Fear, and Loathing in Las Vegas(バンド)

登録日 :2011/11/02(水) 23:35:02
更新日 : 2016/02/18 Thu 21:01:52
所要時間 :約 3 分で読めます




Fear, and Loathing in Las Vegasは神戸出身のスクリーモバンド。
フルアルバムDance & Screamには平均年齢19歳というシールが貼ってあるが、発売から7年が経っているため現在の平均年齢は26歳と思われる。

略称はラスベガス、ベガスなど。
バンド名の由来は映画「ラスベガスをやっつけろ」からと思われる。

ジャンル的にはスクリーモにトランスやテクノ等の要素を足した、所謂エレクトリーモ(ピコリーモとも)というジャンル。
特にこのバンドはエレクトロの要素が強め。
ゲームミュージックからの影響も強い。
最近はカイジ、ハンターハンターのテーマソングを担当したりしているのでアニヲタ達にも知ってる人が増えている。
展開が激しいので、曲をフルで聴いてみた音楽に疎い一般的なアニヲタはよく!?となる。
特に最近はまだマシだがブレイクダウンは本当に容赦がない。


【メンバー】
〇So
クリーン担当のボーカル。
金髪と短パンがトレードマーク。
ハイトーンな歌声にオートチューンを強くかけて声を変化させている。(所謂ケロケロ声)
プログラミングもやってます。
2009年加入。

〇Minami
シンセとスクリーチ担当。
黒色。
PV等では動きが面白い。動きがキレっキレである。

〇Sxun
上手ギター担当。
タトゥーが入っている方。

〇Taiki
下手ギター担当。
Rave-up Tonight あたりからpvでの見た目が狂い始める。
virtue and viceではクワを持ち農家のような格好で演奏していた。
ファンからは好評でファンにとってpvの楽しみの一つとなっている。

〇Tomonori
ドラム担当。
手数が多いにも関わらず安定したドラミングを持つ。ロン毛。
ようつべのコメント欄でよくスイーツ(笑)に髪を切れといわれる。

〇Kei
ベース担当。
Mashuと入れ替わりに加入。

【元メンバー】
〇Mashu
ベース担当。メンバー最年少。
「音楽性の違い」により脱退。


【代表曲】
〇Chace the light!
賭博破戒録カイジOP。
前半のハイスピードな曲調から後半ではブレイクダウンとスクリーチを多様した曲調に変わる。
あんまり曲調が変わるので王道な曲を好む一般的なアニヲタには不評である。

〇Just awake
ハンターハンターED。
ギター2人のユニゾンやドラムの裏打ち等楽しめる曲。

○scream hard as you can
タイアップ曲ではないがファンに人気の1曲。
どこか切ないながらも激しさを増していく、通してスクリームパートが多い。
歌詞が素敵な曲でもある。

〇Love at first sight
jubeat収録曲。
jubeatでは割と難しめ…らしい。
エレクトロ的な要素がさらに強めにでた曲。

〇Shake your bady
1stミニアルバムNEXTREME収録曲。
例に漏れず展開が多い。
だんだんスピードが速くなっていく。

〇Rave-up Tonight
機動戦士ガンダムEXTREME.VS MAXI BOOSTとのタイアップ曲。
フルで聴くと好評だが、マキシブーストのOPの方は無理やり切っていると不評。

〇virtue and vice
極黒のブリュンヒルデ 後期OP。
アニメの映像とマッチしておらず、
また前期のOPがこのアニメの雰囲気と見事にマッチしていた事やスクリームパートが殆どである部分をOPとして使ったためアニメファンからは完全にネタとして扱われる。
しかし元々のラスベガスファンにはpvも含め好評だったようである。


上記以外にも曲がYouTubeで公式にアップされているので、聴くだけ聴いてみてはどうか。
PVはボーカルの動きが激しく、ドラムのスティックパフォーマンスがとてもカッコ良く、完成度の高いものとなっている。


追記・修正よろしくお願いいたします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/