ガラムマサラ(香辛料)

登録日 :2010/01/26 (火) 17:45:20
更新日 : 2017/06/26 Mon 16:50:10
所要時間 :約 6 分で読めます





※ココから本文※


ガラムマサラとは、カレー等のインド料理によく使われる「ミックススパイス」の一種で、その中でも比較的ポピュラーな一品。
ヒンディー語でガラムは「熱い」等の意味があり、マサラは「ミックススパイス」の意味がある、二つ合わせて「熱いミックススパイス」
よくガラムの「熱い」は辛さからくる「熱い」だと勘違いされるが、実際はガラムマサラを作る際に、香辛料を炒める工程があるから。
インドでは家庭ごとにオリジナルの調合があり、インド人のおふくろの味的なモノらしい。
香辛料を炒めてすり潰せば完成なので、自主制作するのも面白いかもしれない、しかし日本は香辛料が結構高いのでオススメはできない。

イギリスがカレーを作る際にもとにしたスパイスの調合はこのガラムマサラ。
それを日本人がアレンジし、昨今のカレーライスが誕生した。

+ 主な香辛料


使用法
カレー作る際の、肉を炒める時や、ルーを入れる時、完成時等に適当にパッパッとふりかけよう。
皿に持って食べる前にふりかけてもOK。
またカレー味の物なら大体相性が良いので、カレーうどん、カレー焼きそばやカレーピラフ、タンドリー風チキンの隠し味等も面白い。

注意点
香辛料は風味が大切なので、できるだけ早い消費を心がけよう。
ガラムマサラは入れただけでカレーが美味しくなる魔法の粉ではなく、カレーに風味をプラスするモノと覚えておこう。


普通のカレーに飽きた方はぜひ食べてみて下さい。



因みにマサラの調合に使われるスパイスの大半は、漢方として使われたりする。


追記、修正は感情的に音読してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/