺ら(お前ら)格好いいなオイ )

  • アンチ
未来の俺ら(お前ら)
現襲名メンバーに対して過去襲名者のここが良い・現襲名者のここが駄目だと言う存在

この世界だと比較的好意的な扱い。

  • センターノヴァ(超真聖センターノヴァ)
絶対的なセンター。在籍期間中はすべての曲でセンターポジションを務める。
だが、その座についたものが次々と謎の失踪・卒業を遂げたため、現在この制度は廃止されている

  • デュアリウム
21世紀初頭に発見された超光速航行に必須な希少物質。
その希少性から大規模な戦争が引き起こされ、その結果地球は人類が住むに適さなくなってしまう。
これをきっかけに人類は宇宙中に進出・移民し、同時に星間連盟が結成され、その年が星暦00年と定められた。
つまり劇中本編の舞台は現代から5、60年、最大でも100年弱程の未来という事になる。

  • AK-48
名前が全てを物語る、0048の使用するアサルトライフル。人命を奪う事を良しとしない0048の思想に則り、装填弾は非殺傷の電磁ショック弾や麻酔弾が主。
外見が完全にAK-47であり、実際に公式サイトの用語集でもAK-47の名前が出てしまっている。
最新素材の採用によって性能はアップデートされており、宇宙地上両用という高性能な仕様。宇宙時代でもAKは相変わらず頑丈であった。
西側のコンテンツにあって正義の主人公側が使用する銃がAK-47(とそっくり)というのはある意味偉業と言えるかもしれない。
AKB0048が行政側にとってはテロリストである事を考えると、AK-47に似た銃を装備するのは自然の成り行きとも言えよう

  • AKB0048ライブスーツ
0048が使用する戦闘用パワードスーツ。別名ライブアサルトスーツ(LAS)。W.O.T.Aが使用しているパワードスーツはこれの旧型である。
主翼を展開する事で亜音速航行も可能となるため、地上戦のみならず空中戦にも対応できる。
武装・仕様は搭乗者によってカスタマイズが施されている場合がある。
頭身が低くずんぐりしたシルエットであるため、外見はバルキリーというよりは太ったガウォークかダイエットしたデストロイドモンスターといった感じ。

  • 戦艦カチューシャ
  • 可変強襲ステージ艦フライングゲット
何れも艦名の由来はAKB48の楽曲であろう。
AKB0048の足となる航宙艦。
戦艦カチューシャはAKB0048に協力的な星の軍から払い下げられた旧式戦艦を改造したもの。別段カチューシャに似た外見という事は無く、オーソドックスな宇宙戦艦。
船体自体は旧式であるが内装はアップデートされており、電子装備は最新型を搭載している。なんだかどこかで聞いた話だぞ
AKB0048の足、そしてトレーニング場としての性質が主であり、戦闘能力、更には居住性も最低限の設備しかない。女の子を大量に搭載した艦にしては珍しい設計思想。

フライングゲットはフライングゲットに搭載されたステージ艦。
ライブ中は翼を広げた鳥の様な外見に変形し、最新鋭の重力戦線装置によって空中に完全に静止する。その時のシルエットは月光号が近いかもしれない。
大気圏突入能力、短距離用亜空間航行装置、多数のライブスーツや輸送艇の搭載能力を持ち、その能力は文字通りゲリラ的にライブを敢行し、
敵襲に遭っては直ちに撤収する0048の性質にマッチする。
旧式艦の改造型、重力制御も最低限しか施されていない戦艦カチューシャに対して、
「最新のステージ艦」と称され「最新鋭の重力制御装置」を有する辺り、活動資金の多くが注ぎ込まれていることが窺える。







追記・修正は戦闘訓練を積んだ方でお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/