ロキ(FAIRY TAIL)

登録日 :2011/11/13(日) 01:02:24
更新日 : 2016/04/30 Sat 04:02:32
所要時間 :約 3 分で読めます




漫画FAIRY TAILの登場キャラクター。


名前の由来は北欧神話の神から


フェアリーテイルに所属する魔導士。
週刊ソーサラーの彼氏にしたい魔導士ランキングの上位ランカー。

かなり女癖が悪く、タレントや評議員の娘にまで手をだす辺り、相当な物だと窺い知れる。
しかし冥府の門編ではそれが役に立った…のか?まあ、最低一人は救い出したし… 




以下ネタバレ注意






その正体は 獅子宮の星霊レオ
元々の契約者は青い天馬(ブルーペガサス)の魔導士カレンだった。
彼女が白洋宮のアリエスをこき使う所で見るにみかね、カレンに自分とアリエスの契約を解除するよう申しでるが、彼女は拒否。
それならばと、レオはカレンがアリエスと自分を解放するまで、星霊界には戻らないと告げる。
カレンは星霊を二体同時に出すことが出来ないので、仕事をすることが不可能な状態に。それでもアリエスとレオを解放しなかったが。

それから三ヶ月後。

もうカレンを許してもいいかなと、考えていたレオはカレンが仕事先で死亡したのを知る。
尚カレンは死んだので、レオとアリエスは必然的に解放された。
その後3年間の経緯は不明だが、ロキと名前を変え、フェアリーテイルに入る。

ファントムとの戦いが終わった辺りで、レオは自身の消滅を感じ始める。
消えるまでの最期の時間。
カレンの墓に赴き、追いかけて来たルーシィに自らの過去を明かし、別れを告げる。
しかしルーシィは諦めずロキを星霊界に帰そうと奮起する。
やがて、ルーシィが放った一言で星霊王が現れる。
間接的とはいえ、契約者が死亡する要因を作ったとして、レオは星霊界を追放された(つまり星霊界の法を破ったため)。

レオ自身も自分の罪を償いたいと言うが、
仲間を想う気持ちは罪じゃない

そういってルーシィは自分の契約した星霊たちと共に無罪を訴えた。
それが届いたのか、王は特例としてレオの帰還を許可した。

今度は自分が力を貸す番として、ルーシィと契約した。

この一件までは、意図的にルーシィを避けていたが、彼女自体は自分のタイプらしく、
彼女と契約後、人間界に現れるたびに彼女にアプローチを仕掛けている。

因みに、女好きはカレンの影響。

他の星霊と違い、自分だけ門を自由にくぐれる。

描写はないが、ルーシィの入浴中に現れたこともあるらしい


主な技

獅子光耀(ししこうよう)

周囲を照らす、目くらましの技。

獅子王の輝き(レグルス・インパクト)

巨大な光を纏い殴りつける。

獅子王の梅星(レグルスウメスター)

アニメ版のオリジナル技

ウェンディに対して有効。
というか梅干し嫌いの彼女の目の前で梅干し食うだけ。



ちなみに、ロキに名前を変えてから使用していた指輪魔法は、魔水晶(ラクリマ)を指輪にはめただけの量産品。
なのでレオ自身の魔力を消費することは殆どない。




追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/